Search

検索したいワードを入力してください

スネークヘッドの種類はどれくらい?特徴やサイズなどをそれぞれ紹介

更新日:2022年09月08日

スネークヘッドという熱帯魚をご存知ですか?日本では雷魚という名前で釣りのターゲットとして人気ですが、実は観賞用の魚としても注目されています。本記事ではスネークヘッドの特徴や種類、飼育方法などについて詳しく解説します。熱帯魚が気になる人はぜひ参考にしてください。

スネークヘッドの種類はどれくらい?特徴やサイズなどをそれぞれ紹介
「熱帯魚を飼ってみたいけど、どの魚がいいのか分からない」
「迫力のある熱帯魚を飼育してみたい」
「スネークヘッドを飼ってみたい」
近年、熱帯魚の飼育の人気は高まりつつありますが、初めての飼育は不安になったり迷うことも多いのではないでしょうか?

本記事では、飼育しやすい熱帯魚として人気のスネークヘッドについて、その特徴や種類、サイズや飼育方法などを詳しく紹介します。

この記事を読むことで、熱帯魚の飼育でスネークヘッドを選ぶべき理由や、種類、飼い方について知り、あなたの熱帯魚選びや飼育生活に大いに役立つでしょう。

熱帯魚の飼育やスネークヘッドに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

スネークヘッドの特徴とは?

スネークヘッドは、日本では雷魚と呼ばれる熱帯魚で、スズキ目タイワンドジョウ科に分類される魚です。細長い体型で、泳ぎが早いのも特徴的です。

種類にもよりますが、迫力がある熱帯魚で人にもなつきやすいスネークヘッドの特徴をここで紹介します。

種類の多いスネークヘッドですが、まずは大まかな特徴を一緒に見ていきましょう。

スネークヘッドに見られる生態や性格

スネークヘッドの生息域は広範囲にわたり、主な分布域はユーラシア大陸です。ロシアや中国、パキスタン、インド、スリランカから東南アジアに生息している種類もいます。

もともと日本には生息していませんでしたが、カムルチー、コウタイ、タイワンドジョウの3種類が国内に移入され、現在も生息が確認されています。

穏やかな流れの河川や湖の水底で生活している種類も多くいます。体表が色彩鮮やかで人懐っこい性格のため、一時はスネークヘッドブームを巻き起こしました。

細長い円筒状の魚体で、背ビレと尻ビレの付け根が長く、特に背ビレは魚体の半分以上もあります。体長は20cm〜100cmの小型から大型まで種類によって様々です。

スネークヘッドの平均寿命

スネークヘッドは人馴れしやすく、丈夫で飼育がしやすいことから人気の熱帯魚です。

スネークヘッドは種類が豊富なため寿命は異なりますが、自然界での寿命は5〜10年程度と言われており、一般的な家庭水槽であれば5〜7年程度の寿命であることが多いようです。

小型のレインボースネークヘッドや、ドワーフスネークヘッドなどの種類ほど短く、10年以内に寿命を迎えることが多い一方で、カムルチーなどの大型の種類ほど寿命が長く中には20年以上も生きる個体も確認されています。

また興味深い生態としては、口から酸素を取り込む空気呼吸ができるため、酸素の少ない場所でも生活できて比較的丈夫と言えます。

スネークヘッドは繁殖するの?

スネークヘッドは自然繁殖しますが、一般的な家庭水槽内での繁殖はかなり難易度が高く、ほとんど繁殖例はありません。

スネークヘッドは人なつっこい性格と同時に獰猛な一面も持っているため、同種間で激しく喧嘩してしまい繁殖できないからです。

ぺでの混泳がうまくき、自然な繁殖行動に成功して場合、産卵の前兆が見られます。メスの腹部が膨らみ、オスがメスに対してエラを広げてアピールします。

産卵は夜中に行われることが多く、産卵直後にオスが稚魚を口の中に入れて守りながら育てます。

スネークヘッドの販売価格

スネークヘッドはホームセンターなどの一般店ではまだ取扱いが少なく、価格帯は10cm以下の個体なら2,000円前後で流通し、個体が大きくなるほど高価になります。

比較的入手しやすい種とはなりましたが、専門店でも取扱いのない店舗もあり、流通のタイミングを逃してオフシーズンになると数ヶ月ほど販売されなくなります。

近くのショップで取扱いがない人は、ネット通販でも購入できます。スネークヘッドは移動時の高水温には弱いので、信頼できる店から購入しましょう。

スネークヘッドの種類

スネークヘッドにはたくさんの種類があり、体型や色彩、寿命も種によって異なります

ここではスネークヘッドの豊富な種類の中から、厳選した40種のスネークヘッドを紹介します。

それぞれの種の違いを一緒に見ていきましょう。気になる種類があったらぜひ詳しく調べてみてください。

オセレイトスネークヘッド

インドネシアに生息するオセレイトスネークヘッドは、青色の体色を基調として、黄色やオレンジ色で縁取られ黒色の斑点が入っています。

遊泳性が高い種なので、飼う際には大きめの水槽を用意すると良いでしょう。最大体長は40cmにもなります。
次のページ:ハーコートスネークヘッド

初回公開日:2022年06月02日

記載されている内容は2022年06月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related