Search

検索したいワードを入力してください

ディスカスを飼育するのは難しい?理由や好む飼育環境についても紹介

更新日:2022年09月08日

ディスカスを飼育する時、飼育環境や個体の選び方に悩むことがあるでしょう。本記事では、ディスカスの飼育環境や選び方など、ポイントを押さえて紹介していきます。ディスカスの飼育について疑問や不安がある方は是非チェックしてみて下さい。

ディスカスを飼育するのは難しい?理由や好む飼育環境についても紹介
「ディスカスを飼育してみたいけど難しいの?」
「ディスカスはどうやって飼育したらいいの?」
「ディスカスが好む環境ってあるの?」
このように、初めてディスカスを飼う人にとっては悩みが多いのではないでしょうか。

本記事では、これからディスカスを飼育する人にとって役立つ、ディスカスの基本情報や水槽の環境やレイアウトを決める時の注意点、ディスカスを飼いに行った時の選び方について紹介していきます。

この記事を読むことで、これからディスカスを飼う人は基本的な知識とディスカスが好む飼育環境を把握できます。その知識をもとに、ペットショップへディスカスを買いに行けるでしょう。

これから飼育の難しいディスカスを購入したいと思っている人は、是非この記事をチェックしてみて下さい。

ディスカスの飼育が難しいと言われる主な理由

美しい模様が特徴のディスカスは見ているだけでも癒されます。ひらひらと泳ぐ姿は優雅ですよね。

熱帯魚好きなら一度は飼育してみたい種類ですが、初心者には向かない熱帯魚だと言われています。ディスカスを飼育する時に難しいと感じるのはどのような時なのでしょうか。初めて買う人は不安や悩みがあるでしょう。

ここでは、ディスカスの水換えの頻度と、どのような餌を与えればよいかについて詳しく解説をします。これから初めてディスカスを飼育する人は参考になりますよ。これを読んで、ディスカス飼育はどのような点が難しいのか考えてみましょう。

頻繁に水換えをする必要がある

ディスカスは餌の食べ残しなどで水質が悪くなるため水替えが必要になります。水換えの頻度は、飼育している個体数や水槽の大きさ、水槽内の環境で変わってきます。飼育している環境によって変わりますが、毎日交換する人や3日に1度、1週間に1度などさまざまです。

ディスカスを飼育していると毎日pH値を確認するでしょう。水換えするタイミングはpH値によって判断します。pH値はある程度上下しても薬剤で調節できますが、薬剤に頼りすぎると魚に良くないです。pH値の数値が上下した時が水換えのサインになります。

飼育環境を良くチェックして水換えのタイミングを確認しましょう。

ディスカス用のエサが必要である

飼育の難しいディスカスは動物性の生餌を好みます。生餌を与えると喜んで食べてくれますが、水が汚れやすく値段も高めです。手軽に飼育するならディスカス用の人工飼料をメインに与え、たまに生餌を与えると良いでしょう。

人工餌は栄養のバランスを考えて作られており、生餌だけ与えるよりも健康的に育ちます。1日2~3回ほど、食べきれる量の餌をあげましょう。生餌を与える時は、ディスカスハンバーグや糸ミミズ、赤むしなどを選びます。

食べ残してしまうと、水が汚れてしまいますから食べきれる量を与えるようにすると水質を綺麗に保てるでしょう。ローテーションを組んで与えると良いでしょう。

一般的な熱帯魚と同様の飼育方法だとどうなる?

一般的な熱帯魚は、週1~2回程度の水換えを行い、人工飼料を1日1回程度与えることが多いです。このような感じで若いディスカスを購入してきて育てると、健康に成長することができず、成長不良となります。

しっかり大きくならなかったディスカスは、餌や栄養を十分に吸収できなくなって、ゆっくりと死んでしまいます。飼育の難しいディスカスは、きちんと水換えを行って餌を十分に与えることが必要です。一般的な熱帯魚と同じように考えていると、あっという間に成長不良になります。

ディスカスを購入したら、ベストな状態で飼育し大きく育てます。健康的に育てることで長生きしてくれるでしょう。

ディスカスに適した水槽サイズはどれくらい?

ディスカスを飼育する時は、どれ位の大きさの水槽を選べば良いか迷います。ディスカスは大きく成長する魚で、小さい水槽で飼育すると、成長にあわせて大きくする必要があります。また、複数匹を飼育する場合、小さな水槽ですと過密になり魚の寿命を縮めてしまうでしょう。

ディスカスを飼育する時は、60cmの水槽に2~3匹程度がベストです。ここでは、ディスカスの飼育で必ず必要となる、ろ過機や底砂についても解説します。

メンテナンスしやすい飼育法を知っておくと、清潔な状態で飼育することができます。早速、解説をチェックしてみましょう。

ろ過機も大きめのものを選ぶ

飼育の難しいディスカスは、どのろ過機を使っても育てることができます。ろ過機の種類によって掃除をする頻度が変わってくるので注意しましょう。ディスカスはろ過能力が高い上部式フィルターがおすすめです。メンテナンスもしやすく扱いやすいでしょう。

ディスカスは油分の多い餌を好む種類ですから、フィルターのスポンジが目詰まりしてしまいます。上部フィルターならふたを開けてすぐに掃除ができます。ろ過機能を低下させないように大きめのものやサブフィルターとしてスポンジフィルターを設置するのもおすすめです。

ディスカスが苦手なアンモニア類もろ過してくれるでしょう。

ベアタンクがおすすめ

ベアタンクとは水槽に底砂を敷かずに飼育する方法です。水槽の掃除がしやすいため、ディスカスに向いていると言えます。ベアタンクにすると、餌の食べ残しやフンがすぐにわかり早めに掃除ができます。

掃除する時は、底に溜まったものを手軽に吸い出すことができるでしょう。頻繁に掃除する時間を確保できない方におすすめの飼育法です。

また、底砂を敷いて飼育する場合は、バクテリアが水質を改善してくれるメリットがあります。こまめに掃除ができれば底砂を敷いて飼育しても良いでしょう。見た目も良くなりインテリアとして置くことができます。

ディスカスが好む飼育環境

次のページ:ディスカスの選び方

初回公開日:2022年08月09日

記載されている内容は2022年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related