Search

検索したいワードを入力してください

ショウガラゴの値段相場とは?飼育方法や必要なものもあわせて紹介

更新日:2022年08月06日

ショウガラゴを飼いたいけれど、値段はいくらするのか気になるのではないでしょうか。本記事では、ショウガラゴの相場や基礎知識、飼う上でのポイントをまとめました。ショウガラゴに関して疑問や不安がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ショウガラゴの値段相場とは?飼育方法や必要なものもあわせて紹介
丸い目と大きな耳、手のひらサイズの可愛いサルであるショウガラゴの人気が高まっています。飼ってみたいけれど値段はいくらするのか、どのくらい生きるのか、飼うためにどんなことに気をつけてどのようなものが必要なのかなど、いろいろ気になりますよね。

この記事では、ショウガラゴの基本知識とともに迎え入れるにあたって値段の相場と、飼う時に必要な道具や注意点を解説しています。

道具は実際に売られているものを紹介していますので、どのようなものを購入すればいいのか参考にすることができるでしょう。

本記事を読めば、ショウガラゴの知識を身につけ、ショウガラゴを飼う上での下準備を整えることができます。

ショウガラゴを迎え入れるための知識を得たい方は、ぜひ読んでみてください。

ショウガラゴの生態とは?

ショウガラゴは大きな群れは作らず、雌は自分の子供と家族単位で生活し、雄はある程度成長すると群れから離れて単独で生活します。いろんな声を発して仲間や他の群れとコミュニケーションを取る社会性のある動物ですので、人と暮らすことも可能です。

「ブッシュベイビー」という別の呼び名もあるほど親しまれていて、ペットとして人気もあるサルです。

ショウガラゴを理解するために、本来どんな場所で暮らしていて、寿命はどのくらいなのか知っておきましょう。

ショウガラゴの生息地

セネガル・ギニア・中央アフリカ・スーダン・ケニア・タンザニアなどアフリカ大陸の広い範囲に生息していて、木の上で暮らしています。適応能力が高く、うっそうと生い茂る森の中やまばらに木が生えている林、川辺の森林など様々な場所に生息しています。

ショウガラゴの寿命

ショウガラゴの寿命は、およそ10年〜15年です。ペットとして飼える他のサルと比較するとコモンリスザルやコモンマーモセットもおよそ10年〜15年と言われていますので、大きな違いはありません。

ペットとして飼う場合は、近くにショウガラゴに詳しい獣医がいるかどうか、ショウガラゴの情報をいかに集めて飼育環境を整えてあげられるかなども寿命に影響するでしょう。

ショウガラゴの値段相場



現在ショウガラゴは海外からの輸入制限があり、国内で販売されているショウガラゴは日本で繁殖されたもので頭数が少ないため、入手が困難な状況です。エキゾチックアニマルを扱うショップなどに、こまめに連絡して入荷を待つしかありません。

値段はおよそ30〜100万円とかなり差があります。普通に飼う分には支障がない個体(歯並びが悪いなど)や月齢が若い個体は値段が低い傾向があるようです。

ショウガラゴの飼育方法



ショウガラゴを飼う上で、どんなことに注意すればいいでしょう。

ここではショウガラゴにとって快適な温度と湿度、食事について解説します。健康で長生きしてもらうためには室内環境と食事は重要なポイントです。

適切な温度と湿度

アフリカ出身のサルですので暑さには強い方ですが、室内の温度はおよそ26〜30℃で湿度は60%前後を保つようにしてください。

寒さにはとても弱いので、冬はエアコンだけではなく小動物用のヒーターなどを使用して室内の温度管理をしてください。また乾燥する季節は、加湿器を使用して湿度調節も大切です。

ショウガラゴの餌

バランスの取れているモンキーフードをメインに与えるといいでしょう。

ショウガラゴは雑食性ですので、リンゴやバナナなど果物、野菜、ナッツ類、ミルワームなども好んで食べます。ただし与えすぎると、モンキーフードを食べなくなってしまう可能性があるため注意しましょう。

また肥満や運動不足を回避するために、一日分を数回に分けて与えたり食事をおもちゃなどに隠して与えたりするなど、与え方に工夫が必要です。
次のページ:ショウガラゴの飼育に必要なもの

初回公開日:2022年08月06日

記載されている内容は2022年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related