Search

検索したいワードを入力してください

【オス/メス別】ポメラニアンの性格の特徴・性格別のしつけ方

更新日:2020年09月16日

ドイツのポメラニアン地方で生まれたポメラニアンは日本では必ず、飼う犬の候補にあがる程、の犬種です。性格はメス、オスで違ってきます。ポメラニアンを飼う際はポメラニアンの性格を受け入れて飼えるのか、自分に問いかけてからポメラニアンを向かい入れましょう。

【オス/メス別】ポメラニアンの性格の特徴・性格別のしつけ方

ポメラニアンの性別による性格の特徴の違い

ドイツのポメラニアン地方から来たポメラニアンは愛くるしい顔とフワフワの毛が特徴となり、他の犬種のスピッツと同様に高度経済成長に日本に入ってきてから、バブル期は一時的なブームとなりペットブームを牽引してきました。

ポメラニアンはその愛くるしいの外見もあり、最近は携帯電話のコマーシャルにもポメラニアンが登場するなど、一般家庭で飼われることはもちろんテレビや雑誌に出る事もしばしばあります。

ポメラニアンを飼う上での難点は、しつけが難しい事と家族思いで主人に忠実な性格があるにしろ自分の世界を持っており、聡明な頭脳も相まって人間の想像できないような知恵と言葉の理解力があり、人間の言葉を理解して自分の行動を決めていくことがあり、悪い言葉で言えば悪知恵があり、一匹で他の犬の様に飼えるポメラニアンもいれば、一匹で10匹分の手がかかることもあります。

メスの方がオスよりも性格がおとなしく、しつけもしやすいですがメスの方が短命の場合が多いです。猫と違ってウサギや犬は自分が一番偉いと勘違いしてしまったら、もうその性格は直す事ができず、そのままの性格で飼うしかないのです。

小型犬なので、大型犬のようにおとなしくはないですが、度胸も大型犬のようにないので吠えて自分を誇示しています。見た目はかわいいポメラニアンですが、いざ飼育するとなると難しいです。中にはシャンプーをさせてもらえない、散歩もしてもらえない、散歩のリードもつけることができないといった性格のポメラニアンも実際にいます。

ポメラニアンを飼う事での利点は外見のかわいさにありますが、性格が難しい場合が多く、ポメラニアンを飼うのであれば、他の犬種を選ぶ事がよいでしょう。特に犬を初めて飼う場合はポメラニアンをいきなり選ぶ事は避けたいものです。

オスの場合は気性が荒い場合が多いです。手に負えず、室内犬なのに外で飼う場合もある程です。またメスのポメラニアンはオスより飼いやすいです。初めてポメラニアンを飼う場合はメスの方がよいでしょう。オスの方が顔は整っているのでオスのポメラニアンは性格の難しさに合わずがあります。

ポメラニアンは遊び好きな性格

ポメラニアンは遊び好きです。一日中面白い事がないのか、歩き回って探している程です。性格がポジティブなので常に新しい事を探しています。一緒に遊んであげれば大変喜びます。自分で遊びを探して、自分で遊びを覚えます。

スリッパやぬいぐるみなど自分の気に入った物があれば、それを大事にして守ろうとすることもあり、スリッパやぬいぐるみを取り上げるのに一苦労することもあります。

ポメラニアンは聡明な性格

人間で言うと5歳くらいの知能があります。中には5歳以上の知恵のあるポメラニアンもいます。電話の会話を理解したり、今日は何曜日かを分かっていたり、バイクや車のエンジンの音でだれが来るのかが分かっていたり、他の犬では考えられない程の知恵を持っています。

聡明なので自我も芽生えやすく、自分の思い通りにならないと飼い主に当たったりもします。性格は他の犬に比べると悪いです。小型犬なので、吠える事が多く無駄吠えが多いのでそれで困ってしまう飼い主さんもいます。性格はオスとメスで違いますが、ポメラニアンを飼育する際、初心者はメスのポメラニアンを選ぶ方が無難でしょう。

ポメラニアンは社交的な性格

ポメラニアンは基本的には社交的な性格の犬が多いです。様々な事に興味を示すので、他の犬より社交的です。ポメラニアンは家族愛のある犬です。どれだけいたずらが好きでも、家族を大切にする事は忘れません。

社交的であることもあり、家族にプラスにならない、または家族が嫌っている人には厳しく接することがあります。家族が嫌っている人が来客したら、吠えて止まらなかったり、逆に家族が歓迎している人にはおとなしくしていたりします。それは他の犬種でも言える事です。

ポメラニアンの性格で人見知りな性格のポメラニアンは少ないです。オス、メスとも社交的な性格は他の犬より勝っているでしょう。

ポメラニアンは友好的な性格

飼い主が嫌っている人には吠えて家から帰らせようとしたりします。ポメラニアンは飼い主の心を読む犬です。性格が悪い面もありますが、常に家族の事を考えており、家族にプラスになる人には友好的な態度をとります。

