Search

検索したいワードを入力してください

【オス/メス別】コーギーの性格・子犬の性格・性格のしつけ方

更新日:2020年09月17日

ウェルシュコーギーは、頭が良く、飼い主に忠実な性格の個体が多い犬種です。噛み癖や吠え癖といったコーギー独特の癖を直せば、良好なコミュニケーションが取れるでしょう。飼う際は、性格をよく知った上で最後まで責任感を持って飼育することが大切です。

【オス/メス別】コーギーの性格・子犬の性格・性格のしつけ方

コーギーってどんな犬?

多くの人が、「コーギー」という犬種の名前は耳にしたことがあるでしょう。また、いつか飼ってみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、いざ飼うとなると、しつけや飼い方など様々な疑問が浮かんできます。そこで、の犬種「コーギー」の基本的な性格からしつけ方までご紹介します。

原産地

コーギーの原産地は、イギリスのウェールズ地方です。元々は牧羊犬として活躍していました。

基本的には、ペンブロークシャーという地域にいたペンブローク種と、カーディガンシャーと呼ばれる地域にいたカーディガン種の2種類に分類できます。

特徴

コーギーは、一般的な犬に比べて際立って長い胴体と短い脚が特徴的な犬種です。また、ペンブローク種の場合は幼い時に切り落とすため、しっぽがない個体がほとんどです。

性格

コーギーは、基本的には賢く好奇心旺盛な性格をしています。また、飼い主にも忠実で、きちんとしつければ良好なパートナーシップを築き上げることが出るでしょう。

コーギーの性格はメスとオスで違う?

犬を飼おうと決めたとき、やはり気になるのはメスとオスのどちらを飼うべきかという点です。そんな方のために、メスとオスの性格の違いを並べてみました。

メスは性格がきつい?

性格には個体差があり一概には言えませんが、一般的にメスはオスに比べて、おっとりしている性格の個体が多いと言われています。そのため、人によっては少し性格が冷たい、きついと感じることもあります。

しかし、発情期など精神的に不安定な時期を除けば、性格は比較的大人しく、それほど手を焼くこともなく世話ができると考えて良いでしょう。

オスは性格が悪い?

メスに対し、オスはやんちゃで活発な性格の個体が多いとされています。中には攻撃性の高い個体も見られるため、コーギーは性格が悪いと言われてしまうこともあります。

しかし、きちんとしつけさえすれば、わんぱくでフレンドリーなオスの方がメスよりもより密度の濃いコミュニケーションが取れると言えるでしょう。

コーギーの性格を知ろう(種類別)

実はコーギーは、一般に広く知られている「ペンブローク」の他に、「カーディガン」という種類も存在します。それでは、一体この2種類の犬種では性格はどう違うのでしょうか。

ウェルシュコーギーペンブローク

古くから牧畜犬として活躍し、英国王室でも飼われている種類として有名なのが、ウェルシュコーギーペンブロークです。

ペンブロークの性格は、牧畜犬の名残からか、とても活発で飼い主に忠実と言われています。一方で、社交的な面もあり、他の犬ともすぐに仲良くなれる個体が多いとも言われています。

ウェルシュコーギーカーディガン

1934年にペンブロークとは別種として登録されたのが、ウェルシュコーギーカーディガンです。ペンブロークと同様に牧畜犬として活躍していましたが、ペンブロークと同じように世界中に広まることはありませんでした。

カーディガンの性格も、ペンブロークと同じように活発で賢いとされていますが、ペンブロークよりも落ち着いている個体が多く見られるとも言われています。また、飼い主に対する忠誠心が強いのも、カーディガンの特徴です。

コーギーの子犬はどんな性格?

牧畜犬の血を引いているコーギーは、子犬の時からわんぱくな性格の個体が多く、動くものに何でも反応してしまうことがあります。また、好奇心旺盛な性格のため、イタズラ好きな子犬も多いです。

実は、コーギーはあまり初心者向きの犬種ではないとされています。その理由が、噛み癖です。先ほどから述べているように、コーギーは牧畜犬として活躍していた犬種のため、動くものに過敏に反応してすぐに噛みつこうとします。特に子犬のときは好奇心が強いため、甘噛みや周りの物に噛みつくことはしょっちゅうだと認識しておいたほうが良いでしょう。

コーギーの上手なしつけ方

コーギーは賢い性格をしていますが、実はしつけるのはとても大変な犬種です。ここでは、そんなコーギーをしつける際のポイントをご紹介します。

アメとムチを使い分ける

コーギーに限らず、犬をしつける際は、叱りすぎないのがポイントです。特にコーギーは非常に頭が良いので、叱りすぎると不満が溜まって逆に言うことを聞いてくれなくなります。

