Search

検索したいワードを入力してください

猫は18歳で長寿認定!猫の平均寿命や長寿動物表彰の仕方について紹介!

更新日:2020年09月19日

18歳以上の猫には長寿を祝う表彰制度があることをご存知ですか?18歳以上の猫は、平均寿命を大きく上回った長寿猫といえます。長寿猫になるまでの成長過程、長生きの秘訣は何かを解説します。また、猫の長寿動物表彰とは何か、表彰の仕方についてご紹介します。

猫は18歳で長寿認定!猫の平均寿命や長寿動物表彰の仕方について紹介!

猫の18歳は人間に換算すると何歳?

猫の18歳は人間の88歳といわれています。

猫の年齢を人間に換算する場合の計算式は24+(猫の年齢−2年)×4歳といわれています。例えば、猫が1歳の場合、24+(1−2)×4=20となり、人間でいう成人を迎えます。

猫は生まれてから1年間で急速に成長するといわれ、その後は、1年ごとにおよそ4歳ずつ年をとる計算となります。10歳は56歳と還暦間近、18歳は88歳と立派な老年期を迎えていきます。

猫のシニアは何歳から?

猫のシニア期は7歳以上を指します。

人間でいうシニアとは何歳からを指すのでしょうか。一般的に「高齢者」という意味で考えると、国連では60歳を目安としています。では、猫の場合はどうでしょうか?

人間の60歳は猫でいう11歳です。しかし人間と比べて、歳をとるスピードが速い猫は、7歳を越えると見た目の変化はなくとも、身体のさまざまな生理的機能が減退し、老化が進んでいくといわれています。

人間の年齢にするとまだ44歳程度ですが、猫にとってはシニア期にあたるとされています。猫の18歳は立派なシニアであり、高齢期の中でも超高齢の世代になります。

野良猫の寿命

野良猫の平均寿命は3~5年といわれています。

猫の平均寿命は15歳前後ですが、これは飼い猫の場合であり、野良猫の寿命は長くても5年程度といわれています。

飼い猫よりも10歳近く寿命が短いのは、多くの理由が考えられます。外で暮らす環境、飢餓や栄養不足、怪我や病気になっても病院に連れていってもらうこともありません。

外で自由に暮らすことができる反面、頼る飼い主がいない野良猫は、厳しい状況を自分で乗り越えていかなければなりません。

猫が18歳まで生きられるというのは、猫にとって頼れる飼い主がいる証拠だといえるでしょう。

ギネス記録は何歳?

世界最高齢の猫は38歳と3日生きました。

テキサス州に住んでいた「クレームパフ」は、1967年~2005年までの38年間生き、現在もギネス最高齢の猫として記録されています。

38歳とは人間の年齢でいえば約168歳!驚愕の大記録です。

しかも、クレームパフの飼い主ペリー氏は、同時期に「グランパ・レックス・アレン」という猫を飼っており、こちらも34歳2ヶ月の長寿記録を持っているのです!

これはペリー氏の育て方に何か秘密があるのでしょうか?こちらでは要因の1つとして、猫に与えていた食事について挙げられています。

猫の長寿動物表彰

18歳以上長生きした猫を表彰する制度です。

猫の平均寿命は15歳前後、そんな中、長生きをした18歳以上の猫は「長寿動物」として表彰してもらえる制度があることをご存知ですか?

この長寿動物表彰は、公益財団法人日本動物愛護協会が2005年から始めました。

猫だけではなく、長寿の動物として長寿犬も資格があります。表彰対象は猫が18歳以上に対し、犬は、小型犬~超大型犬まで体重によって年齢条件が変わります。

これは犬の歳の取り方が体の大きさによって異なり、大型犬になるほど歳を取るスピードが遅いからです。

公益財団法人日本動物愛護協会

人と動物が共生できる社会をめざして活動する動物愛護団体です。

日本動物愛護協会(JSPCA)は、動物愛護思想の社会への発信と動物愛護活動を推進を目的としています。

主な活動の1つに「動物を理解し、人と動物がよりよい関係で共生できる社会を目指した提言や活動」があります。

その一環として、家族の一員として暮らしている高齢のペットを長寿動物として表彰しています。

猫と人間の年齢の比較

猫の18歳は人間の年齢にすると88歳です。

では、さらに詳しくまとめた猫年齢換算表があるのでご覧ください。

この換算表から、2歳までの急激な成長過程を見ることができます。その後は4歳ずつ歳を取っていき、18歳になる頃には立派なご長寿さんとなります。
年齢区分猫の年齢人間の年齢猫の年齢人間の年齢
幼年期1か月1歳2か月3歳
 ↓3か月5歳6か月9歳
少年期9か月13歳1歳17歳
 ↓1歳半20歳2歳23歳
青年期3歳28歳4歳32歳
 ↓ 5歳36歳6歳40歳
壮年期7歳44歳8歳48歳
 ↓9歳52歳10歳56歳
中年期11歳60歳12歳64歳
 ↓13歳68歳14歳72歳
高齢期15歳76歳16歳80歳
 ↓17歳84歳18歳88歳
 ↓19歳92歳20歳96歳

