Search

検索したいワードを入力してください

ローズヘアータランチュラは慣れやすい?値段や飼育に使うアイテムを紹介

更新日:2022年09月08日

ローズヘアータランチュラを飼育することは難しいのでしょうか。この記事ではローズヘアータランチュラの特徴や飼育するためのアイテム、値段などについて紹介しています。自宅でローズヘアータランチュラを飼育してみたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

ローズヘアータランチュラは慣れやすい?値段や飼育に使うアイテムを紹介
「タランチュラって飼育しても大丈夫?」
「ローズヘアータランチュラはどんなクモなの?」
「ローズヘアータランチュラに必要なアイテムって何?」
このような疑問を抱いてどうしようかと考えている方はいるのではないでしょうか。

ローズヘアータランチュラは日本でもペットとして飼育できるクモの一種ですが、ローズヘアータランチュラの特徴について知っていますか。

本記事では、ローズヘアータランチュラの値段や飼育に使用するアイテムなどについて紹介しています。

この記事を読むことで、ローズヘアータランチュラをペットとして飼育する際に必要なことやアイテムなどについて理解できるようになります。

ローズヘアータランチュラのようなクモを飼育してみたいという方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

ローズヘアータランチュラの特徴とは?

ローズヘアータランチュラは、クモ目オオツチグモ科に属していて、別名が「チリアン・コモン」、「チリアン・フレーム」と呼ばれているクモです。タランチュラの中では小さめで、体長は約6cm、足を広げた状態で10cmくらいになります。

頭部は美しい赤みを帯びているのが特徴で、乾燥を好み、低い毒性を持っているので注意が必要です。また、全身に体毛が生えている種類のクモで、チリやアルゼンチンなど、南米に生息しています。

比較的初心者でもペットとして飼育しやすい種類のタランチュラです。ここでは、ローズヘアータランチュラの特徴について紹介します。

性格と慣れやすさ

ローズヘアータランチュラの性格は、温厚でおとなしく、無理に触るようなことをしなければ攻撃してくることはないでしょう。慣れてくればスキンシップも可能ですが、毒性があるので取り扱いには注意してください。

寿命

ローズヘアータランチュラの寿命はオスとメスでかなり違います。ローズヘアータランチュラのオスは2年程度の寿命となっていますが、メスの寿命は長く、10年程度になります。

ローズヘア—タランチュラの販売場所と値段

ローズヘアータランチュラを取り扱っているのは、おもに爬虫類などを販売しているショップです。また、愛好家の中にはローズヘアータランチュラを繁殖させてオークションなどで販売している方もいます。

値段としては、オスが1,000円前後、メスが3,000円前後で購入できるようになっています。

ローズヘアータランチュラの飼育に使うアイテム

ローズヘアータランチュラを飼育する場合、さまざまなアイテムが必要になります。たとえば飼育をするためのケージはどうしても必要ですし、ほかにも飼育に必要なアイテムは揃えておく必要があるでしょう。

ここでは、ローズヘアータランチュラの飼育に使うアイテムについて紹介しています。参考にしてみてください。
  • 飼育ケージ
  • シェルター
  • 床材
  • パネルヒーター
  • 水入れ

飼育に使うアイテム①飼育ケージ

ローズヘアータランチュラが逃げてしまうと大変なことになるので、確実に蓋ができる飼育ケージが必要です。タランチュラのような毒性があるクモを飼育する第一条件となるのが、絶対に脱走できないようにすることです。

飼育するケージは、脱走しないようにしっかりと蓋ができるプラケースなどがおすすめです。

飼育に使うアイテム②シェルター

ローズヘアータランチュラを安心させる効果が期待できるシェルターも必要なアイテムです。割れた植木鉢などでも良いので、隠れるのにちょうど良い大きさのアイテムを用意しましょう。

飼育に使うアイテム③床材

ローズヘアータランチュラを飼育する際には床材も必要です。床材はヤシガラやバキュームライト、ピートモスなどを床材として使用します。

また、カブトムシやクワガタ用の床材も問題なく使えます。
次のページ:餌の与え方

初回公開日:2022年08月10日

記載されている内容は2022年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related