Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か

更新日:2022年06月30日

ハムスターの飼育に欠かせない回し車。ハムスターが使ってくれない場合どうしたらいいのでしょうか。この記事では、ハムスターが回し車を使わない理由とその対処法や、回し車の選び方をご紹介します。これからハムスターを飼おうと思っている方は、ぜひ読んでみてください。

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か

ハムスターがカラカラ走る回し車

狭い小屋の中でハムスターの運動不足を解消するために回し車は必要不可欠な存在となっています。今回はそんなハムスターの回し車について、回し車を使わない場合の理由や、どうしても使わない時の対処法をご紹介します。

ハムスターが回し車を使わない理由とは

飼っているハムスターが回し車を使わないと、元気がないのか心配になります。回し車を使わない理由はどんなことが考えられるのでしょうか。

今回は、考えられる4つの理由について解説していきます。

ハムスターが回し車を使わない理由

  1. 夜中に走り回っている
  2. 昼夜逆転になっている
  3. 回し車があっていない
  4. 体調が悪い

ハムスターが回し車を使わない理由1:夜中に走り回っている

ハムスターを飼い始めたばかりの人の中には、日中にハムスターが寝てばかりで全然回し車を使わないと感じている人もいるでしょう。

ハムスターは夜行性なので、回し車を使うのは主に夜の時間帯です。特に、電気を消してから活発になります。

飼い主は寝ている時間帯になるため、回し車を使っていることに気づいていない可能性があります。ハムスターの小屋を置いているのが同じ部屋でない場合は特に気が付きにくいでしょう。

夜に部屋を暗くしてからしばらく様子を見ていると、回し車を使っている姿が確認できることがあります。

ハムスターが回し車を使わない理由2:昼夜逆転になっている

ハムスターは基本的には夜行性ですが、人間と一緒に暮らしていると昼夜逆転になっていることもあります。

その場合、飼い主が見ているときは回し車を使わないですが、仕事や学校に行っている昼間に使っていることがあります。

休みの日などに、1日ハムスターの様子をそっと観察してみると、昼間に回し車を使っているところが見られる可能性があります。

ハムスターが回し車を使わない理由3:回し車が合ってない

一口にハムスターと言っても、小さい体のロボロフスキーハムスターもいれば、大きい体のキンクマハムスターもいます。飼っているハムスターの大きさに合ったサイズの回し車を用意しましょう。

サイズが合っていないとうまく回せないため使わないことがあります。購入するときに自分の飼っているハムスターのサイズに合っているか確認することをします。
次のページ:ハムスターに回し車が必要な理由は

初回公開日:2019年08月03日

記載されている内容は2019年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related