Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターが立つ心理とは?その他の仕草についても知ろう

初回公開日:2019年08月02日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハムスターが立つのにはどのような意味や理由があるのでしょうか。この記事ではハムスターが立つ意味や理由について徹底解説しています。また併せて、ハムスターが見せる他の仕草の意味についてもご紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。

ハムスターが立つ心理とは?その他の仕草についても知ろう

ハムスターはなぜ立つのか?

立つ仕草を見せるハムスターに疑問を感じたことはないでしょうか?立つというハムスターの行動には、さまざまな意味がこめられています。

この記事ではハムスターが立つ理由や心理について詳しく解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

ハムスター 立つ仕草の意味

ハムスターが立つと一口に言っても、その理由や意味は非常にさまざまです。では、ハムスターはどのような時にどのような心理で立つのでしょうか。

以下ではハムスターが立つ意味をまとめているので、ぜひご覧ください。

ハムスターが立つ意味とは?

  • 警戒している
  • 不安や緊張を感じている
  • 怒って威嚇している
  • 何かに興味を持っている
  • びっくりしている

ハムスター 立つ仕草の意味1:周囲を警戒している

ハムスターが立つ仕草の意味としてまず考えられるのが、周囲を警戒しているということです。

ハムスターは臆病で警戒心の強い生き物であるため、ちょっとした物音や臭いであっても敏感に反応し、立ち上がって周囲をキョロキョロと見回します。

ハムスターが落ち着きがなさそうに立つならば、「なんだか不安だな」「もしかすると外敵がいるかもしれない」と警戒心を持って周囲を見渡していると考えられるでしょう。

ハムスター 立つ仕草の意味2:不安や緊張をしている

不安や緊張をしているというのも、ハムスターが立つ意味のひとつとして考えられるでしょう。

ハムスターは不安や緊張に襲われた時、身を縮こませたり立つなどの仕草を見せます。

たとえば初めて濡れタオルで体をふかれたり、自分の匂いが全くついていない新品のゲージに入れられるなど未知の環境に置かれた時には、不安や緊張感から立つと考えられています。

どことなく不安そうで緊張している状態で立つことが多いならば、普段からストレスを感じてしまっている可能性が大です。

飼育環境を見直すなど、ストレスチェックをきちんと行いましょう。

ハムスター 立つ仕草の意味3:怒っている

ハムスターが立つ仕草の意味のひとつとして、怒っているということも含まれるでしょう。

ハムスターは無理やり触られようとしたり気を許していない人が近づいてくると、怒って立ち上がり威嚇をします。

ただ単に立つだけでなく、時には暴れることもあるでしょう。このような時のハムスターはかなりの興奮状態にあると言えます。

怒って立つハムスターにむやみやたらに触ろうとすると、噛まれる危険性もあるので注意したいところです。

ハムスター 立つ仕草の意味4:何かに興味を持っている

何かに興味を持っているというのも、ハムスター 立つ仕草の意味のひとつに数えられるでしょう。

たとえば自分の身長よりも高いところに興味のあるものが見えたならば、ハムスターは短い脚で一生懸命立つことで、その対象物をよく観察したり匂いを嗅ごうとします。

飼い主さんがお気に入りのおもちゃやおやつを持ってきてくれた時も、それに強い興味を示して立ち上がり、時にはジャンプをして興奮を体全体で表現したりケージから出たがるでしょう。

ハムスター 立つ仕草の意味5:驚いている

ハムスターが立つ意味のひとつとして、驚いているということも含まれるでしょう。ハムスターは驚くとブルブルと震えると同時に、驚きや恐怖のあまり思わず立ち上がってしまいます。

怖いという気持ちから瞬間的に立った反動で、コテンと転がって仰向けになってしまうこともあるでしょう。

怖がるハムスターは、しばしばこのように立つという仕草を見せることがあります。

その他のハムスターの仕草

以上では、ハムスターが立つ意味についてさまざまな視点から解説してきました。では、他にハムスターはどのような仕草を見せるのでしょうか。

ここからはハムスターのさまざまな仕草とその意味についてご紹介していきます。

その他のハムスターの仕草1:耳を立てている時

その他のハムスターの仕草としてまずご紹介したいのが、耳を立てるということです。

耳を立てるハムスターは、聞きなれない物音に警戒しているか、物音に興味をもっているかのどちらかが多いでしょう。

ハムスターが耳を立ててぴくぴくと動かしているならば、「この音は何の音かな?」「遠くで何か聞こえるぞ」と一生懸命考えているのでしょう。

その他のハムスターの仕草2:動きが急に止まる

動きが急に止まるというのも、その他のハムスターの仕草のひとつとして挙げられるでしょう。

ハムスターが急に動かない状態になるのには複数の理由が考えられますが、たとえば驚きや恐怖で体が硬直したり、あるいは周囲を強く警戒していることが多いです。

その他のハムスターの仕草3:フンを飛ばす

その他のハムスターの仕草のひとつとして、糞を飛ばすということも挙げられます。ハムスターを飼ったことがない方からすると意外に感じるでしょうが、糞を飛ばすハムスターは意外と多いです。

ハムスターが糞を飛ばすのは退屈をしているからであり、自分の近くにある糞に目をつけ、それを飛ばすことによって退屈しのぎをしていると考えられています。

このような状態を放置すると衛生面でもよくありませんし、ハムスターの精神面にも悪影響を及ぼしかねないので、おもちゃなどを暇つぶしの手段を与えることが必要です。

その他のハムスターの仕草4:すぐ背中を見せる

すぐ背中を見せるというのも、その他のハムスターの仕草のひとつに数えられるでしょう。

一見すると背中を向けるという行為はリラックスしていて、なついた証拠であるように思われますが、実際には違います。

ハムスターは警戒心を抱いている人物や物が近づいてきた場合、恐怖や不安を感じて自分の身を守ろるべく、背中を向けることになります。

飼い主さんに慣れてくると、徐々に背中を向けることは少なくなっていくでしょう。

その他のハムスターの仕草5:ジージー鳴く

その他のハムスターの仕草のひとつとして挙げられるのが、ジージー鳴くということです。ジージーとハムスターが泣く理由として考えられるのは、威嚇をしているということです。

「これ以上近づいたら噛むぞ」という警告が、ジージーというハムスターの鳴き声の意味だと言えるでしょう。

犬や猫などの天敵が近づいてきた時などによくこのような鳴き方をします。また、心をまだ許していない飼い主さんが撫でると嫌がるハムスターは、時にこのような鳴き方で威嚇をするでしょう。

「ひっくり返ってジージーと鳴く:お腹を出しているのは「降伏」のサインです。」

その他のハムスターの仕草6:鼻をクンクンさせる

鼻をクンクンさせるというのも、その他のハムスターの仕草のひとつとして含まれるでしょう。

ハムスターは嗅覚が発達しているので、気になる匂いを感じ取った時、あるいは嗅いだことのない匂いに接した時には鼻をクンクンさせます。

警戒心から匂いを嗅いでいることもあれば、純粋な好奇心から匂いを嗅いでいることもあるでしょう。

様子を観察してハムスターの気持ちを知ろう

今回はなぜハムスターが立つのか、その仕草の意味について解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ハムスターの立つという仕草にはさまざまな意味が込められていますので、ちょっとした仕草からもハムスターの気持ちを読み取れるようになりたいものです。

また、その他のハムスターの仕草の意味についても把握しておけば、よりハムスターの気持ちを知ることができるでしょう。

Related