Search

検索したいワードを入力してください

猫が自分や飼い主をなめるのはなぜ?理由8つと過剰グルーミングの対処法

更新日:2020年09月23日

猫を見たことがある人であれば、一度は「なめる」仕草を見たことがあるでしょう。猫は自分自身であれ他の猫であれ、あるいは人間に対しても「なめる」ということをよくします。一体なんのために「なめる」のでしょうか。その意味を理解して、猫の気持ちを探ってみましょう!

猫が自分や飼い主をなめるのはなぜ?理由8つと過剰グルーミングの対処法

猫のなめる行動の意味とは?

猫といえば、「なめる」仕草をよくする動物です。自分自身に限らず、他の猫をなめることもあれば飼い主をなめることもあるでしょう。

なめる対象によって、体の掃除や愛情表現、意思表示などさまざまな意味を持っています。

猫が自分を舐める時

猫が自分をなめる場合、「毛づくろい」としての意味が大きいです。自分の体を清潔に保つためであったり、体温を保つため、緊張をほぐすため、ニオイを消すためなど、体の状態を整えるために、自分をなめます。

猫に独特なニオイのないことや、お風呂に入る必要性が低いのは、こうした毛づくろいの効果が関係しています。では、自分をなめることによって得られる効果について、以下で詳しく見てみましょう。
  1. 清潔を保つ
  2. 体温を保つ
  3. リラックスする
  4. ニオイを消す

猫のなめる行動の意味1:清潔を保つ

猫が自分をなめる場合の意味として、1つ目は「清潔を保つため」です。

猫の舌は人間の肌には痛いほどザラつきがあり、汚れを取り除くにはピッタリの素材です。自分をなめることで体に付いたホコリや汚れ、あるいはノミなどの害虫を駆除することができます。

猫は体が非常に柔らかく、自分1匹でも自由に体全体を掃除することが可能です。そのため、人間の手を加えなくても清潔な状態を保っていられます。

猫のなめる行動の意味2:体温を保つ

猫が自分をなめる場合の意味として、2つ目は「体温を保つため」です。自分をなめることで、暑さ対策を行っています。

猫は汗をかくことがなく、犬のように口から熱を放出することもありません。その代わりに、自分をなめることで体を冷やす作用を促しています。

つまり、体を濡らすことで気化熱を利用した暑さ対策です。人間が汗をかくのと同じ効果を、猫は自らの行動から得ています。

猫のなめる行動の意味3:リラックスする

猫が自分をなめる場合の意味として、3つ目は「リラックスするため」です。猫が自分の体をなめることには、マッサージ効果があります。

また、母猫になめてもらっていたことを追体験することでリラックスを促しているとも言えるでしょう。

そのため、猫が自分をなめる時には、不安や緊張など何らかのストレスを抱えている場合があります。環境が変わった際などは特に猫の様子に気を配り、ストレスを素早く察知してあげましょう。

猫のなめる行動の意味4:ニオイを消す

猫が自分をなめる場合の意味として、4つ目は「自分のニオイを消すため」です。狩りをしていた頃の古い習性が表れています。

猫はその昔、狩りをして生きている動物でした。狩りをする際、獲物に気付かれず接近するために自分のニオイを消す必要があったのです。

今では狩りをする必要もなく、単にその名残として、自分のニオイを消そうと体をなめることがあります。

猫が人を舐めるとき

猫が人をなめる場合に表す意味は、「人間に対する意思表示」です。猫は警戒心が強い動物で、体の大きな人間からは逃げていくことも少なくありません。

もし猫になめられることがあるのであれば、よっぽどの信頼を得ていると解釈してよいでしょう。もしくは、懸命に何かしらの行動を求めていることが考えられます。

いずれにしても、猫に好意的な印象を持たれている証拠ですので、喜ばしいことです。
  1. 愛情表現
  2. 何かを要求している

猫のなめる行動の理由5:手や顔を舐めてくるのは愛情表現

猫が人をなめる場合の意味として、1つは「愛情表現」です。猫を撫でていたら手をなめられた、あるいは顔を寄せてきて口元をなめられた、という場合があります。

自分以外をなめるという行為は、猫にとって「感謝」や「好き」の気持ちを込めて行われる行為です。あるいは、嬉しい気持ちや安心感のお返しのつもりでなめている場合もあります。

いずれにしても猫からの好意的な行動ですので、喜んで受け止めてあげてください。

猫のなめる行動の理由6:何かを要求している

猫が人をなめる場合の意味として、2つ目には「何かを要求している」ことがあります。寝ているときに顔をなめられた、という人もいるでしょう。

この場合に関しては、「もっと構って欲しい」「遊んで欲しい」といった要求が含まれています。

特に猫は夜行性なので、人が寝ている夜にこそ遊びたくなる性分です。寝ていないで遊んで欲しいといった気持ちで、なめてくる場合がほとんどでしょう。

猫が他の猫を舐めるとき

猫が他の猫をなめるときの意味は、「相手への信頼」や「コミュニケーション」です。相手の猫を大切に思っている場合や仲良くしたいと感じている場合に、なめることで表現することがあります。

