Search

検索したいワードを入力してください

狭くても快適に!ワンルームで猫と暮らすための注意点や方法をご紹介

更新日:2022年09月08日

一人暮らしやワンルームにお住まいの方は、猫を飼いたくても諦めてしまっている方が多いのではないでしょうか。この記事では、ワンルームでも猫と快適に暮らす方法をご紹介します。これから猫を飼いたいと思っている方はぜひ一度読んでみて下さい。

狭くても快適に!ワンルームで猫と暮らすための注意点や方法をご紹介

ワンルームで猫を飼う前に確認すること

ワンルームにお住まいの方がふと猫を飼いたいと思った時に、そもそも狭いワンルームで猫を飼えるのか?の疑問にぶつかるはずです。

まず、猫を飼う前に確認しておかなければならないことをいくつかあげてご紹介します。

ワンルームで猫を飼う前に確認すること1:飼い主に過敏性反応がないかどうか

まずは、飼い主に猫に対する過敏性反応がないかどうかを確認しなければなりません。過敏性反応とは、猫や動物などの対象となるものに触れた際に、くしゃみや湿疹など体に異常があらわれてしまうことを言います。

過敏性反応の検査は、病院で血液検査などを行えば簡単に調べることができます。

「猫を飼ったはいいけど、体に異常が出てしまった」ということがないよう、事前に確認しておきましょう。

ワンルームで猫を飼う前に確認すること2:猫の飼育が可能な物件かどうか

ペットを飼う前には、現在のお住まいがペットを飼育することが可能な物件であるかの確認が必要です。

賃貸では、規約として「ペット可」となっていても、犬のみ、猫のみ、二匹まで、など詳しい条件が決められている場合があります。

猫を飼う前に、お住まいの物件の詳しい規約を確認するとともに、必要であれば大家さんに確認を取るようにしましょう。

ワンルームで猫を飼う前に確認すること3:猫を飼うのにいくらぐらいかかるのか

猫を飼う際、猫の購入費用は種類や月齢などで変わってきます。ペットショップやブリーダーさんから購入する際には、種類による平均的な価格を調べておくと安心です。

猫の購入費用の他に、日々かかる費用も用意しなければいけません。代表的なものでは、餌代やおやつ代、トイレ砂代などがあげられ、ひと月平均5000円ほどかかります。

体調を崩した際の病院代や、毎年のワクチン接種の費用も必要となるため、費用にはある程度の余裕を持たせて準備をしておきましょう。

ワンルームで猫を飼う前に確認すること4:ワンルームで猫を飼うメリット

猫をワンルームで飼うメリットとして、距離が近いということがあげられます。長い時間を同じ部屋で過ごし、同じベッドで眠ることができます。

一緒に過ごす時間が長いほど、飼い主との親密度も高まりよく懐いてくれます。猫を好きな方の憧れでもある、猫が膝の上に乗ってきてくれる、なんてことも日常になるでしょう。

眠っている姿や日向ぼっこをしている姿も、ワンルームであれば近い距離で見ることが可能です。手を伸ばした距離にいつも猫がいる、そんな生活ができるのもワンルームならではです。

ワンルームで猫を飼う前に確認すること5:ワンルームで猫を飼うデメリット

ワンルームで猫を飼う際に、デメリットとしてあげられるのは、やはりその狭さからくる問題です。部屋が狭いと、運動不足になりやすく外猫より太りやすい傾向にあります。

こまめな体重管理を心掛け、時間のあるときはたっぷり遊んであげることにより、太りやすい問題は解消できます。可愛さに負けておやつをあげすぎないよう、注意しましょう。

ワンルームで猫と暮らすときの注意点

飼う前に確認することをクリアできれば、待ちに待ったかわいい猫との生活が始まります。

ワンルームで猫を飼う際にはどのようなことに注意すべきなのでしょう。気を付けなければならない基本的な項目を、4つほど例にあげてご紹介します。

ワンルームで猫と暮らすときの注意点

  1. 猫の臭いに注意
  2. 猫の脱走に注意
  3. 猫の健康に注意
  4. 猫のストレスに注意

ワンルームで猫と暮らすときの注意点1:猫の臭いに注意

ワンルームで猫を飼う際、猫と飼い主さんの生活スペースがどうしても一緒になります。そうすると気になってくるのは臭いです。

もちろん生き物なので多少の臭いはしますが、猫は本来とてもきれい好きで清潔な生き物です。そのため猫そのものの臭いはそれほど気にならないでしょう。

気をつけなければいけないのは、トイレの臭いです。猫はトイレ砂の中に穴を掘っておしっこやウンチをしますが、砂の中にあってもやはり臭いは漏れてきます。

脱臭成分のあるトイレ砂を使用したり、トイレの掃除をこまめに行うよう心掛けましょう。
次のページ:ワンルームで猫が快適に暮らせる方法

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related