Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か

初回公開日:2019年08月03日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年08月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハムスターの飼育に欠かせない回し車。ハムスターが使ってくれない場合どうしたらいいのでしょうか。この記事では、ハムスターが回し車を使わない理由とその対処法や、回し車の選び方をご紹介します。これからハムスターを飼おうと思っている方は、ぜひ読んでみてください。

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か

ハムスターがカラカラ走る回し車

狭い小屋の中でハムスターの運動不足を解消するために回し車は必要不可欠な存在となっています。今回はそんなハムスターの回し車について、回し車を使わない場合の理由や、どうしても使わない時の対処法をご紹介します。

ハムスターが回し車を使わない理由とは

飼っているハムスターが回し車を使わないと、元気がないのか心配になります。回し車を使わない理由はどんなことが考えられるのでしょうか。

今回は、考えられる4つの理由について解説していきます。

ハムスターが回し車を使わない理由

  1. 夜中に走り回っている
  2. 昼夜逆転になっている
  3. 回し車があっていない
  4. 体調が悪い

ハムスターが回し車を使わない理由1:夜中に走り回っている

ハムスターを飼い始めたばかりの人の中には、日中にハムスターが寝てばかりで全然回し車を使わないと感じている人もいるでしょう。

ハムスターは夜行性なので、回し車を使うのは主に夜の時間帯です。特に、電気を消してから活発になります。

飼い主は寝ている時間帯になるため、回し車を使っていることに気づいていない可能性があります。ハムスターの小屋を置いているのが同じ部屋でない場合は特に気が付きにくいでしょう。

夜に部屋を暗くしてからしばらく様子を見ていると、回し車を使っている姿が確認できることがあります。

ハムスターが回し車を使わない理由2:昼夜逆転になっている

ハムスターは基本的には夜行性ですが、人間と一緒に暮らしていると昼夜逆転になっていることもあります。

その場合、飼い主が見ているときは回し車を使わないですが、仕事や学校に行っている昼間に使っていることがあります。

休みの日などに、1日ハムスターの様子をそっと観察してみると、昼間に回し車を使っているところが見られる可能性があります。

ハムスターが回し車を使わない理由3:回し車が合ってない

一口にハムスターと言っても、小さい体のロボロフスキーハムスターもいれば、大きい体のキンクマハムスターもいます。飼っているハムスターの大きさに合ったサイズの回し車を用意しましょう。

サイズが合っていないとうまく回せないため使わないことがあります。購入するときに自分の飼っているハムスターのサイズに合っているか確認することをします。

ハムスターが回し車を使わない理由4:体調が悪い

ハムスターの体調が悪く、回し車を回す体力がないため使わないということも考えられます。食欲があるか、また元気に動いているか確認しましょう。

ハムスターにも個性があるため、単純に回し車があまり好きでないので思ったより使わないという可能性もあります。また、高齢になるとあまり回し車を使わないこともあります。

ハムスターに回し車が必要な理由は

回し車はハムスターの飼育に必要なものの一つです。ハムスターの飼育の際の必須アイテムに回し車が入っています。

なぜ、ハムスターにとって回し車が必要なのか知っていますか。何のために必要なのか、その理由についてご紹介します。

ハムスターに回し車が必要な理由1:運動をさせるため

ハムスターは1日に5km~20kmも走ると言われています。ハムスターの飼育小屋は基本的に小さいため、回し車を使わないとこの距離を走ることができず運動不足になってしまいます。

回し車があれば少ないスペースで効率よく運動することができます。ハムスターの運動不足解消のために、回し車は必須アイテムとなっています。

ハムスターに回し車が必要な理由2:ストレス解消のため

回し車はストレス解消にも効果があります。狭いケージで暮らしていると、些細なことがハムスターにとってストレスになってしまうことがあります。回し車を走ることでストレス解消の効果があります。

回し車を使わないと、ストレスが解消できず体調が悪くなってしまうことも考えられます。ハムスターにもストレス解消は必要です。

ハムスターに回し車が必要な理由3:本能

ハムスターは自然の中で生きている時には、襲ってくる鳥や蛇などの動物から食べられないように、走って逃げる必要がありました。走ることはハムスターの本能でもあります。

本能を制限されることはハムスターにとって大変なストレスになります。回し車があればたくさん走ることができます。回し車はハムスターにとって必須アイテムということがわかりました。

ハムスターに回し車を使ってもらう方法は

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か
※画像はイメージです
ハムスターが回し車を使っていないと、運動不足になっていないか心配になります。

