Search

検索したいワードを入力してください

ウーパールーパーは食用にされることがある?出しているお店も紹介

更新日:2023年08月12日

ペットとしてなじみのあるウーパールーパーを食べることができるかどうかご存じでしょうか。本記事では、ウーパールーパーとはという基礎知識から食べることができるお店などを紹介しています。珍しい食べ物であるウーパールーパーを食べてみたい人はチェックしてみてください。

ウーパールーパーは食用にされることがある?出しているお店も紹介
「ペットとして見かけるウーパールーパーだけど、食用もあるのかな?」
「食べてみたいけれど、どこか提供しているお店はないかな?」
このように、ウーパールーパーのことが気になっている人や珍しい食べ物が好きでどこかで食べられないかと探している方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ウーパールーパーとは何なのかや食用にされることがあるのか、提供しているお店について紹介しています。

この記事を読むことで、ウーパールーパーの特徴や味、食べるときの注意点などを知ることができます。ウーパールーパーを食べに行く際には、この記事の知識をもとに安全に味わって食べることができるでしょう。

ウーパールーパーについて知りたい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

ウーパールーパーとは

ウーパールーパーは、サンショウウオなどと同じグループに属する生き物で、両生類に分類されます。

幼体のまま成熟する特徴を持つウーパールーパーは、両生類に見られる水陸どちらにも適応するための「変態」という成長が見られず、顔に生えたエラはそのままです。

「メキシコサラマンダー」という、海外のサンショウウオが起源と考えられていて、25㎝程度まで成長します。

ウーパールーパーと人間の関係

約100年前から医学の研究のために飼育され始めたウーパールーパーは、日本では1980年代にテレビのⅭMに使われたことで人気になりました。

長い間飼育をして品種改良を繰り返したことで、本来の黒っぽい姿以外にも白色やピンク色などのウーパールーパーを見ることができるようになっています。

「メキシコサラマンダー」としてではなく「ウーパールーパー」という名前で有名になったのも、その名前でⅭMに起用されたことがきっかけです。

ウーパールーパーは食用にされる生き物?

現在の日本ではペットとしてなじみのあるウーパールーパーですが、野生のウーパールーパーは絶滅危惧種に指定されるほど数が少なくなっています。そのため現地で食用とされていたのは過去の話で、現在では保護をする生き物とされているのです。

日本でも食用としては普及しなかったことから、好奇心旺盛な人が食べる程度であることがわかるでしょう。

ウーパールーパーがよく食べられる地域はあるの?

ウーパールーパーは、生息地のメキシコで「長寿の薬」としてよく食べられていたころがありました。再生力が素晴らしいことからそう考えられていたのでしょう。

日本でも、専用に繁殖したウーパールーパーを食用としているといわれています。現在では絶滅危惧種に指定されていることもあり、食用としている地域は少ないでしょう。

食べた時の危険性は?

両生類の中には毒を持つ種類もいますが、ウーパールーパーには毒はありません。しかし、寄生虫の心配があるため、しっかり加熱をしてからにすることと食用に繁殖した個体のみを食べるよう気をつける必要があります。

ウーパールーパー特有の病気などもあるため、絶対に安全で安心して食べることができるとは言いにくいでしょう。

ウーパールーパーの味は?

ウーパールーパーを唐揚げにして食べると、淡白な味で臭みなどはないといわれています。コリコリした食感がして、クセがなく味はとても食べやすいでしょう。

食用として一般に販売されているウーパールーパーはないため、料理を提供しているお店にいき食べることが理想的です。
次のページ:ウーパールーパーの料理が食べられるお店

初回公開日:2022年07月29日

記載されている内容は2022年07月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related