Search

検索したいワードを入力してください

猫が言うことを聞く叱り方とは?イタズラに効果的な対処法を紹介

更新日:2020年08月08日

猫と一緒に生活をしていると、猫が家の中で暴れたり、無駄鳴きをしたり、家具で爪研ぎをするなど、飼い主を困らせる行動をされてしまうこともあります。そのため、猫を叱ることが必要な場合もあります。しかし、猫の叱り方には注意すべきことがあります。

猫が言うことを聞く叱り方とは?イタズラに効果的な対処法を紹介

猫の正しい叱り方とは?

猫はの高い生き物のため、家で一緒に生活をしているという人も多いです。

しかし、猫と一緒に生活をしていると、猫が家の中で暴れたり、無駄鳴きをしたり、家具で爪研ぎをするなど、飼い主を困らせる行動をされてしまうこともあります。

そのような場合には、しつけとして猫を叱らないといけないこともあります。ですが、猫は動物のため、叱り方には注意をしないと、信頼関係が崩れてしまう可能性があります。

猫は自由な生き物だということを理解しよう

猫と一緒に生活をしていると、猫の行動に生活をしていると、猫の行動に困ってしまうことがあります。しかし、猫が家の中で暴れたり、爪研ぎをしたり、大きな声で鳴いたりなどするのは本能による行動の場合もあります。

しつけである程度は直ることもありますが、猫は基本的に自由な生き物です。もし、猫を家族として迎えるのであれば、事前に猫の行動で困ることもあると言うことは理解しておく必要があります。

本当に困った行動をされた場合のみ叱ろう

上記で述べた通り、猫が飼い主を困らせるような行動をしたとしても、それは猫にとっては本能的な行動である場合もあります。

そのため、猫にとっては日常の行動であり、悪いことをしていると思っていないこともあります。

猫が悪いことをしていないと思っているときに、飼い主が頭ごなしに叱ってしまうと、猫は理不尽に怒られたと思ってしまい、信頼関係を壊してしまう可能性があります。

そのため、必要なときには叱ることも必要ですが、猫の叱り方には注意をするようにしましょう。

猫に伝わる効果的な叱り方4種類

猫を叱るときには、叱り方に注意をしないと猫との信頼関係を壊してしまう可能性があります。

しかし、叱り方がわからないからと、猫の困った行動を放置してしまうと、長く一緒に生活をしていくうえで、飼い主の日常生活に影響が出てしまうこともあります。

そのため、猫を叱るときには、なるべく効果的な叱り方をして、猫に悪いことと、良いことを理解してもらう必要がります。
叱り方必要性
言葉を統一する★★★★★
水を吹きかける
低い声を出す★★★
音で驚かせる★★

猫に伝わる効果的な叱り方1:叱るときの言葉を統一する

猫は賢い生き物なので、人の言葉や表情をある程度は理解できます。しかし、さすがに会話の意味までは理解することができないため、悪いことをしたときに、注意した理由を長々と説明しても、猫は理解できません。

そのため、猫を叱るときには「ダメ」や「コラ」など短い言葉で統一して怒るようにしましょう。

短い言葉で統一する叱り方をすることで、猫がやってはいけないことをしたときの言葉として理解するようになります。

猫に伝わる効果的な叱り方2:水を吹きかける

猫がいたずらなどをしているときには、その行動に熱中してしまって周囲が見えなくなるほど集中していることがあります。そのため、猫を驚かせて、その集中力を断ち切ると、いたずらをやめます。

猫を驚かせる方法の1つとして、水をかけるという方法があります。濡れることを嫌う猫は多いため、いたずらに熱中していても、水をかけると驚いてすぐにいたずらをやめて、その場から離れてくれます。

少量の水を霧吹きを使って吹きかけよう

猫に水をかけると、すぐにいたずらをやめます。しかし、猫は水に濡れることを嫌うことが多いので、水をかけられたことで飼い主との信頼関係が壊れてしまう可能性があります。また、人によっては猫に水をかけることは虐待と考えることもあります。

そのため、猫に水をかける場合は最終手段としたうえで、霧吹きなどで極少量にしたり、水に猫の嫌がる匂いを混ぜて、事前に猫がその場に近づかないように撒いておくなどしましょう。

猫に伝わる効果的な叱り方3:低い声を出す

猫を叱るときに、普段と同じ声のトーンで叱ってしまうと、猫に飼い主が怒っているという感情が伝わりません。そのため、言葉で叱るときには、普段よりも大きな声を出したり、低いトーンで叱るなどしましょう。

飼い主が怒っているということが猫に伝わらなければ、叱られているということが猫には伝わりません。ただし、叱る際に、猫に恐怖心を与え信頼関係を壊さないように注意は必要です。

猫に伝わる効果的な叱り方4:音で驚かせる

先に述べた通り、猫がいたずらをしているときはいたずらに集中しています。そのため、猫を驚かせて、集中力を断ち切ることで、いたずらをやめさせることができます。

猫を驚かせる方法として、大きな音で驚かせるという方法があります。

いたずらに集中している猫の近くで、手を叩いたり、鍋などの金属を叩くなどして、大きな音を出すと驚いて逃げます。また、猫から少し離れていても、音に気を引かれていたずらをやめます。