しばらく見守っていても回し車を使わない場合、どのような対策が考えられるのでしょうか。ハムスターに回し車を使ってもらう方法についてご紹介していきます。

ハムスターに回し車を使わせる方法1:回し車に乗せてあげる

ペットショップでは回し車を設置していない場合も多いです。初めて回し車を見たハムスターは、使い方がわからないために使わないことがあります。

そこで、回し車に乗せてあげて、少し揺すったり手で軽く回してあげましょう。サポートしてあげることで、回し方を理解して走り始める可能性があります。

一度使い方を理解すると、その後は良く走るようになることが多いです。

ハムスターに回し車を使わせる方法2:散歩をさせる

回し車を使わないと、運動不足になっている可能性があります。部屋を散歩させてあげると、走ることを思い出して回し車を使うようになることが考えられます。

散歩をさせる際は、机の上や、部屋にそのまま放すのではなく、専用の柵や段ボールで囲いを作り、その中を散歩させてあげましょう。

囲いを使わないでそのまま部屋に放すと、落ちているゴミを食べてしまったり、コードを噛んでしまったりと大変危険です。また、散歩中は目を離さないようにしてください。

ハムスターに回し車を使わせる方法3:広いケージにする

ハムスターの大きさに対してケージがあまりにも狭いと、のびのび動くことができず、回し車を使わないという可能性があります。

部屋があまり広くないからという理由で、小さな虫かごでハムスターを飼う人もいるようですが、ハムスターにとってストレスになってしまいます。

ケージはできるだけ大きいサイズを選んであげましょう。自由に動き回れるようになれば、回し車を使ってくれることもあります。

ハムスターの回し車の選び方

ハムスターが回し車を使わない理由とは?本当に必要か
※画像はイメージです
ハムスター育成に回し車は欠かせません。ペットショップやネット通販を見るとさまざまなタイプの回し車が販売されています。初心者の方が回し車を買うときに、どのように選べばよいのかご紹介します。

ハムスターの回し車の選び方1:ケージのサイズに合わせる

まずは回し車がケージのサイズに合っているか確認しましょう。ケージのサイズに対して大きすぎると、うまく設置できなかったり、引っかかってしまい回らないことがあります。

まずハムスターに適切なサイズのケージを選び、その上で回し車のサイズを決めましょう。ケージはできるだけ広々としたものを選んであげてください。

ハムスターの回し車の選び方2:ハムスターの大きさに合わせる

こちらの動画では回し車を2個並べてハムスターがどちらを気に入るか検証しています。大きさ選びの参考になります。

一番大切なことはハムスターの大きさに合わせて選ぶことです。ハムスターの大きさに合っていないと、うまく回せず使わない原因になります。

回し車のパッケージに「ゴールデン用」など記載されていることが多いので確認しましょう。また、ネットショップの商品レビューを見て、他の人がどんなハムスター用に使っているか確認するのもです。

ハムスターの回し車の選び方3:「取り付けタイプ」と「スタンドタイプ」で選ぶ

回し車には「取り付けタイプ」と「スタンドタイプ」があります。

取り付けタイプは、金網に引っ掛けて設置するタイプや、吸盤でくっつけるタイプなどがあります。ケージに合わせて選びましょう。

取り付けが甘いと、回し車が倒れてハムスターに危険がおよびます。特に吸盤は時間がたつと取れやすくなったり、吸盤のやわらかい部分をハムスターがかじってしまったりすることもあるので注意してください。

スタンドタイプはそのまま置いて使えるのでケージの形状を選びませんが、取り付けタイプよりも場所を取るので大きめのケージに向いています。

ハムスターに回し車は

ハムスターが回し車を使うのは夜が多いので、あまり大きな音が出ると近所迷惑になることもあります。音がほとんど出ないようになっているサイレントタイプの回し車もあるので、集合住宅に住んでいる方は試してみてください。

こちらはゴールデンハムスターやキンクマハムスターなどに回し車です。同じシリーズでジャンガリアンハムスターやパールホワイトハウスターに小さいサイズもあります。

いつも動き回るハムスターには合った回し車を選びましょう

今回は、ハムスターが回し車を使わない理由と対処法や、回し車の選び方についてご紹介しました。回し車の重要性を感じた方も多いのではないでしょうか。ハムスターにとって回し車を走ることは運動不足の解消になります。

走るのはハムスターの本能であり、ストレス解消にもなります。ハムスターが元気に走ることのできる回し車を選んであげましょう。

Related