Search

検索したいワードを入力してください

生まれたてのハムスターの特徴|大切なことや注意点もあわせて紹介

更新日:2022年10月18日

生まれたてのハムスターを育てたいという人もいるのではないでしょうか。この記事では生まれたてのハムスターの特徴や、関わり時の注意点などについて解説します。生まれたてのハムスターについて詳しく知りたいという人は是非参考にしてみてください。

生まれたてのハムスターの特徴|大切なことや注意点もあわせて紹介
「生まれたてのハムスターにはどんな特徴がある?」
「母親ハムスターが生まれたてのハムスターを食べてしまうことがあるって本当?」
「生まれたてのハムスターに関わる時にはどんなことに気をつければいい?」
小さくてかわいい赤ちゃんハムスターですが、飼育するにあたりさまざまな疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。

本記事では生まれたてのハムスターの特徴や、関わる時の注意点、触るために大切なことなどについて詳しく解説します。

記事を読むことで生まれたてのハムスターにはどのような特徴があるのか、どのようなことに気をつけて関われば良いのか、生まれたてのハムスターに触るためにどうすれば良いのかを知ることができるでしょう。

生まれたてのハムスターの特徴や関わり方について詳しく知りたいという人は是非参考にしてみてください。

ハムスターってどんな動物?

飼育しやすく小さくてかわいらしい見た目からペットとしても人気のハムスターは、ネズミの仲間です。頬に食べ物などを一時的に保管できる頬袋があるのが特徴で、エサなどを見つけると頬袋に入れ、巣へ持ち帰って食べます。

ハムスターの寿命は種類によって異なりますが、およそ2年から3年です。ハムスターは夜行性の生き物であるため日中は巣で眠り、夜になると活動し始めます。

ハムスターは生後1カ月から3カ月程度で繁殖することが可能です。妊娠期間はおよそ2週間から1カ月であり、1度に7匹から10匹ほどの子供を産みます。

ハムスターは野生では捕食される生き物であるため、基本的に警戒心が強い生き物です。ハムスターを飼育する際には、繊細で臆病なハムスターにストレスを与えすぎないよう注意しましょう。

ハムスターの飼育環境について

ハムスターを飼育する上で重要なのが飼育環境です。ハムスターを飼育するケージには牧草やウッドチップなどを敷き、ハムスターが安心して過ごせる巣箱を設置します。ハムスターは同じ場所で排泄する性質があるため、そこへトイレを置いてあげると良いでしょう。

ケージはエアコンの風や直射日光が当たらない静かな場所へおくのがおすすめです。エサは毎日夕方にハムスター用のペレットを与え、水はいつでも飲めるようにしておいてください。

ハムスターを飼育するのに適した温度はおよそ20℃から23℃であるため夏にはエアコンを、冬にはヒーターなどを使ってケージ内の温度を適温に保つようにしましょう。

野生では冬になると冬眠しますが飼育下での冬眠は難しく命の危険があるため、冬眠しないようケージ内の温度管理をしっかりと行うようにしてください。

生まれたて生後数週間のハムスターの特徴

生まれたてのハムスターの特徴|大切なことや注意点もあわせて紹介
ハムスターの赤ちゃんはとても小さくかわいいです。生まれたてから生後数週間にかけて見た目や食べ物などにどのような変化が現れるのか知りたいという人もいるでしょう。

ここでは生まれたてから生後数週間のハムスターの特徴について詳しく見ていきます。母親ハムスターや赤ちゃんハムスターとの関わり方についても併せて解説するため、是非参考にしてみてください。
  • 生後0日目
  • 生後約1週間
  • 生後約2週間
  • 生後約3週間
  • 生後約4週間

生後0日目

生まれて間もないハムスターは体長およそ2.5cmで、体毛はまだ生えておらずピンク色の体に黒い目がついています。鳴き声を出す個体もいれば、鳴かない個体もいてさまざまです。

母親ハムスターが赤ちゃんハムスターを集めて母乳で育てます。母乳を与える母親ハムスターは栄養不足になりやすいため、ひまわりの種やミルワームなどのたんぱく質の多い栄養価の高いエサを与えるようにしましょう。

また赤ちゃんが生まれて間もないうちは母親ハムスターは周りを警戒し、とても神経質になっています。母親ハムスターに刺激やストレスを与えないために、ケージにはタオルなどをかけてそっとしておいてください。

またケージの掃除や移動もこの時期には行わないようにしましょう。

生後約1週間

生後1週間を過ぎると、赤ちゃんハムスターに産毛が生えてうっすらとですが体色が分かるようになります。目はまだ閉じたままですが、生まれてきた赤ちゃん同士でじゃれる姿を見ることができるでしょう。

この時期のハムスターの赤ちゃんはまだ母乳を飲んでいますが、早い個体であれば母乳だけでなく茹でたジャガイモやトウモロコシ、豆腐などのやわらかい食べ物を食べることもあります。

母親ハムスターにこれらのものを与えると赤ちゃんの元へと運んでくれるため、与えてみると良いでしょう。

この時期もまだ母親ハムスターが神経質であるため、赤ちゃんのお世話は母親ハムスターに任せておくようにしてください。

生後約2週間

生後約2週間を過ぎると毛が生えてハムスターらしくなり、目も開きます。少しずつ歩くことができるようになり、自分でトイレに行くなど少しずつ自分のことができるようになるでしょう。巣箱から出てくることもあるためかわいらしい姿を見ることができます。

まだ離乳はしていませんが、大人のハムスターと同じようにヒマワリの種やペレットなどを食べられるようになり、母親ハムスターと一緒にエサをねだりにくる個体もいるでしょう。

自分で毛づくろいをしたり、頬袋にエサを入れたりすることもできるようになりますが、母親ハムスターの警戒心はまだ強いため手を出さないようにしてください。

生後約3週間

生後約3週間を過ぎると毛も生えそろい、元気に動き回る姿を見ることができます。さまざまなものに興味を持ち始め、回し車で走ったり、兄弟と遊んだりする姿を見ることができるでしょう。

個体差はあるものの、この頃になるとほとんどのハムスターが離乳して大人のハムスターと同じものを食べられるようになります。

この頃になると母親ハムスターの緊張感や警戒心も薄れてくるため、母親ハムスターの様子を見ながら巣箱の掃除をしたり、赤ちゃんハムスターに少し触れたりすることができるようになるでしょう。

母親ハムスターが赤ちゃんを親離れさせようとする時期も近づいているため、母親ハムスターが赤ちゃんハムスターにどのように接しているのかを観察してください。

生後約4週間

次のページ:生まれたてのハムスターに関わる時の注意点

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related