道具を使った2つの猫の叱り方

猫の叱り方には言葉や表情だけでなく、音や水などの道具を使った叱り方が効果的なこともあります。水を使う場合には霧吹きや、音を使う場合には鍋などの金属を使います。

これらの道具以外にも、猫を叱るときに使える道具はあります。ただし、道具を使った叱り方をする際には、猫に必要以上に恐怖心を与えないように注意する必要があります。

道具を使った猫の叱り方

  • アルミ箔を敷く
  • 空き缶やお手玉を投げる

道具を使った猫の叱り方1:アルミ箔を敷く

水を使って猫をしつける場合には、水に柑橘系やコーヒーなどの猫が嫌がる匂いを付けておき、事前にいたずらをされてはいけない場所に近づけないように、その水を撒いておくということが効果的です。

同様に、猫に近づいて欲しくない場所にアルミ箔を敷いておくということも効果的です。猫はアルミ箔の上を歩いた際の感覚や音、光の反射を嫌うことがあります。そのため、アルミ箔を敷いておくことで猫が近寄らなくなります。

道具を使った猫の叱り方2:空き缶やお手玉を投げる

猫のいたずらを止めるためには音で気をそらせることも効果的です。そのため、猫がいたずらをしているときに、空き缶やお手玉などを投げたり、転がしたりなどしましょう。

空き缶の転がる音や、いたずらよりも空き缶やお手玉に興味を惹かれて遊び始めることがあります。

ただし、音や興味で惹きつけることが目的のため、猫に空き缶やお手玉をぶつけていたずらをやめさせようなことはしてはいけません。

猫の叱り方のコツ

猫は叱り方を注意しないと、信頼関係が壊れてしまう可能性があります。しかし、猫が自由な性格をした生き物だからと悪いことをしても、叱らないというわけにはいきません。

長く一緒に生活をしていくためにも、飼い主は猫との信頼関係を壊さない信頼関係を保つための叱り方のコツを把握しておく必要があります。

猫の叱り方のコツ1:大きな声で怒鳴らない

猫は音で驚かせることや、短い言葉で統一して叱ることが効果的です。しかし、あまり怒鳴るように大きな声で猫を叱ってしまうと、必要以上に猫に恐怖心を与えてしまい、信頼関係が崩れてしまう可能性があります。

そのため、大きな声で猫を叱るときには、怒鳴らずに、あくまでも冷静に飼い主が怒っているということが猫に伝わるような声のトーンと大きさの叱り方をしましょう。

猫の叱り方のコツ2:タイミングを見計らう

猫がいたずらをしているときは、その場で叱るようにしましょう。もし、時間が経ってから叱っても、猫は何のことで叱られているのか判断できずに理不尽に怒られたと感じてしまいます。

また、いたずらをしそうな段階で叱ってしまうと、まだ悪いことをしていない猫を怒ってしまうことになるため、猫を叱るにはタイミングが重要となります。

猫に逆効果を与えてしまうNGな叱り方

猫の叱り方は注意しないと飼い主との信頼関係が壊れてしまう可能性があります。

しかし、いたずらする猫に困ってしまい、大きな声で怒鳴ったり、必要以上に水をかけたり、反省するまで狭いケージなどに閉じ込めたりなどしてしまうと、猫が飼い主に恐怖心を持ってしまうような叱り方はしないようにしましょう。

猫の叱り方を間違えた時の対処法2選

猫と生活をしていると、叱り方には注意が必要です。しかし、猫が危ないことをしていたり、何度叱ってもいたずらをやめなかったりなどする場合には、飼い主も感情的に叱り方をしてしまうこともあります。

猫が飼い主に恐怖心を持ってしまった場合には、関係を修復する必要があります。その対処方法にはいくつか種類があります。

猫の叱り方を間違えた時の対処法1:時間をあけて猫をほめてあげる

普段は優しい飼い主も、猫と長く一緒に生活をしていれば感情的にな叱り方をしてしまうこともあります。

感情的な叱り方をされたことに戸惑った猫は、飼い主との接し方に困ってしまったり、飼い主を怖がって避けるようになってしまうことがあります。

しかし、普段は飼い主が優しいことを知っている猫は、しばらく時間が経つと落ち着いてきます。猫の気持ちが落ち着いてくれば、飼い主が普段通りに遊んだり、褒めたりなど、優しく接していくことで、猫との関係が修復されていきます。

猫の叱り方を間違えた時の対処法2:敵意がないことを知らせる

家に迎えて、まだ飼い主との信頼関係が十分でないときに、猫を感情的な叱り方をしてしまうと、猫は恐怖心を持ってしまったり、飼い主のことを敵と認識してしまう可能性があります。

飼い主との信頼関係が十分でない状態で、猫に恐怖心や敵意を持たれてしまうと、関係を改善することが難しくなってしまうこともあります。

そのため、特に飼い主との信頼関係が十分でない状態では飼い主は猫に敵意と感じさせるような叱り方をすることはやめましょう。

猫と飼い主が安心して暮らせるよう上手な叱り方を覚えよう!

猫と一緒に生活をしていると、猫を叱らないといけないこともあります。しかし、猫を叱る際には、注意をしないと猫との信頼関係を壊してしまうことがあります。

長く一緒に快適な生活を続けるためにも、飼い主は信頼関係を壊さない上手は叱り方をしてあげるようにしましょう。

初回公開日:2019年08月08日

記載されている内容は2019年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related