Search

検索したいワードを入力してください

クリオネの怖い捕食シーン|怖い/悪魔/触手/回数

更新日:2020年09月30日

クリオネは捕食する際に、とても恐ろしい姿に変身します。知らずにクリオネの捕食シーンを見ると、恐怖を覚えてしまいそうになります。そんなクリオネとは、どのような生き物なのでしょうか?また、クリオネの捕食とはどのようなものなのでしょうか?

クリオネの怖い捕食シーン|怖い/悪魔/触手/回数

クリオネの捕食シーン

小さくて透明で、可愛らしい姿をしているクリオネはとてもがあります。中には、ペットとして飼っている人もいます。ペットとして飼うのであれば、当然エサをあげないといけません。

しかし、クリオネが捕食するシーンは、その見た目とは全くの逆で、捕食の際はとても恐ろしい姿に変身します。知らずにクリオネの捕食シーンを見ると、恐怖を覚えてしまいそうになります。そんなクリオネとは、どのような生き物なのでしょうか?また、クリオネの捕食とはどのようなものなのでしょうか?

クリオネとは?

クリオネの体長は1cmほどです。大きくても3cmほどです。クリオネを映像でしか見たことがない人が、初めてクリオネを見ると、その小ささにまた可愛らしいという感想を持つ人が多いです。

外見は体の左右に羽のようなものが付いていて、この羽をパタパタと動かすことで、水中を泳ぎます。水中ですが、まるで本当に羽でふわふわと飛んでいるかのような見た目もすごく可愛らしいです。

また、クリオネは体が透明で、なんとも神秘的な見た目をしています。その特徴から、流氷の天使と呼ばれたりもします。そんなクリオネの正体は貝です。貝の仲間ですが貝殻は持っていません。透明な見た目は外敵に見つかりにくいようにするためと考えられています。

生息地

クリオネの生息地は北極や南極といった、とても寒い海に住んでいます。なので、流氷の天使や、氷の妖精などと呼ばれたりします。また、日本でもオホーツク海の方ではクリオネを見ることができます。

雌雄同体

貝のほとんどは雌雄同体です。貝の仲間であるクリオネも雌雄胴体です。雌雄同体はオスとメスの生殖機能を1匹で両方持っています。貝の中でも巻貝という種類と、あとはカタツムリやウミウシなども雌雄同体です。

全ての雌雄同体に当てはまるわけではありませんが、雌雄同体の生き物は自家受精を行うことによって繁殖します。つまり、自分で卵子と精子を放出して受精させます。効率の良い繁殖方法に思えますが、自家受精で繁殖する生き物の子供は成長が悪いということがわかっています。

クリオネの繁殖

雌雄同体には自家受精を行って、繁殖する物もいますが、他の生き物と同じように2匹で繁殖する雌雄同体もいます。クリオネは2匹で繁殖を行います。

クリオネが繁殖するときは2匹がお腹をくっつけます。そして、どちらかがオスの役割をして、もう一方がメスの役割となり、繁殖行為をします。メスの役割をした方のクリオネの体の中には卵が作られることになります。

ちなみに、カタツムリやナメクジなども2匹で繁殖行為をします。クリオネと違う点は、お互いに精子を交換し合って、2匹とも妊娠します。クリオネや、カタツムリなどが自分だけで産卵できる自家受精ではなく、2匹で繁殖を行うのは遺伝子のパターンを多様化するためと言われています。

クリオネの産卵

クリオネは生殖行為から産卵まで、わずか数時間しかかかりません。メスの役割をしたクリオネはゼリー状の卵を体外に排出します。一度に産卵される卵は100個から1000個ほどです。クリオネの体長は1cmちょっとなので、その体からこれだけの卵の数が産卵されるとなると、多く感じます。

産卵された卵はわずか3日ほどで孵化します。生まれたばかりのクリオネの幼生はプランクトンを食べて成長します。生まれてから約1年ほどで大人になります。クリオネの寿命は2年から3年ほどです。

クリオネの捕食

幼生のときはプランクトンを食べて成長するクリオネですが、大人になれば食べ物も変わります。ですが、実はクリオネには、まだまだわからないことも多く、捕食についてもよくわかっていません。

クリオネは食事をしなくても平気

クリオネが普段は何を捕食しているのか?、これがわからないのは理由があります。それはクリオネがほとんど捕食をすることがないからです。クリオネは寿命は2、3年に対して、1年もの間、絶食することができます。なので、クリオネは大人になってから、たった数回しか捕食をしません。
次のページ:クリオネの捕食シーン

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related