Search

検索したいワードを入力してください

アフリカツメガエルの飼育方法とは?餌やライトなど必要なものを紹介

更新日:2022年06月01日

アフリカツメガエルを飼ってみたい方で、飼育方法が気になる方もいるでしょう。この記事では、アフリカツメガエルの生態や飼育方法、飼育に必要なアイテム、飼育の注意点を解説します。これから飼育を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

アフリカツメガエルの飼育方法とは?餌やライトなど必要なものを紹介
「アフリカツメガエルってアパートでも飼えるの?」
「何を食べるのかな?」
「どんなお世話が必要なんだろう?」
アフリカツメガエルは飼いやすいと人気のカエルです。しかし、飼ってみたくても、分からないことが多いと飼い始めるのが不安になるでしょう。

この記事では、アフリカツメガエルの生態と飼育方法について気を付けると良いことも含めて、詳しくお伝えします。また、水槽や餌などの飼育に必要なものも紹介しています。

この記事を読むことで、アフリカツメガエルのことがよく分かり、飼育がもっと楽しくなるでしょう。必要なものも分かるので、すぐに飼う準備が始められます。

アフリカツメガエルをペットに飼いたいと考えている方は、ぜひ読んでみてください。

アフリカツメガエルの生態とは?



アフリカツメガエルは、元々はアフリカの中部から南部に生息していました。

アフリカ原産ですが、寒さに強く、繁殖しやすいことから、実験用や大型魚の餌用として世界各国で飼育されています。現在では、アメリカやヨーロッパなど複数の地域で、外来種として自然繁殖していることが確認されています。日本でも、和歌山県や静岡県などで発見されました。

アフリカツメガエルの生態をさらに詳しく紹介していきましょう。

アフリカツメガエルの体長

アフリカツメガエルの大きさは、成長するとオスで5~6cm、メスで10~12cm程度です。ペットショップで売られているときは2~3cmほどなので、大きく成長することが分かります。

体重はオスで60g、メスで200g程度です。

アフリカツメガエルの特徴

アフリカツメガエルは平べったい形が特徴的で、頭が小さく、目にまぶたのないカエルです。

後ろ足は太く発達していて、指の間に水かきがついています。前足には水かきはありません。また、名前の通り、指には爪があります。

色は灰色、茶色、緑色が混ざったような色合いですが、一部アルビノ種という白い個体が存在します。ペットとして飼われているものは、アルビノ種が人気です。

一生水の中で過ごし、呼吸するときのみ水面に顔を出します。

アフリカツメガエルの寿命

アフリカツメガエルの野生での寿命は15~16年で、水槽で飼育すると20年程度生きます。

水質悪化にも非常に強く、寒さにも強いため、とても長生きしてくれます。また、多頭飼いも可能なので、実験用や餌用に広く飼育されてきました。

ペットとして飼う際は、最後まできちんとお世話するように心がけましょう。

アフリカツメガエルの繁殖方法

アフリカツメガエルは、原産国では乾季に夏眠して、雨期になると産卵していました。四季のある地域では、春先に産卵することが多いです。

飼育下では1年中繁殖が可能です。水温が上昇するのが産卵のきっかけとなるため、水槽で飼育している場合はあえて水温を下げることで、産卵をうながせます。

水温を一度下げたのち、また温度を上げてみましょう。水替えのタイミングで温度が下がり、産卵するケースもあります。

アフリカツメガエルは食用だった?

食用のカエルも存在しますが、アフリカツメガエルは食用ではありません。

水の流れがある川ではなく、ため池などに生息するため食べると臭みがあります。しかし、調理法を工夫すれば食べられるでしょう。

アフリカツメガエルの飼育に必要なもの



アフリカツメガエルはカエルの中でも珍しく、一生を水の中で過ごします。そのため、水槽内に陸地を用意する必要がありません。

また、寒さに強いという特徴を持ちます。水温が5~30℃ならば生きていけるので、温度調整するためのヒーターなども必要ありません。

エサは、生のものでなくても大丈夫なので、市販の餌を利用できます。

このようにアフリカツメガエルは飼育しやすいカエルです。では、飼育に必要なものを紹介していきましょう。
  • 水槽
  • 水槽の蓋
  • ろ過フィルター
  • 水草
  • エアポンプ
  • ライト
  • 底砂

飼育に必要なもの①水槽

次のページ:飼育に必要なもの②水槽の蓋

初回公開日:2022年06月01日

記載されている内容は2022年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related