Search

検索したいワードを入力してください

ダックスフンドの種類|毛質や大きさで性格の違いはあるのか?

更新日:2022年11月24日

ダックスフンドを飼ってみたいけどわからないことが多くて、なかなか踏み切れない、そんな悩みはありませんか。この記事では、ダックスフンドの歴史や種類、性格、かかりやすい病気などについて解説しています。この記事を読んで、あなたもダックスフンドを飼ってみませんか。

ダックスフンドの種類|毛質や大きさで性格の違いはあるのか?
「小型犬を飼ってみたいけど、ミニチュアダックスフンドってどうなのかな?」
「ダックスフンドって、どんな性格なのかな?」
「ダックスフンドとダックスフント、どちらが正しいの?」
ダックスフンドについて、いろいろな疑問がありませんか。

この記事では、ダックスフンドについて、歴史・原産国・性格など詳しく解説していきます。被毛の種類や、大きさによる区別のつけ方も解説しましょう。ダックスフンドに多く見られる病気にも触れていきます。

この記事を読むことで、ダックスフンドの世界に魅了されるでしょう。詳しく知れば知るほど、魅力的なダックスフンドをペットに迎え入れたくなることでしょう。

ダックスフンドについてご興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ダックスフンドの特徴

胴長短足のダックスフンド、あなたはどのくらいこの犬種について知っていますか。ダックスフンドには長い歴史があります。いくつかの種類に分けられることもあります。足が短いのにも、理由があるのです。

まずは、ダックスフンドの特徴について解説していきましょう。

歴史

ダックスフンドは、外見がよく似た種類の犬がエジプトの壁画に見られるなど、古くから知られる種類の犬です。

ダックスフンドの名は、ダックスがアナグマ、フンドが犬を表します。中世からアナグマを狩るための狩猟犬として知られていました。

ダックスフンドの祖先と考えられる種類は、スイス原産のジュラハウンドやピンシェルなどの猟犬です。アナグマの巣穴に潜って猟をさせるために、これらの犬種を交配して12世紀ころまでには、ダックスフンドの基礎となる犬たちが生まれました。

初期のダックスフンドは、獰猛なアナグマを捕獲するため体重が20kgほどもあったと言われています。

16世紀までは、毛の短い現在のスムース・ヘアードだけでしたが、スパニエルなどと交配してロング・ヘアード、テリアと交配してワイヤー・ヘアードのダックスフンドが生まれました。

また、初期にはアナグマ猟に使用されていた、ダックスフンドですが、次第にアナウサギやイタチの猟に使われるようになり、小型の個体も好まれるようになっていきます。

原産国

ダックスフンドの原産国はドイツです。ドイツ語では語尾のdが濁らないので、ダックスフントと読みます。

ドイツでは、ダッチやデッケルとも呼ばれ、繁殖のための愛好家によるクラブが早くも1888年頃に作られました。

当時は、アナグマと変わらない20kg近いダックスフンドが標準でしたが、20世紀初頭から、小柄な個体の交配や、小型犬との交配で小さいダックスフンドも生まれていきます。

性格

ダックスフンドはもともと友好的で落ち着きのある性格をしています。神経質であるとか、攻撃的であるとかいうことはありません。しかし、もともと狩猟犬であるため、反応性が高く、初めて会う人間や他の犬に対して吠えやすい性質はあります。

しかし、賢く、しつけのしやすい犬種ですので、幼犬のうちからのトレーニングで、あまり吠えない個体に育てることは可能です。

ダックスフンドは甘えん坊で、遊び好きの一面も持っています。活発でやんちゃな側面もあり、もともと穴を掘って狩りをしていた犬種なので、家具を傷めるようなケースもあるかもしれません。

販売価格相場

日本で主に飼われているミニチュア・ダックスフンドは30~50万円でショップやブリーダーから購入することができます。

毛色、被毛のタイプなどで値段は変わります。また、ミニチュア・ダックスフンドよりも小さいカニンヘン・ダックスフンドはミニチュア・ダックスフンドよりもやや高価です。

【毛質別】ダックスフンドの種類

ダックスフンドの種類|毛質や大きさで性格の違いはあるのか?

ダックスフンドの毛質は3種類あります。スムース・ヘアード、ロング・ヘアード、ワイヤー・ヘアードです。ここからは、それぞれの特徴について解説していきましょう。

スムース・ヘアード

スムース・ヘアードはダックスフンドの基本のタイプで、毛質が硬く、とても短いという特徴があります。光沢のある毛並みで、日ごろのお手入れは簡単です。

散歩のあとなどに、ブラシで毛並みに沿って、埃や汚れを落としてやりましょう。常に抜け毛がある状態なので、ラバーブラシでブラッシングすると飼い主側としても、部屋が汚れず、アレルギー対策にもなります。

どの毛質タイプでも、特に汚れたり、臭いが気になったりする場合はお風呂に入れましょう。

ロング・ヘアード

ロング・ヘアードのダックスフンドは、スパニエル種との交配で誕生しました。毛質はとても柔らかく、長く、光沢があります。毛はウェーブしていますが、ウェーブの度合いは個体によって異なります。

毛並みは、体の下側に比べ、耳の先、前足の後ろ側が長く、尻尾の裏側が最長です。

細く長い毛は、絡まりやすく、汚れやすいのでこまめなお手入れが必要になります。スリッカーブラシで毛の絡まりをほどき、ピンブラシで毛並みを整えましょう。コームを使って、毛玉がないか確認することも大事です。
次のページ:【大きさ別】ダックスフンドの種類

初回公開日:2022年11月15日

記載されている内容は2022年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related