Search

検索したいワードを入力してください

チンアナゴの飼育方法やポイントは?水槽の管理の仕方や餌などについて紹介

更新日:2022年08月26日

水族館で人気者のチンアナゴを自宅で飼育できるって知っていましたか?本記事では、チンアナゴの生態から、飼育に必要な道具、飼育する際の注意点などをお伝えします。チンアナゴが好きな方、魚を飼ってみたい方はぜひチェックしてみてください。

チンアナゴの飼育方法やポイントは?水槽の管理の仕方や餌などについて紹介
巣穴から真っ直ぐのびた体が、ゆらゆらと揺れているだけなのにどこか愛らしい、チンアナゴ。彼らを水族館で鑑賞することが好きな方も多いのではないでしょうか。そんなチンアナゴを自宅で飼育してみたいと思ったことは、ありませんか?

本記事では、チンアナゴの生態から飼育するための準備や、お迎えしてからの飼育方法をお伝えします。

この記事を読むことで、必要な道具から注意点もあわせてチンアナゴの飼育方法を知ることができます。読み終わった後は、きっとチンアナゴを飼いたくなると思います。

チンアナゴのことをもっと知りたい方や人とは違ったペットを飼ってみたい方、チンアナゴに興味がある方は、ぜひ本記事をチェックしてみてください。

チンアナゴとは?

チンアナゴといえば、水族館で人気の展示の1つです。その人気を裏付けるように、水族館のお土産コーナーにはぬいぐるみなどのグッズが多く並び、スマートフォンにはチンアナゴを飼育できるアプリもあります。

しかし、見た目に現れないようなチンアナゴの生態についてはあまり知られていません。ここでは、そんなチンアナゴが実際はどんな生き物なのか、お伝えしていきます。

チンアナゴの生態

チンアナゴは、サンゴ礁の海底に住む魚です。インド洋や西太平洋の熱帯域、日本では沖縄などの太平洋岸に生息しています。

巣穴に潜っていることが多いため、全身を見せることはほとんどありませんが、体長は30cm〜40cmほどです。普段は動物性プランクトンを食べるために、体を3分の2ほど出して潮流に合わせて顔を向けています。

チンアナゴの特徴と性格

チンアナゴは遊泳をしないことが特徴です。いつも巣穴から体を少しだけ出しており、全身を見せることはほぼありません。

また、性格はとても臆病で、危険を察知するとすぐに巣穴に引っ込んでしまいます。他の魚が近づいたり慣れない水槽に入ったりした直後は、しばらく姿を見せないことも特徴の1つです。

チンアナゴの寿命

チンアナゴの寿命は3〜5年と言われています。5年以上生きることもあるようですが、飼育環境、水質管理や餌不足で長期飼育の難易度は高いです。元気がなくなると砂から出てこなくなってしまうので、飼育する際は様子をよく見てあげましょう。

チンアナゴは群れで行動するので1匹での飼育はしない

水族館におけるチンアナゴの展示はたいてい、複数のチンアナゴが一緒に展示されていますが、チンアナゴは野生でも群れで生活しています。

そのため、家で飼育する際も1匹だけではなく、2匹以上にするようにしましょう。そうすることで見た目も華やかになり、まるで水族館にいるような気分になれるでしょう。

チンアナゴの種類

アナゴ科には32属約150種の魚が属しており、チンアナゴはその中でも、チンアナゴ亜科に分類されています。ここでは、その中でも代表的な4種類についてご紹介します。

それぞれの特徴なども解説しているため、水族館に行く際にお目当てのチンアナゴを見つけるための参考にしてください。

ゼブラアナゴ

ゼブラアナゴは、シマウマのような縞模様と斑点模様が特徴的なチンアナゴです。個体数が少なく、現在絶滅危惧種に選定されています。日本では沖縄や西表島、愛媛県愛南で生息しているようです。

出典:海洋生物レッドリスト掲載種において 注目される種のカテゴリー(ランク)とその評価の理由|環境省
参照:https://www.env.go.jp/press/files/jp/105239.pdf
次のページ:チンアナゴの飼育に必要なもの

初回公開日:2022年06月04日

記載されている内容は2022年06月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related