猫の年齢区分(幼年期から高齢期まで)

猫の年齢区分は幼年期~高齢期まであります。

猫が生まれてから6ヶ月までを「幼年期」といいます。体重も増え、身体が著しく成長するとともに、周りとの関りを覚え、性格が形成される時期でもあります。

7ヶ月~2歳までは「少年期」、3~6歳までを「青年期」といいます。人間でいうと成人となる少年期は、発情を迎え、妊娠や出産をする猫もいます。青年期までは1番活発で体力がある時期なので、たくさん遊んであげると良いでしょう。

「壮年期」は7~10歳、「中年期」は11~14歳、15歳以上は「高齢期」となります。この頃から老化が見え始め、運動能力の低下や病気になるリスクも増えてきます。

猫の長寿動物表彰に必要な書類

猫の長寿表彰を受けるためには、日本動物愛護協会に申請する必要があります。

その際に、飼い主が用意する書類は下記の3点です。
  1. 長寿表彰申請書
  2. 猫の年齢を証明できるもの(検査データや予防接種の証明書)
  3. 写真1枚

猫の長寿動物表彰に必要なもの1:長寿表彰申請書

まずは愛猫の基本情報を申請しましょう。

まず、愛猫が表彰対象であることを申請する必要があります。これは日本動物愛護協会が指定する申請書がHPにありますのでダウンロードしてください。

名前や年齢など愛猫の基本事項だけではなく、一緒に暮らしているという条件が必須であるため、愛猫とのエピソードも記入します。

猫の長寿動物表彰に必要なもの2:猫の年齢を証明できるもの(検査データや予防接種の証明書)

愛猫が18歳以上であることを示すための証明書が必要です。

18歳の年齢を証明する資料が必要です。かかりつけ動物病院の獣医師の診断書、検査データや予防接種の証明書を用意しましょう。

証明書は必ず1か月以内のものでなければいけません。また、血統書のみでは生存確認がとれないため、受理されませんので注意してください。

猫の長寿動物表彰に必要なもの3:写真1枚

表彰状に愛猫の写真を載せてもらうことができます。

長寿動物表彰では表彰状をもらうことができます。18歳の現在の写真ではなく、何歳の時の写真でも可能なので、お気に入りの1枚を用意しましょう!

写真は返却されますのでご安心してください。

表彰は現在一緒に暮らしている動物に限る

家族の一員としてお祝いしましょう。

18歳という表彰の年齢を迎えるまで、動物を家族の一員として大切に育ててきた証でもあります。申請書には動物に対する思い出やメッセージを記入する欄もありますので、長い間、共に暮らしてきた日々を改めて振り返って、家族全員で長寿をお祝いしましょう♪

申し込みは郵送のみ

申し込みは郵送のみ、ネットは不可です。

申し込みは郵送のみ受け付けています。申請書に宛先が記載されているので、必要書類を揃えて郵送してください。

全ての書類が揃っていないと受理してもらえませんので、しっかり確認してから送りましょう!

18歳になった時に気をつけたいこと

健康管理と環境作りに注意しましょう。

18歳、人間にすると88歳と考えると、当然のことながら健康管理には注意が必要です。動きが衰え、食も細くなるので、少量でも栄養が補給できる高齢期用のキャットフードを選ぶと良いでしょう。

また、病気を発症して動けなくなり寝たきりになることもあります。トイレをベッドの近くに置いてあげたり、寝床に床ずれ防止マットを敷くなど、人間と同じく介護が大事となります。

愛猫との時間を大切にして、猫も人間も穏やかに生活ができるような環境作りを心掛けましょう。

長生きの秘訣

猫がマイペースでいられることが大切です。

まずは健康管理です。年齢に合わせた食事を心掛け、1日にどれだけの量を食べているのか把握して、体調の変化を見逃さないようにしましょう。

適度な運動も大事です。18歳という高齢期は子猫の頃のような動きはできませんが、じゃれ遊びをしながらゴロゴロしたり、飼い主に抱っこされて外を眺めるだけでも猫にとっては気分転換になります。

そして何より大事なのは、猫がマイペースでいられる事です。環境の変化や生活リズムの乱れからストレスにつながり、病気を招くこともあります。

猫が好きな食べ物、好きなおもちゃがあれば用意し、少しでもストレスをなくしてあげることが18歳以上長生きできる秘訣であるといえるでしょう。

愛猫と一緒に長寿をお祝いしよう

動物と一緒に長寿を更新していきましょう。

平均寿命を超え、18歳まで生きてこられたということは、飼い主からたっぷり愛情を貰い、大事に育ててもらった証拠です。

18歳だけではなく、年齢を重ねるごとに愛猫とお祝いをして、たくさんの思い出を作っていきましょう。そして、動物も人間も一緒に長寿を更新していきましょう!

初回公開日:2019年08月06日

記載されている内容は2019年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related