Search

検索したいワードを入力してください

マルチーズとポメラニアンのミックス犬とは?性格や特徴なども紹介

更新日:2020年08月08日

愛玩犬の中でもの高いマルチーズとポメラニアン。この愛くるしい犬たちを掛け合わせて「良いとこどり」に成功したミックス犬が注目を集めています。この記事では、その性格や特徴などを紹介していきます。「飼ってみたいけど迷ってる」という方は参考にしてみて下さい。

マルチーズとポメラニアンのミックス犬とは?性格や特徴なども紹介
マルチーズとポメラニアンのミックス犬の被毛はポメラニアンの傾向を強く受け継いでいる場合が多いため、こまめなブラッシングが必要です。

ふわふわとしたダブルコートで毛量が多く、換毛期があります。春と秋になるとごっそりと毛が抜け落ちるようになるので、念入りにブラッシングしてあげましょう。

またマルチーズの要素が強く出た場合、長毛で毛が伸び続けることがあります。その場合はカットやトリミングも必要になるでしょう。

子犬の頃からブラッシングの習慣をつけておくと、楽にお手入れができるようになります。

注意点2:適度な運動量

親犬種であるポメラニアンは適度な運動を必要とする犬種ですが、もう一方のマルチーズは運動の必要があまりありません。

マルチーズとポメラニアンのミックス犬の運動量は、一日一回程度の散歩と室内での遊びで十分でしょう。

雨の日など、無理して外に連れ出す必要はありません。一緒に遊んであげると喜ぶので、室内でペット用のおもちゃやボールを使って遊んであげると良いでしょう。

時にはペット可の公園やドッグランなどで思いっきり走り回らせてあげましょう。他の犬と触れ合うことで、社会性も身につけることができます。

注意点3:吠え癖のしつけ

マルチーズとポメラニアンのミックス犬は警戒心が強く、初対面の人や犬に対して人見知りをすることがあります。

そのため吠え癖がつきやすい犬種として、注意が必要と言われています。吠え癖対策のポイントとなるのは、できるだけ早い段階での社会化トレーニングです。

子犬の頃から、外の世界にたくさん触れさせてあげましょう。いろんな人や動物、車や自転車などに慣れさせてあげることで社会性が身につき、警戒心を抑えることができます。

忠実で賢く物覚えも良い犬種なので、しつけはそれほど難しくないと言われています。

マルチーズとポメラニアンのミックス犬は比較的飼いやすい!

マルチーズとポメラニアンのミックス犬は容姿の可愛らしさもさることながら、両親犬種の性格の良いところや賢いところをしっかりと受け継いでいます。

小型犬なので日本の住宅事情にも合い、運動量も多くは必要としないこともあって、比較的飼いやすい犬種と言われています。

ただ、甘やかしすぎてわがままに育ててしまうと、後々苦労することになりかねません。甘やかさずに、きちんとしつけることが大切です。

愛情をもって接すれば、たっぷりの愛情で返してくれます。信頼関係を築くことで、良い家族となってくれるでしょう。

記載されている内容は2020年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related