Search

検索したいワードを入力してください

うさぎは多頭飼いすることができる?相性や気をつけたいことを紹介

更新日:2022年09月06日

飼ってるうさぎが一羽でさみしそうだからもう一羽飼おうと思っている人もいるのではないでしょうか。この記事ではうさぎの多頭飼いはできるかどうか、うさぎ同士の相性、気をつけたいことなどについて解説しています。うさぎの多頭飼いを考えている人は是非参考にしてください。

うさぎは多頭飼いすることができる?相性や気をつけたいことを紹介
「飼っているうさぎが一羽でかわいそうだから、もう一羽飼おうと思っているけれどうさぎって多頭飼いできる?」
「うさぎを多頭飼いする際の性別の相性が知りたい」
「うさぎを多頭飼いする際に気をつけることはある?」
うさぎを一羽で飼っていると仲間がいなくてかわいそうと思う人もいるでしょう。

しかし、かわいそうだからという理由で多頭飼いをするのはおすすめできません。

本記事ではうさぎの多頭飼いができるのかということや、多頭飼いすることのメリット・デメリット、性別による相性などについて解説します。

記事を読むことでうさぎの多頭飼いができるかどうかや、多頭飼いがおすすめできないといわれる理由、相性などについて知ることができるでしょう。

また、うさぎを多頭飼いする際に気をつけたいことも併せて解説しています。うさぎの多頭飼いを検討している人は是非参考にしてみてください。

うさぎの「多頭飼い」の定義

一羽で飼っているとうさぎが寂しそうという理由から、うさぎの多頭飼いを考える人もいるでしょう。このときの多頭飼いとは、基本的にうさぎのケージは分けるけれど、部屋での散歩は一緒にさせるということを指します。

うさぎは縄張り意識の強い生き物であるため、同じケージで複数のうさぎを飼うとうさぎに強いストレスを与えてしまうでしょう。そのため多頭飼いするといっても同じケージで飼育するのは避けてください。

うさぎは多頭飼いすることができる?

結論から言うと、難易度が高いもののうさぎを多頭買いすることはできます。うさぎは単独行動を好み、縄張り意識が強い生き物です。

うさぎを一羽で飼っていると寂しそうだからという理由で多頭飼いを考える人もいますが、うさぎにとっては一羽だから寂しくて二羽以上いれば楽しいというわけではありません。

二羽以上飼うことによってうさぎのお世話が行き届かなくなれば、うさぎにとってストレスとなることもあるのです。

また多頭飼いする場合、同じケージで飼うことはうさぎにとって強いストレスとなるため、必ずケージは別々にするようにしましょう。

うさぎの多頭飼いがおすすめできないといわれるわけ

うさぎは多頭飼いすることができるものの、多頭飼いするのが難しいと言われるのには理由があります。

ここではうさぎの多頭飼いがおすすめできないといわれるわけについて見ていきましょう。

縄張り意識が強い動物だから

うさぎの多頭買いがおすすめできないといわれるのは、うさぎが縄張り意識の強い動物だからです。

縄張り意識は成長するにしたがって、どんどん強くなる傾向があります。野生のうさぎは縄張りを守るために死ぬまで戦うことも多いです。

そのためうさぎを多頭飼いして一緒に部屋の中を散歩させたり遊ばせたりするときには、必ずうさぎから目を離さないようにしましょう。

お世話の費用や頻度が増えるから

飼育するうさぎの数が増えることで、当然ながらお世話の頻度や費用が増えることになります。うさぎは縄張りに入ってくる生き物に臭いの強いおしっこやフンをかける習性があるため、多頭飼いすることで頻繁に掃除が必要になるでしょう。

また、うさぎが思いがけないケガや病気をしたときのための治療費も、一羽のときより多めに用意しておく必要があります。ほかにも餌代など、単独で飼うよりもお世話に必要な費用が増えることは必然と言えるでしょう。

病気がうつってしまうリスクがあるから

うさぎを多頭飼いすることで、後から飼ったうさぎが先に飼っていたうさぎに病気をうつしたり、反対に先に飼っていたうさぎが後から飼ったうさぎに病気をうつしたりする可能性があります。

多頭飼いをすることで、健康面でも悪影響を及ぼす可能性があるということを知っておきましょう。

また、うさぎはケガや病気を周りに気づかれないよう隠すため、健康チェックは入念に行うようにしてください。

うさぎを多頭飼いするメリット・デメリット

うさぎを多頭飼いすることにはどのようなメリットやデメリットがあるのかを知りたいという人もいるでしょう。

ここではうさぎを多頭飼いするメリットとデメリットについて解説するため、うさぎの多頭飼いを検討する際の参考にしてみてください。

メリット

次のページ:うさぎを多頭飼いするときに重要となる相性

初回公開日:2022年08月27日

記載されている内容は2022年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related