ポメラニアンは性格が悪いという評判について

実際ポメラニアンは性格が悪いです。ペットショップでも他の犬はおとなしくじっと寝ているのに、ポメラニアンだけ暴れていたりというのが多く、様々な犬を飼い慣れている人はポメラニアンを自分のパートナーとして自分の家に迎え入れません。

ポメラニアンの性格の悪さの一因として、他の犬より知恵が回る点があげられます。知恵が回ればそれだけ、悪い事をしたくなるのがポメラニアンの性格なので、困っている飼い主さんは沢山います。

とにかく食べ物に対する執着が他の犬より強いです。飼い主が食べている食べ物を欲しがったりするので、一度人間の食べ物をあげてしまうと美味しい味を覚えてしまうので絶対にあげないことがポメラニアンを上手にしつけをする条件でもあります。

またオスのポメラニアンは人間の女性が好きだったり、メスならば人間の男性が好きだったりします。そのことは犬に限らず、他の動物にも当てはまります。ポメラニアンの性格の悪さも含めて、人間の異性への興味も他の犬よりあるので性格の悪さが出てしまう事があります。

ポメラニアンの性格を見抜いて上手くしつけをすることが大切です。ポメラニアン自身が自分が一番偉いと勘違いしてしまったら、もう直せないです。犬のしつけには餌でしつける事が大切です。飼い主の命令した事をきちんとしたら、餌を与えるなどとにかくポメラニアンのペースに持っていかないことです。

ポメラニアンは性格の悪さはあるものの、まったく性格の悪くないポメラニアンもいます。性格のよいポメラニアンはメスに多く、メスの方がしつけもしやすいです。オスが無駄吠えばかりするので、去勢をしてしまって無駄吠えが余計増えてしまったり、ホルモンのバランスが崩れて死んでしまう事もあります。

メスのポメラニアンの性格

ポメラニアンの性格にも色々です。オスでも手のかからないポメラニアンがいたり、メスで手のかかるポメラニアンがいたり様々です。もともとスピッツ系の犬種なので、無駄吠えが多い事は確かです。

ポメラニアン初心者はメスを選び方が無難でしょう。メスの方がおとなしく、しつけもしやすいです。ポメラニアンは足の骨が折れやすく、骨の強度は割ばしほどしかありません。

散歩などに連れて行き、歩かせながらしつけをする方法もあります。猫と違って犬のしつけというのは難しいです。鳥やフェレットのようにいくらかわいがっても応えてくれない動物もいれば、犬の様にしつけでよい性格の犬にすることは可能です。しつけで性格の良さ悪さが分かれてきます。特にポメラニアンという犬種になるとしつけは重要になってきます。

オスのポメラニアンの性格

オスはメスよりしつけが難しい上に、一度間違ったしつけをしてしまったら、もうポメラニアンのいいなりになり過ごしていくしかないです。犬のしつけには餌を使ったしつけがあり、ポメラニアンには人間の食べ物をいくら欲しがっても与えないことです。

人間と比べて動物というのは食べる事が娯楽になっています。車でドライブしたり、テレビを見たり、旅行へ行ったりということをしないために食べ物は重要なウェイトをしめています。特に犬のポメラニアンは食欲が旺盛です。好奇心もあるので普段自分が食べた事のない食べ物の匂いを嗅ぐとすぐに反応します。逆に食べ物を逆手にとりしつけをすることが大切です。

メスよりオスのポメラニアンの方が性格が悪く、悪知恵も回ります。メスより長く生きるオスは自分中心の場合が多く、オスを飼ってしまったらもうポメラニアンは二度と飼いたくないという飼い主さんも少なくないです。

ポメラニアンのメスもオスも家族思いな性格は評価が出来ます。家族が困っていれば自分ができることを考え、実行します。たとえば、家族が大切にお付き合いしている来客ならば、吠えないでおとなしくしておくなど気を遣えます。

ポメラニアンのオスもメスも好奇心が旺盛なので、人間の子供や自分と違う動物に特に興味を示します。他の動物とは一緒に飼わない事と、小さな子供とポメラニアンを遊ばせる場合は気をつけて必ず、飼い主がついて見れる様にしておくことが大切です。

ポメラニアンの毛色別の性格の違いなど

ポメラニアンは茶色とゴールド、白が一般的でしたが、近年から黒いポメラニアンが登場してを集めています。色が何色でもポメラニアンの性格は変わりません。ポメラニアンを飼う際はブリーダーを選ぶ事から始めましょう。

昔の様にペットショップで置かれているポメラニアンを選ぶことしかできなかった時代からネットで様々なブリーダーさんからポメラニアンを選ぶことができます。しつけもある程度してもらえるトリマーのお店もあったりするので、利用しない手はないです。

白いポメラニアンはスピッツに近い色でもあるので一番、無駄吠えが多い場合があります。茶色とゴールドも無駄吠えが多いですが白色ほどではないです。黒いポメラニアンは比較的茶色とゴールドよりもおとなしい場合もあるようですが、オスなのかメスなのか、ポメラニアン個体自体で性格が違います。色では一概には判断できません。

