Search

検索したいワードを入力してください

【動物別】色で判断できる性格|犬/猫/セキセイインコ

更新日:2020年09月26日

動物の色で判断できる性格について、犬は、チワワやミニチュアダックス、ミニチュアシュナウザー、フレンチブルドッグ、ラブラドールレトリバーといった犬種別に、その他、猫やセキセイインコ、チンチラといった動物などについても解説。

【動物別】色で判断できる性格|犬/猫/セキセイインコ

【動物別】色で判断できる性格

「名は体を表す」という言葉や、「人は見た目が9割」という本が一時期流行ったことなどからもわかるように、見た目の第一印象で、人間は相手を判断しがちです。

相手が動物の場合だと、色の違いがある位で、その性格までは判断づらいものがあります。犬や猫、あるいは小鳥など、動物の色の違いで、その動物の性格まで判断できるものなのでしょうか。

犬の色で判断できる性格

犬の場合は、その犬種の多さ、また、犬種ごとの色のバリエーションなど、他の動物以上に多彩です。犬種ごとの性格については、専門の書物やサイトなどで多く解説されていますが、犬種の中の、さらに色まで細かく分けた場合、その性格まで判断できるのかを解説します。

チワワ

例えば「茶色のチワワ」と言っても、赤身がかった茶色を指す「レッド」、金色がかった薄い茶色を指す「フォーン」、薄い茶色の中に黒い毛の混ざった「セーブル」、いわゆるこげ茶色を指す「チョコレート」とさまざまな種類があります。

また、茶色以外にも、ホワイトやブラックといった単色以外にも、あるいは2色の異なった毛色の混ざった「トライカラー」や、3色以上の異なった毛色の混ざった「パーティーカラー」など、数えきれないほどの毛色の種類があります。

また、チワワの毛色は、子犬の時と成犬の時とで色が変わる場合も多く見られ、チワワの毛色そのものは、親犬の遺伝によるものとされています。

チワワが毛の色にっよって性格が違うということはない、というのが根強い説となっていますので、毛色によって性格が違うというのは、毛の色が変わったことによる影響などが考えられます。

ミニチュアシュナウザー

もともと、ネズミや害虫の駆除を目的として、飼育されてきたミニチュアシュナウザーの性格は、勇敢で好奇心旺盛、社交性がありつつも警戒心を持つ性格とされているのが一般的ですが、オスの方が勇敢な性格がより強く、メスの方は少し落ち着いている傾向が伺えます。

ミニチュアシュナウザーの毛色は、「ソルトアンドペッパー」「ブラックアンドシルバー」「ブラック」「ホワイト」の4種類に分類されます。

前述の4種類の毛色のうち、「ソルトアンドペッパー」「ブラックアンドシルバー」「ブラック」の3種類は比較的多くみられる毛色ですが、「ホワイト」はあまり見かけない珍しいタイプの毛色となります。

性格的には、他の毛色のミニチュアシュナウウザーと比べ、依存心が強く、臆病な犬が多い傾向にあります。

ミニチュアダックス

ミニチュアダックスを飼育するにあたり、情報を集めていくと、「ミニチュアダックスは毛色にが違えば性格も違う」という噂に突き当たり、実際に、ミニチュアダックスの愛好家の間でも、有名な噂としてまかり通っています。

一般的に多く言われている「毛色が濃いから気が強い」や「毛色が薄いから優しい」、といった違いは生じないというのが、多くのブリーダーさんの見解です。

ただ、ミニチュアダックスの場合、毛並みによって性格が違うことはあるそうで、ロングヘア―の種類は、掛け合わされているスパニエル種の温厚さを、ワイヤーヘアーの種類は掛け合わされているテリア種の活発さと気の強さを、それぞれ受けついでいる傾向にあります。

もっとも歴史の古いスムースヘアーの種類は、ダックス本来の活発で警戒心の強い性格をそのまま受け継いでいます。

フレンチブルドッグ

フレンチブルドッグの場合、その見た目からか、色によってフレンチブルドッグが受ける見た目の印象の違いが、色によって性格が違うかのように印象を持たせている傾向があります。

茶系の「フォーン」、同じフォーンでも顔だけが黒い「ブラックマスク」、白をベースに部分的に黒い模様の入った「パイド」、同じパイドでも白と茶色の「ハニーフォーン」、ほぼ黒一色の「プリンドル」、プリンドルでも明るい毛色が縦模様にはいった「タイガープリンドル」、白を基調とした「クリーム」など、さまざまな毛色を持った種類がいます。

同じフレンチブルドッグでも、プリンドルは精悍な印象を受け、クリームはとても優しい印象を受けます。また、クリームの場合は、表情の変化がわかりやすいことから、感受性が豊かな印象を受ける傾向もあります。

ラブラドール

毛色による性格の違いというのは、前述の犬種も含め、いくつかの犬種で言われてきたことなのですが、訓練士さんなどのお話では、ラブラドールレトリバーでは毛色による性格の違いが出るという傾向が見受けられます。

ラブラドールレトリバーの毛色は、イエロー、ブラック、チョコレートの3種類ですが、それぞれ3色が違うと言うより、イエローとブラック&チョコレートという構図での、2極的な性格の違いに分かれます。

イエローのラブラドールレトリバーは、一般的にとても明るくやんちゃな面がある、陽気で活発な性格をしています。

対して、ブラックおよびチョコレートのラブラドールレトリバーは、人懐こく明るい性格ではあるものの、陽気さと活発さの度合いは、イエローのそれに比べてかなり強力です。また、動きも常にせわしなく常に動いている印象を受けます。

キャバリアなど

キャバリアでは、ブレン系の毛色は大人しくて、ブラウンはやんちゃな性格であるとか、あるいはトイプードでは、レッド系の毛色が穏やかな性格で飼育しやすいといった、他の犬種でも、前述の犬種のように、毛色によって性格に違いがあるといった説が多く流れています。

たまたま、その毛色の種類に似たような性格が多いために、性格がこうだという説が流れた場合も多く、その色だからこういう性格、という決めつけの上での飼育は、軽率な行動に繋がります。

飼育前にブリーダーさんなどに、飼育しようと考えている犬の性格を聞いておくことが一番でしょう。

猫の色で判断できる性格

次のページ:セキセイインコの色で判断できる性格

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related