コーギーをしつけるときは、悪いことをしたら名前を呼ばずに叱り、言うことを聞いたら目いっぱい褒めてあげることを繰り返します。どうしても言うことを聞かないときは、叱らずに無視するのも一つの方法です。状況に応じて、アメとムチを使い分けましょう。

運動させながらしつける

コーギーはとても活発で運動好きな犬種です。そのため、毎日の散歩はもちろん、定期的に広い場所で運動をさせてあげないとすぐにストレスを溜めてしまいます。ストレスが溜まると、飼い主の言うことを聞いてくれなくなるばかりか、攻撃的な性格になってしまうこともあります。

そうした事態を防ぐために、適度に運動させながらコミュニケーションを取ることが大切です。自宅に広い庭等がない場合は、ドッグランなどを利用して運動させてあげるようにしましょう。

主従関係をはっきりさせる

コーギーは賢いが故に、しっかり飼い主と認識させないとなかなか言うことを聞いてくれません。また、それには根気がいるため、子犬のうちからしっかり主従関係を明確にさせておくことが大切です。

そのためには、やはり甘やかせ過ぎず叱るときは叱り、褒めるときはしっかり名前を呼んで褒めてあげるなど、メリハリをつけるようにしましょう。

コーギーをしつける際の注意点

コーギーのしつけをするときは、コーギーならではの注意点が存在します。それが、以下の3点です。

噛み癖は早めに直す

コーギーをしつける上でよく聞かれる悩みが、噛み癖です。牧畜犬としての性質が抜けず、愛玩犬となった現在でも噛み癖がある個体が多く見られます。

噛み癖があると、家の物をボロボロにしてしまうだけではなく、知らない人に噛みついてしまう恐れがあるため、子犬のうちにしっかり直しておきましょう。何かを噛んでしまったら、口を押えて叱るという方法が有効です。

トイレは特に注意

コーギーは胴が長いため、トイレが上手くできず外してしまうことがしばしば見られます。そのたびに片づけるのは大変なので、ちゃんとできる位置を調整しながらトイレのトレーニングをするようにしましょう。

吠え癖は状況に応じて対応

コーギーは縄張り意識が強い犬種です。そのため、吠え癖がひどい個体も珍しくはありません。

吠え癖自体は、番犬として飼うなら特に直す必要はありませんが、周りの家との距離が近かったり、耳障りだと感じる場合は、やはり直した方が良いと言えるでしょう。特に無駄吠えをしていると思ったときは、噛み癖同様に口元を押さえて叱るようにしましょう。

コーギーはどんな人に向いているの?

コーギーの性格を踏まえた上で、どのような人が飼い主に向いているのかご紹介します。

責任感が強い

コーギーに限らず、ペットを飼うときは覚悟と責任感が必要です。ただ可愛いからと甘やかして育てると、言うことを全く聞かなくなり、大きくなってから手に負えない犬になってしまう可能性があります。

特にコーギーは賢く独立心が強い性格をしているため、強い責任感を持って根気強くしつけられる人でないと飼いづらい犬と言えるでしょう。ゆっくり時間をかけてコミュニケーションの取れる飼い主さん向きです。

アクティブな人

コーギーは、とても運動好きで活発な性格をしています。そのため、運動不足にならないよう適度に運動させてあげることが大切になってきます。運動好きとまではいかなくても、外で遊びに付き合ってあげることが億劫に感じないくらいにアクティブな人が向いていると言えるでしょう。

段差が少ない

一軒家では二階建ての家も多く、階段があるということは普通ですが、実は胴長で短足なコーギーにとって、段差は大きな障害になります。最悪の場合、飛び降りた衝撃でケガやや病気になってしまうこともあります。

そのため、最低限負担がかからない環境を整えてあげる必要があります。家から段差をなくすまではいかなくても、コーギーが常に目につく範囲で飼える家が向いていると言えるでしょう。

上手にしつけて楽しいコーギーライフを送ろう!

コーギーは、活発で好奇心が旺盛、社交的であまり人見知りもしない性格ですが、賢い一方でしつけ辛いという一面も持っています。

なかなか言うことを聞いてくれなくてもめげずに、叱ると褒めるを上手に使い分けて主従関係を早めに植え付けるようにしましょう。しっかりしつけて一日でも長くコーギーと楽しい時間を過ごせるようにしましょう。

初回公開日:2017年09月28日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related