Search

検索したいワードを入力してください

スコティッシュフォールドは短命?寿命を伸ばすための方法7つ

更新日:2023年07月12日

垂れた耳にまるい顔、くりくりの目が可愛いスコティッシュフォールド。ほかの猫種に比べると病気や疾患のリスクが高く、平均寿命もやや短めですが、飼い方次第では長く一緒にいることもできます。生活の中でちょっとした工夫や気配りをしてみましょう。

スコティッシュフォールドは短命?寿命を伸ばすための方法7つ

スコティッシュフォールドの特徴

垂れ耳とまんまるの目、丸みを帯びた頭と体が特徴のスコティッシュフォールド。1961年にスコットランドの農家で突然変異によって生まれた垂れ耳の白い猫が始まりと言われています。

短毛種と長毛種の2種で、耳は垂れ耳のイメージが強いですが、立ち耳のスコティッシュフォールドも存在します。

垂れ耳は通気性が悪く細菌が繁殖しやすいので、定期的に耳のお掃除をしてあげましょう。スコッティッシュフォールドの折れ耳は遺伝性の疾患が原因であるため、骨や関節に注意が必要です。

スコティッシュフォールドの生態

見た目の愛らしさに加え、穏やかな性格で人懐っこく、なき声も小さいため初心者でも飼いやすいとの猫です。オスの方がメスに比べると好奇心旺盛でヤンチャですが、どちらものんびりしていて甘えん坊な性格です。

スコティッシュフォールドは「スコ座り」と呼ばれる変わった座り方をします。その理由は「リラックスしている」「グルーミングをするため」「関節の痛みを感じないように」などと言われています。

スコ座りのまましばらくぼーっとしていることもあり、とってもかわいいですよ。

スコティッシュフォールドの寿命はどのくらい?

一般社団法人ペットフード協会の最新データ(2018年)によると、猫全体の平均寿命は15.32歳でした。その中でも「家の外に出ない」猫の平均寿命は15.97歳、「家の外に出る」猫の平均寿命は13.63歳と寿命に差がありました。

スコティッシュフォールドの平均寿命は10〜13年。内臓疾患などを抱えていることも多いので一般的な猫の平均寿命に比べると短めですが、飼育環境や食事に気をつけてあげることで平均寿命を超え、長く一緒にいることもできます。

一般社団法人ペットフード協会の最新データ(2018年)

出典: https://petfood.or.jp/data/chart2018/index.html |

スコティッシュフォールドの耳の特徴4つ

スコティッシュフォールドといえば垂れた耳ですが、その耳には種類があるのをご存知でしょうか。耳の垂れ具合によって大きく4つに分けられます。

あなたはどの耳のスコティッシュフォールドが好きですか?

スコティッシュフォールドの耳の特徴4つ

  • スコティッシュフォールドの耳の特徴1:立ち耳
  • スコティッシュフォールドの耳の特徴2:シングルフォールド
  • スコティッシュフォールドの耳の特徴3:ダブルフォールド
  • スコティッシュフォールドの耳の特徴4:トリプルフォールド

スコティッシュフォールドの耳の特徴1:立ち耳

次のページ:寿命を伸ばすための方法7つ

初回公開日:2019年08月16日

記載されている内容は2019年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related