Search

検索したいワードを入力してください

生きてるシーラカンスに会える水族館はある?展示を行っている場所や生態も紹介

更新日:2022年11月18日

シーラカンスがどんな魚なのか知っていますか。生きる化石とも呼ばれているシーラカンスは、生きてる姿をみることができるのでしょうか。この記事では、シーラカンス発見の歴史や生態についてお話します。ご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

生きてるシーラカンスに会える水族館はある?展示を行っている場所や生態も紹介
シーラカンスと聞いて、生きた化石と称されているイメージを抱く方がいるのではないでしょうか。なぜそのように呼ばれているのか知っていますか。

シーラカンスは誕生してから何億年もの間、変わらない姿で生きてる魚です。ほかの魚とは違う、変わった特徴を多く持っています。

発見されてから現在まで、さまざまな研究が行われており、少しずつその生態が明らかになっています。

シーラカンスは何を食べるのか、生きてる姿は今も見ることができるのか、その身は食べられるのか。気になることはたくさんあります。

ここでは、シーラカンスの生態とあわせて、シーラカンスを見ることができる場所も紹介しています。名前は知っているけど詳しく知らないという方は、ぜひチェックしてみてください。

そもそもシーラカンスはどんな魚?

シーラカンスは、水深150〜700メートルに住む深海魚です。

シーラカンスは、3億5000年ほど前までの化石しかみつかっておらず、とうの昔に絶滅したと考えられていましたが、まだシーラカンスが生きてることに世界中が衝撃を受けたことでしょう。

さらに、3億5000年ほど前と変わらぬ姿で生きてることから、生きた化石と呼ばれています。環境がほとんど変化しない深海で生きていることが、長い間姿が変わらない理由といわれています。

シーラカンスは、シーラカンス目という分類の総称です。これまで約26種類に分類されていますが、生きてるシーラカンスは2種類ほどしか確認されていません。

生息している地域

生きてるシーラカンスは、南アフリカ、コモロ諸島、タンザニア、インドネシアの近海の深海でみつかっています。日本ではみつかっていませんが、日本にいないとは言い切れません。

深海の環境は世界中と比較しても近しいようです。日本の深海を漂っているかもしれないと考えるとわくわくしますね。

現在確認されている生息域は海水域のみですが、化石は淡水域でもみつかっています。深海は、環境が変化することはほとんどありません。それに対し、淡水などの浅瀬は、地殻変動などの環境の変化を受けやすいといえます。

淡水域などに住んでいたシーラカンスは、このような自然環境の変化についていけずに絶滅したと考えられています。

体の大きさや特徴

通常、体長は2メートル以上、体重は90kgほどに成長します。絶滅種では、復元すると3メートルになった個体もいるようです。人間と比較してもかなり大きいことがわかります。

魚類に分類されるシーラカンスですが、ほかの魚と違った特徴をいくつか持っています。

魚類は脊椎動物ですが、シーラカンスには背骨がありません。脊柱という、油のようなものが詰まった管が頭から尾まで通っていて、これが背骨の代わりになっています。脊椎は、ギリシャ語でシーラカンスといいます。

シーラカンスといえば、足のようにのびる胸びれと腹びれが印象的です。ひれには、ほかの魚にはない大きな骨と関節があります。この立派なひれは、魚類から両生類に進化するときの名残だという研究者が多いようです。

また、シーラカンスには肋骨がありませんが、厚いウロコが身体を守っているといわれています。

エサや食べ方

シーラカンスは食事の仕方も特徴的で、逆立ちして食事をします。

頭の形によって、脳と視力が著しく退化しています。それをカバーするために、rosal器官と呼ばれる部分があります。ほかの生物が発する微弱な電流を感知し、隠れた生物を探し出して捕まえるときに用い、逆立ち捕食にも役立っているようです。

シーラカンスの口は、前部と後部に分かれており関節部は蝶つがい状になっています。これにより、大きく開けることができます。分厚い筋肉束があるため、かむ力は強力です。

基本的には、深海にすむ魚やイカを食べるようですが、解剖された個体には、50センチメートルほどのアナゴやサメが丸ごと入っていたものもあります。

寿命の目安

これまでの研究では、シーラカンスの寿命は20年ほどと考えられていました。しかし、実は100年ほど生きることが判明しました。

シーラカンスのウロコには、輪条という石灰化した縞模様があります。毎年この模様が大きくなっていくので、木の年輪のように時間の経過を表すと考えられています。

研究チームは輪条を観察し、この新たな発見は2021年頃に科学雑誌に掲載されました。さらに、子宮の中で5年ほど過ごすこともわかりました。

シーラカンスは、この長く生きてる期間のなかで、生まれて50年ほどまでは成魚と呼ばないそうです。動物の成熟時期は、身体が成長しきったかどうかと、生殖が可能かで判断されます。シーラカンスの成熟までの期間は、40〜70年ほど。平均して55年ほどかかります。

急速に成長すると思われていましたが、非常にゆっくりと成長するようです。

生きてるシーラカンスを見られる水族館はある?

逆立ち捕食や特徴的な見た目など、シーラカンスには気になる部分がたくさんあります。実際にその姿を見てみたくなりますよね。

残念ながら、生きてるシーラカンスは水族館で見ることはできません。シーラカンスは、商業ベースでの展示が禁止されています。

シーラカンスは絶滅のおそれがあるため、商業目的の取引は禁止です。学術目的の取引は可能ですが、輸出入はウロコ1枚まで厳しく制限されているようです。

シーラカンスの標本が見られる水族館

生きてるシーラカンスに会える水族館はある?展示を行っている場所や生態も紹介
次のページ:水族館で標本を見る際に知っておくといいシーラカンスの豆知識

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related