Search

検索したいワードを入力してください

レオパベビーの飼い方は?飼育環境や餌の与え方・注意点なども解説

更新日:2022年09月08日

レオパベビーを飼う時に注意しなければならないことをご存知でしょうか。本記事では、レオパベビーを飼うために必要なアイテムや初心者は飼うことができるのかを紹介しています。レオパベビーに興味があり、飼おうか迷っている人はぜひチェックしてみて下さい。

レオパベビーの飼い方は?飼育環境や餌の与え方・注意点なども解説
レオパベビーを飼いたいけど、どうやって育てればいいのか知りたい人やレオパについて詳しくない人でも飼えるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、レオパベビーを飼う前に揃えたい5つのアイテムや飼うために知っておくべき注意点に加え、初心者はレオパベビーを飼うことができるのかについても紹介しています。

この記事を読むことで、レオパベビーを飼う前に知っておくと役立つことや、何に注意しなければならないのか把握でき、安心してレオパベビーを迎える準備ができるでしょう。また、初心者はレオパベビーを飼うことができるのかという疑問を解消することができます。

レオパベビーを飼いたいと思っている人は、ぜひチェックしてみて下さい。

レオパのベビー期はいつからいつまで?

レオパは成長にともないベビー、ヤング、アダルトと3つに分けられることが一般的です。

ベビー期は、生後3ヶ月~6ヶ月と言われています。

実はベビー期はいつまでと明確に決まっておらず、飼育者によって異なるため、ベビーからヤングの期間は曖昧です。

レオパのベビー期については、人によって異なるものの長くても約6ヶ月までと言えます。

レオパベビーをお迎えするために必要なアイテム

レオパベビーを飼いたいけど、はじめに何をすればいいのか分からないで困っている人もいるでしょう。

レオパベビーを飼う前にしなければならないことは、必要なアイテムを揃えることです。

どんな生き物を飼う場合でも、育てる環境を整えなければなりません。

レオパベビーを飼うために必要なアイテムを5つ紹介するので参考にしてみて下さい。
  • 飼育容器(ケージ)
  • 隠れ家(シェルター)
  • 保温器具
  • 床材

飼育容器(ケージ)

爬虫類を飼うなら飼育するためのケージが必要です。

レオパは大人になると体長20㎝ほどの大きさになりますが、ケージはそれほど大きくないサイズで問題ありません。

フロントドアが付いてるケージは、掃除や給餌がしやすいため、はじめてレオパを飼う人におすすめです。また、フロントドアや天井にはロック機能が付いているケージだと、脱走の心配がありません。

隠れ家(シェルター)

レオパを飼育するには、身を隠すことのできるシェルターが必要です。

もともとレオパは、枯葉の下などに隠れて生活しているため、隠れる場所がないとストレスになってしまいます。シェルターは、落ち着ける場所とも言えるでしょう。

おすすめのシェルターは、上に水を溜めれるタイプです。水を溜めることで湿度を維持することに役立ちます。
次のページ:レオパベビーに餌を与える際の注意点は?

初回公開日:2022年08月10日

記載されている内容は2022年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related