猫同士の微笑ましい行動ですので、安心して見守ってあげましょう。
  1. 愛情表現
  2. 親和行動

猫のなめる行動の理由7:愛情表現

猫が他の猫をなめる場合の意味として、1つは「愛情表現」です。母猫が自分の子供をなめるように、猫は大切な相手を思ってなめることを行います。そこには無償の愛が込められていると見て良いでしょう。

相手に安心感や心地よさを与えることで、自分の愛情を伝えています。

猫のなめる行動の理由8:親和行動

猫が他の猫をなめる場合の意味として、2つ目は「親和行動」です。仲間同士のコミュニケーションと言っても良いでしょう。

自分に敵意がないことを表し、仲良くしたいという気持ちを込めて行っています。

触れ合いのなかで信頼関係を築いていくことは人間と同じで、猫にとってはなめる行為が一番の親和行動と言えるでしょう。

猫が舐めてくるのをやめさせるには?

猫がなめてくることは信頼や愛情の証であり、とても喜ばしいことです。しかし、猫の舌は人間にはとても刺激が強く、痛みを伴います。睡眠を妨害されることもあるでしょう。

まずは過剰グルーミングの原因を探ってみましょう。

過剰グルーミングの原因

猫はあらゆる目的のためにグルーミング(毛づくろい)を行いますが、あまりにも過剰に行っている場合にはストレスを考えた方が良いでしょう。

ストレスを軽減するために、必死にグルーミングをしている可能性があります。

また、構って欲しさにエスカレートしてグルーミングが過剰になる場合もあります。あまりにもなめられる頻度が高い場合には、あなたが猫の要求に応えすぎている可能性が高いです。

グルーミングをやめさせたい時の対処法

グルーミングが過剰で心配なときは、まず過剰グルーミングの原因を分析してください。

生活範囲や行動が限られていることでストレスを感じていたり、食事が合わなかったり、トイレの環境が悪いなど考えられる原因はさまざまです。

また、過剰になめられるという場合には、一度無視を決め込む必要があります。

グルーミングをすれば構ってくれるという認識が強くなればなるほど、その度合いが悪化してしまうからです。

猫の愛情表現6つ

猫には、「なめる」以外にも愛情を表現する方法があります。

「お腹を見せる」や「体を寄せる」、「玄関で出迎える」、「フミフミする」、「一緒に寝ようとする」といった行動もすべて、相手に対する愛情表現です。

猫の愛情表現1:舐めてくる

猫の愛情表現として、1つ目は「なめてくること」です。今回の記事の中でご紹介したとおり、猫にとってなめるという行為は「信頼」や「愛情」の表れです。

自分からは攻撃しないし相手からもされないという信頼のもと、なめる行動を起こします。グルーミングで得られる安心感やリラックス効果を相手に提供したいという気持ちもあるでしょう。

猫の愛情表現2:お腹を見せる

猫の愛情表現として、2つ目は「お腹を見せること」です。猫にとってお腹とは、「臓器の詰まった場所」すなわち急所です。

お腹を見せるということは「急所をさらけ出す」ということであり、「あなたから攻撃されることはない」と信頼していることを表します。

あなたの前では安心して過ごせているということなので、あたたかく見守ってあげましょう。

猫の愛情表現3:体を寄せる

猫の愛情表現として、3つ目は「体を寄せてくること」です。猫は基本的に触れられることを良しとしない動物で、体を寄せ合うのは家族など信頼している関係のみと考えられています。

つまり、猫が体を寄せてくるということは、あなたを家族のように大切に思っているということです。

また、自分のニオイをつけておきたいという心理もあります。自分のものだと主張したいほど、あなたのことが大好きということです。

猫の愛情表現4:玄関に出迎える

猫の愛情表現として、4つ目は「玄関に出迎えてくれること」です。飼い主の帰りを察知して玄関で待機しているということには、あなたの帰りを待っていたという気持ちが表れています。

「あなたがいなくて寂しかった」、「はやく会いたかった」というように、構って欲しい気持ちが溢れています。

または、すぐに自分のニオイをつけて安心したいという気持ちもあるでしょう。いずれにしても、あなたを必要としている証拠です。

猫の愛情表現5:フミフミする

猫の愛情表現として、5つ目は「前足でフミフミすること」です。猫が前足をフミフミする行為には、甘えたいという気持ちが表れています。

もともとは母乳を飲むときに押し出す目的でする行為で、母親に甘えるための仕草です。あなたに対してフミフミしてくるのであれば、猫はあなたのことを母親のように慕い、甘えたいと感じています。

猫の愛情表現6:一緒に寝ようとする

猫の愛情表現として、6つ目は「一緒に寝ようとすること」です。眠っている間は無防備になるけれど、「あなたがいれば大丈夫」「守ってくれる」と信頼している証拠です。

また、あなたのことを母親のように感じ、いつまでも子供の気持ちでいるという場合もあります。いずれにしてもあなたを信頼し、安心感を得ているということです。

猫のなめる行動の意味を知っておこう

猫のする「なめる行為」には、その対象によってさまざまな意味が込められています。他の猫や人間に対しての行為であれば、「信頼」や「愛情」の表れです。

猫の気持ちを受け止め、あなたからもより多くの愛情を注いであげましょう。

初回公開日:2019年08月06日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related