Search

検索したいワードを入力してください

デンキナマズの発電の仕組みとは?生態や特徴そして飼育方法についても紹介

更新日:2022年06月17日

デンキナマズの発電能力は非常に興味深いですよね。本記事ではデンキナマズの生態、飼育方法から地震予知能力などをご紹介します。デンキナマズに興味を持っている方、デンキナマズの飼育を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

デンキナマズの発電の仕組みとは?生態や特徴そして飼育方法についても紹介
「デンキナマズって、どのような仕組みで発電しているの?」
「デンキナマズは飼育ができるの?」
「デンキナマズとデンキウナギの違いは?」
デンキナマズの不思議な生態について興味があるのではないでしょうか。

本記事では、デンキナマズの生態と飼育方法などの基礎知識から、デンキナマズの有名都市伝説である地震の予知能力があるのかなどを紹介していきます。

この記事を読むことで、デンキナマズに興味を持っている方はデンキナマズの発電の仕組みや生態を把握することができます。その知識をもとに、現在飼育するかどうかを検討している方でもスムーズに意思決定することができるでしょう。

デンキナマズに興味を持っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

デンキナマズは飼育できる?

デンキナマズは簡単には飼育することができない生き物ですが、飼育することは可能です。幼魚の状態で売られているデンキナマズはとても可愛らしいですが、成長すると大きな魚になります。

飼育が難しい理由としては、デンキナマズ専用の大きな水槽を用意しなければいけないためです。幼魚の頃は小さな魚ですが、成魚となると約60cmにもなります。

他にも病気のかかりやすさ、掃除などのケア、感電の危険性などがあります。

デンキナマズの生態



デンキナマズはどのような生活をしているのか、なかなかイメージが湧かない生き物です。

デンキナマズの代名詞である発電の仕組みから生息地域、大きさ、寿命などデンキナマズの基礎知識を紹介します。デンキナマズの発する電気の威力はどれほどになるのか、どのくらいの電圧になるのか気になる疑問も解消します。

デンキナマズの大きさ

デンキナマズは稚魚の頃は約10cmでとても小さくて可愛らしいサイズですが、自然界では成長して成魚となると1m以上になる個体も存在します。

飼育環境下では約60cmで成長が止まると言われていますが、成長が早いため注意が必要です。

デンキナマズの生息地

淡水魚であるデンキナマズはアフリカ大陸の中〜西部に生息しており、湖、沼、川などに生息しています。

有名な生息地としてはナイル川水系、ニジェール川水系、コンゴ川に分布しています。

デンキナマズの発電の仕組み

発電版と呼ばれる電気細胞が皮下に存在し、デンキナマズの発電器官として機能しています。

デンキナマズが発電できる電圧は400〜450ボルト前後となり、非常に高い威力です。この発する電気は獲物を捕食する際、危険が迫った時の防御のために使用します。

デンキナマズの寿命

デンキナマズは10年前後が寿命となります。

初めは小さいサイズですが、成長してからの10年前後は約60cmのサイズのままですので飼育するか悩んでいる方は念頭に置いておきましょう。

地震の予知能力はある?

デンキナマズは他の魚が呼吸の際に発する微弱な電気を、ヒゲや体表の受容器を駆使して獲物を特定しています。

また地震の発生直前には地殻変動が起こり、地電流が発生します。

そのためデンキナマズは他の魚と比較した際、電気に敏感な魚であるとは言えますが地震を予知しているとは断定できません。

デンキナマズとデンキウナギの違いとは?



デンキウナギは「デンキウナギ目デンキウナギ科デンキウナギ属」の魚であり、南米のアマゾン川流域、オリノコ川流域に生息している生物です。大きさも約2mにもなるため、発電量もデンキナマズよりも多くなります。

デンキウナギとデンキナマズは同じように発電器官を有していますが、全く別の生き物であると言えます。
次のページ:デンキナマズの飼育方法

初回公開日:2022年06月17日

記載されている内容は2022年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related