Search

検索したいワードを入力してください

ボールパイソンの「バナナ」の特徴とは?掛け合わせてできるモルフも解説

更新日:2022年08月06日

ボールパイソンのバナナをご存じですか?バナナの様な黄色い体に、黒い斑点を持つ、人気の高いモルフです。この記事では、そんなバナナの特徴について詳しく紹介しています。ボールパイソンのバナナに興味がある方は、ぜひこの記事をチェックしてください。

ボールパイソンの「バナナ」の特徴とは?掛け合わせてできるモルフも解説
「ボールパイソンのバナナってどんなモルフなの?」
「ボールパイソンのバナナは一体どれくらいで販売してるのかな?」
「ボールパイソンのバナナとコーラルグローとの違いは何?」
このように、ボールパイソンのバナナについて詳しく知りたい方もいるのではないでしょうか。

この記事では、ボールパイソンのモルフの中でも特に人気の高い、バナナの特徴をはじめ、掛け合わせると相性がいいモルフや、バナナとコーラルグローの違いなどについて詳しく紹介しています。

記事を読むことで、バナナの魅力や特徴について、詳しく知ることができるでしょう。

ボールパイソンに興味がある方や、バナナについて詳しく知りたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

「バナナ」はボールパイソンのモルフの一つ



ボールパイソンには様々な種類のモルフがあります。モルフとは、体の色や模様の表現が遺伝的に確立された品種のことです。

品種改良を繰り返し、様々なモルフを掛け合わせることによって、新しい色や模様を持つ、数多くのモルフが作られてきました。

ボールパイソンのバナナは、体の色がフルーツのバナナの様に黄色いことが特徴です。

見た目の可愛さと入手性の良さから、モルフの中でも特に人気となっています。

「バナナ」の4つの特徴

ボールパイソンのバナナには、模様や遺伝子などにさまざまな特徴がみられます。

ここでは、ボールパイソンのバナナの4つの特徴について詳しく解説しますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。
  • 黄色い体に黒い斑点の模様
  • 共優性遺伝子を持つモルフ
  • オスの方が多い
  • 値段は比較的安い

1:黄色い体に黒い斑点の模様

ボールパイソンのバナナは、その名の通りバナナの様な黄色い体に、黒い斑点模様があるのが特徴です。

黒い斑点は成長に伴い出てきて、メスに比べてオスの方が多く出ます。

また、バナナの子どもは、オレンジの色味が加わり、鮮やかな色をしていてとてもきれいです。オレンジの色味は大人になると落ちついてきます。

2:共優性遺伝子を持つモルフ

共優性遺伝とは、遺伝子座の該当遺伝子が一つしかない場合でも、形質が表現されるというものです。

そして該当遺伝子が二つ揃うと、表現がより濃くなるため、その状態の個体はスーパー体と呼ばれます。

ボールパイソンのバナナも、その共優性遺伝子を持つモルフです。バナナのスーパー体は、スーパーバナナと呼ばれています。

3:オスの方が多い

ボールパイソンのバナナは、繁殖した際にオスしか生まれないという遺伝的性質を持つ、malemakerだと言われています。

そのため市場で売られているバナナはオスが多く、メスはオスに比べて価格が高くなっています。

4:値段は比較的安い

価格は約3万円です。

珍しいモルフになると50万円以上するものもあるので、ボールパイソンのバナナはモルフの中でも比較的安く、手に入れやすい個体といえます。
次のページ:「バナナ」と掛け合わせると相性がいいモルフとは

初回公開日:2022年08月06日

記載されている内容は2022年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related