Search

検索したいワードを入力してください

飼いやすいの金魚14種類!寿命や価格と飼育難易度も紹介

更新日:2020年09月29日

金魚は何種類いるの?どの種類でも飼育できるの?どれくらい大きくなるの?など、金魚を飼う前に各種類の金魚の特徴を紹介します。自宅の水槽に入れたい金魚を見つけて、ペットショップやホームセンターへ金魚を探しに行ってみましょう。

飼いやすいの金魚14種類!寿命や価格と飼育難易度も紹介

金魚の種類はどれくらいある?

金魚の種類は約100種類います。金魚すくいで定番の赤い金魚や、品評会などに出品される金魚の中でも値段の高価な金魚,見た目がかわいい金魚、など現在も金魚を掛け合わせて新種が発表されています。

金魚の種類の見分け方は、体型、体色、ヒレの形、の特徴を品種ごとに分けています。金魚には飼いやすさの難易度があり初心者向けの金魚から難易度が高い金魚まで幅広くいます。

これから、金魚種類について紹介していきます。

ワキン型

和金(ワキン)は金魚の原点となる品種で、フナの体型に近い金魚です。他の金魚に比べると丈夫な金魚で大きくなり泳ぎが得意な金魚です。

また、この品種は観賞魚店やペットショップ、お祭りの金魚すくいで見る機会が多く、価格も安いため初心者が始めて飼う金魚種類です。

リュウキン型

リュウキン(琉金)は体高があり尾が大きく広がっている丸い金魚です。泳ぎはあまり上手ではなく体をフリフリして泳ぐ姿がカワイイ金魚です。

金魚のカラーバリエーションも多く好みの色を見つけられるので金魚です。また、改良品種で尾が長かったり、短かったりする個体もいます。

ランチュウ型

ランチュウ型は背ビレが無く各ヒレも短く泳ぎ方も体をフリフリしながら泳ぐのがこの金魚の特徴です。金魚の王様とも呼ばれ、ランチュウ愛好家が多く、色、形、大きさなどを競う品評会も開かれています。

金魚の種類では、飼育の難易度が高い部類に入ります。ですが、その飼育の難しさや、より形の良いものを繁殖する楽しさにハマり愛好家になるランチュウファンも多いです。

飼いやすい金魚の種類1:和金

和金は丈夫で病気にかかりにくい金魚で初心者の方でも飼育しやすい種類の金魚です。

身近なところでは、祭りの縁日などで金魚すくいで見かけます。初心者の方には飼育しやすい金魚なので種類です。
飼育の難易度入手の難易度価格寿命大きさ
飼いやすい簡単100円~5~10年10㎝前後

和金の特徴

和金は金魚の中でも、よく見かける事のある種類で、ペットショップでは飼育用や大型魚のエサとして売られており、この金魚の種類は縁日の金魚すくいでも見かけます。

丈夫な種類なので長期飼育が可能です。
価格も100円前後で売られていることが多く、初心者でも手軽に飼育できる金魚です。

和金の大きさは平均で10㎝前後、寿命は5年~10年です。
中には飼育環境が良く10㎝以上大きくなり、10年以上長生きする個体もいます。

飼いやすい金魚の種類2:蘭鋳

次のページ:飼育しやすい金魚の種類3:ピンポンパール

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related