Search

検索したいワードを入力してください

ブラックアロワナの特徴は?飼育に必要なものや飼育方法について紹介

更新日:2022年11月18日

ブラックアロワナをみて、魚体の美しさと大きさに見とれたことのある人もいるのではないでしょうか。実はブラックアロワナは必要な備品さえあれば家で飼育することが可能な魚です。大きな魚体がライトアップされた水槽の中を優雅に泳ぐ様子はみてて迫力満点ですよ。

ブラックアロワナの特徴は?飼育に必要なものや飼育方法について紹介
「ブラックアロワナって家で飼うことはできるのかな?」
「アロワナにも色々種類があるけれど、どんな違いがあるのかな?」
「ブラックアロワナを飼いたいけれど、必要なものはなんだろう。」
見た目に美しくて、迫力のあるブラックアロワナに興味を持ったことのある人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ブラックアロワナについての様々な知識や実際に飼育するために必要なものや、飼育方法について紹介しています。その他にもブラックアロワナの近縁種であるシルバーアロワナとの違いについても解説しています。

この記事を読むことで、ブラックアロワナを飼育するために用意するべき備品の準備や、餌やりの方法についてなど必要な知識を得ることができますよ。

アロワナの中でも比較的おだやかな性格のブラックアロワナですが、家の中にいながら大きな水槽で優雅に泳ぐ魚の姿をみると、おだやかな時間をすごすことができるのではないでしょうか。

ぜひこの記事を参考にブラックアロワナについて知ってみてください。

ブラックアロワナの特徴

ブラックアロワナの特徴は?飼育に必要なものや飼育方法について紹介
ブラックアロワナは入手しやすくその見た目のかっこよさや、おだやかな性格のため、混泳できる魚としてとても人気があります。

稚魚の時には、黒と茶色の魚体に一本の黄色のラインが入った、鮮やかな色合いが特徴的ですが、成長とともにその色合いは徐々に変化していきます。魚体は銀色へと変化し、ヒレの先はオレンジ色へと幼体の時とは全く異なる色合いの成体になります。

そんな見た目にも楽しめる、ブラックアロワナの特徴について、さらに詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックアロワナの大きさ

ブラックアロワナは、野生であれば100cm以上に成長する魚ですが、水槽で飼育すると、水槽のサイズや餌によりますが、最大でも70cmほどで成長が止まる個体が多いです。

きちんとした管理下で育てると、半年で約40cmほどの大きさに成長します。約3年の飼育で成体となり、70cmほどに成長します。体高は20cm以上にもなり、成体になると迫力のある姿をみることができます。

ブラックアロワナの寿命

ブラックアロワナの寿命は約10年から15年程度です。ただし、飼育の環境によってはとても長生きするので、20年ほど生きた個体もいます。

ブラックアロワナを飼育する時はできるだけ大きな水槽を用意し、必要な備品をそろえることが必要です。

水質の悪化等が原因でストレスがかかると病気になりやすく、逆にストレスが少ない環境であれば長生きする傾向にあるので、大きな水槽で水質を整えたりと、ストレスを与えず飼育することが大切です。

ブラックアロワナの分布

ブラックアロワナは、南アメリカに生息していています。

アマゾン川の支流であるネグロ川や、ブランコ川、エセキボ川上流といった、河川の流れがおだやかで水質の綺麗な水域に分布しています。

ブラックアロワナの種類

ブラックアロワナには、魚体の色が異なることで、「ブルーブラックアロワナ」や「プラチナブラックアロワナ」といった別名で販売されていることがあります。

ブルーブラックアロワナは、通常のブラックアロワナと比べると、銀色のウロコが少し青く輝いていることが特徴です。ただし、成魚になると、通常のブラックアロワナとの違いはほとんどありません。

プラチナブラックアロワナは、白く輝くプラチナという名前がぴったりの色合いです。プラチナブラックアロワナの幼魚の時には、通常のブラックアロワナの幼魚に特徴的な黄色いラインが、白であることから見分けがつきます。

シルバーアロワナとの違い

ブラックアロワナの近縁種として、「シルバーアロワナ」がいます。アロワナの中でも体が大きく、その名前の通りに全身が銀色のうろこで覆われていて、成体になると全体が赤みがかってくるのが特徴です。

シルバーアロワナに比べてブラックアロワナは、水質などの環境の変化に弱くシルバーアロワナを飼育するよりも、気を付けて飼育する必要があります。

成体になるととてもよく似ている、ブラックアロワナとシルバーアロワナですが、大きさや体色に少しずつ違いがあります。

どのような違いがあるのか紹介するので、見比べてみてください。

大きさ

シルバーアロワナは、ブラックアロワナに比べて、とてもたくさんの餌を食べます。その分体もぐんぐん大きくなり、ブラックアロワナが1年で40cm程度に成長するところを、シルバーアロワナは1年で60cmもの大きさに成長します。

飼育されている成体のブラックアロワナで60~70cm程度シルバーアロワナで90cm程度に成長するので、シルバーアロワナを飼育する際には、ブラックアロワナよりも一回り大きな水槽が必要になります。

野生では、ブラックアロワナが約1m程度ですが、シルバーアロワナは約1m20cm程となり、ブラックアロワナよりも一回り大きな全長が特徴です。

体色

ブラックアロワナは幼体の時は黒っぽい体色に黄色のラインが特徴的で、成体のになると全体が銀色へと変化していきますが、シルバーアロワナの体色は、幼体の時から成体と変わらず銀色の体色が特徴的です。

幼体の時には、ブラックアロワナとシルバーアロワナの見分けは容易につきますが、成体になってからは似たような体色をしているため、見分けがつきにくくなります。

成体になってからの見分け方でわかりやすいのは、ヒレの部分です。ブラックアロワナの方が、シルバーアロワナに比べて鮮やかな色合いです。シルバーアロワナはヒレの先の色が青みがかっていますが、ブラックアロワナはヒレの先がオレンジ色をしているのが特徴です。
次のページ:ブラックアロワナの飼育に必要なもの

初回公開日:2022年09月27日

記載されている内容は2022年11月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related