他の犬でもそうですが、犬種の色で性格はそんなに変わりません。メスなのかオスなのか、飼い主さんの飼育の方法や、今、ポメラニアンを飼っている環境が外なのか、室内なのかでも違ってきます。ポメラニアンは繊細な性格なので、ストレスを感じるような環境などでは飼わない方がよいでしょう。

動物というのは人間に運命を託しているのですから、人間もそれなりの責任感と使命感を持って自分の寿命を削る思いをしなければ、動物は飼えません。常に犬と飼い主は一蓮托生だということを頭に入れておきましょう。

ゴールド色のポメラニアン

のある色であり、無駄吠えも白色のポメラニアンの次にあります。主に茶色のポメラニアンと変わらない場合が多く、茶色でもゴールドに見える場合があります。

ポメラニアンの毛というのは短くカットしてしまうと、長く生えてこない場合が多く、のライオンカットなどができにくくなります。中には短くカットしても長い毛が生えてくる場合もあります。ポメラニアンの毛は毛同士が絡む事があり、トリマーさんにカットとシャンプーをお願いした場合、毛が絡んでいた場合、絡んだ毛を直す為に追加料金が掛かる場合があります。

のある色はゴールドのポメラニアンなので、多少性格が難しくでも、ポメラニアンの飼育に慣れている人は好んでゴールドのポメラニアンを選ぶ人も多いです。

黒色のポメラニアン

黒のポメラニアンは最近出てきた色のポメラニアンです。品種改良がなされているものの、無駄吠えはします。しかし一番おとなしいポメラニアンとも言えます。ポメラニアン=茶色というイメージが定着している時に黒色のポメラニアンは斬新でした。

その後のポメラニアンのに貢献した事は言うまでもないです。黒という色が好きで、茶色やゴールドのポメラニアンに愛着がない人向けの色になります。

白色のポメラニアン

一番、無駄吠えが多い色のポメラニアンになります。白はスピッツと勘違いされるほど、うるさいポメラニアンも多いです。ポメラニアンといったら、茶色かゴールドと思っている人は白色のポメラニアンはあまり選ばないようです。それは黒のポメラニアンを飼っている人にも言えます。

ポメラニアンの雑種別の性格の特徴

ポメラニアンと混血させる犬種はコーギーや柴犬が多く、ポメラニアンは混血にしないほうがよいと考える人は多いです。あまり、違ったイメージの犬種と混血してもポメラニアン自体の可愛らしさがなくなってしまうというイメージが強いので混血のポメラニアンを好んで飼う人は少ないです。

チワワとの混血の場合

ポメラニアン自体のわがままな性格がある程度、消えていき吠えない犬種となります。チワワとポメラニアンとのイメージが違うのであまり好んで混血させる人は少ないです。

プードルとの混血の場合

プードルというのはもともと、狩猟の時の犬として日本に入ってきました。プードルカットというのも水に入りやすく、鳥の獲物を探しやすい様にカットしています。

プードルとポメラニアンの混血はおとなしいくなる場合が多く、プードルとの混血はポメラニアンのイメージが崩れるので混血させる人は少ないです。コーギーや柴犬がポメラニアンとの混血の犬種として選ばれます。

ポメラニアンのしつけの方法

元々聡明なポメラニアンですから、上手にしつければトイレや食事のしつけはそんなに手間がかかりません。特にトイレのしつけはポメラニアンはしやすいです。決まった場所にポメラニアンの尿の匂いを残しておく様にすれば、決まった場所でトイレはしてくれます。元々綺麗好きのポメラニアンですから、トイレのしつけはしやすいです。

無駄吠えなどをしだしたら、他のことに興味を示す事をすることです。また食事のしつけはどんなに人間の食べ物を欲しがっても与えない事です。ポメラニアンの思い通りにさせず、こちらのペースに持っていく事が大切です。飼い主が一番偉いということを覚えさせます。

ポメラニアンとの生活は他の犬とは違う感動がある!

しつけや無駄吠えが多いポメラニアンですが、可愛らしさと知能の高さによる行動は他の犬では経験できないような感動を味わえ、飼って良かったと思える犬です。ポメラニアンの中でも初心者はメスのポメラニアンを飼うのが良いでしょう。

オスは顔が整っていますが、その分長生きで自我が強いので飼育に苦労している飼い主も多いですが、知能が高いポメラニアンは時々人間のような表情や優しい気持ちで飼い主に接する事ができます。家族思いという点では犬で一番忠誠心があります。

昨今、高齢者施設や医療の現場にも犬が取り入れられ、人々の心を癒しています。ポメラニアンは家庭での飼育を前提として飼育しましょう。きっと他の犬種では経験できない感動がきっとあることでしょう。

初回公開日:2017年09月26日

記載されている内容は2017年09月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related