Search

検索したいワードを入力してください

イシガメの餌の種類は?おすすめの商品や食べないときの対処法なども紹介

更新日:2022年09月08日

イシガメがどんな餌を食べるのかご存じでしょうか。この記事ではイシガメの食性を踏まえてどんな餌を与えればいいのかを解説しています。イシガメの餌としておすすめの商品も紹介しているので、飼育初心者の方やこれからイシガメを飼われる方は是非チェックしてみてください。

イシガメの餌の種類は?おすすめの商品や食べないときの対処法なども紹介
「イシガメって何を食べるの?」
「カメ用の餌はいろいろ売っているけど何を選べばいいの?」
「どのくらい餌をあげればいいの?」
イシガメを飼おうか迷われている方は、こんな疑問をお持ちではないでしょうか。

この記事ではイシガメが食べる餌の種類や、ペットショップなどで販売されている商品の中で特におすすめの餌を紹介し、餌やりのポイントの解説をしています。

この記事を読むことで、イシガメの餌について詳しく知ることができ、イシガメ飼育初心者の方でも自信をもって飼育を始めることができるようになります。

また万一イシガメが餌を食べなくなってしまった場合の対処法も紹介しているので、すでにイシガメを飼育されている方の参考にもなるでしょう。

カメは頭が良く人に慣れやすいため、ペットとしてとても人気があります。イシガメ飼育を始める際には、是非この記事を参考にしてみてください。

イシガメの食性とは?

餌の紹介の前に、まずはイシガメについて学びましょう。
イシガメは日本の固有種で、国内の川や池、湿田、湖などに生息しています。
環境の変化や乱獲、また他種のカメとの交雑でその数は年々減少しているそうです。

雑食なので自然界では魚やカエル、昆虫、エビやカニなどの甲殻類、ミミズ、動物の死骸、植物など実にさまざまなものを食べて生きています。
時には他のカメが産卵した卵も食べてしまうそうです。

水の中と陸地の両方で餌を探すことができるので、幅広い種類のものを食べることができます。

また気温が下がる冬場は、水の中や石、枯れ葉の下に潜って冬眠をします。
その間は餌は食べません。

イシガメの餌の種類


イシガメは雑食で野生ではさまざまなものを食べているということがわかりました。
それでは飼育下ではどんな餌を与えればいいのでしょうか。

メインは人工餌を与えるのがおすすめです。
ただ同じ餌ばかりを与えているとその餌に飽きて拒食になってしまったり、栄養バランスが偏って病気になってしまうこともあるので色々な餌をバランスよく与えるのがいいでしょう。

人工餌以外にもイシガメの好物であるエビや昆虫を乾燥させたものや、生き餌が販売されているのでそれぞれの特徴を解説していきます。

人工飼料

人工飼料は扱いやすいので、メインの餌として使うのがおすすめです。
カメが必要とする栄養のことを考えて作られたものなので、それだけでもイシガメを育てることができます。

カメ用の人工飼料が特にいいのですが、鯉の餌やリクガメ用の餌でも代用が可能です。
その場合はできればカメ用の餌と混ぜながら使うのがいいでしょう。

餌を与える量は、「カメの頭の大きさ1~3個分」を目安に与えます。
もし余るようであれば次からは量を減らすなどの調節をしましょう。

ペットショップやホームセンターに行くとカメ用の餌がいろいろ販売されています。
中には他の商品と比べ安いけど中身が粗悪といった商品が販売されていることもあるので、購入する際には注意が必要です。

乾燥飼料

エビやコオロギなどを乾燥させたもののことです。
人工飼料より食いつきがよく、実際に生きているエビやコオロギを与えるのに抵抗のある方には
扱いやすくおすすめです。


乾燥飼料だけを与えるのはイシガメにとっては良くありません。
それだけでは栄養が偏ってしまうため、おやつとして与えたり食欲がないときに与えるような
使い方がいいでしょう。

コオロギなど昆虫の乾燥飼料はトカゲの餌にもよく使われるので、爬虫類用品のコーナーで販売されていることが多いです。
与えるときはばら撒くか、ピンセットで口元に持っていってあげるのもいいでしょう。

嗜好性が高くパクパク食べる様子を見るとついついたくさん与えてしまいそうになりますが、イシガメの健康のためにも心を鬼にして少量でとどめておきましょう。

生き餌

イシガメが食べる生き餌の種類には小魚やエビなどの甲殻類、昆虫などがあります。
ペットショップや爬虫類専門店ではエビ、コオロギ、デュビア、ミルワームなどを入手することができます。

生き餌を与えるときは必ず飼育しているイシガメのサイズに合ったものを購入しましょう。
食べきれないサイズのものを与えるとその残骸が水を汚す原因になってしまいます。

また自分で捕まえたものではなく、餌用として販売されている生き餌を与えましょう。
捕まえた生き物がどんな毒や寄生虫を持っているかわかりません。
餌用として販売されているものを与えるのが最も安全です。

生き餌は管理が大変ですが、おやつや食欲のないときに与えるとイシガメが喜んで食べてくれるでしょう。

生餌

生餌は、魚の切り身や肉などがいいでしょう。
スーパーなどで安く手に入るので買い物がてら購入できて便利です。

購入する際には加工されていないものを選び塩分や油が少ないものを購入しましょう。
また生餌は脂肪分やたんぱく質が豊富なので、与えすぎると肥満に繋がってしまいます。

生肉に付着した菌やウイルスが原因でカメがお腹を崩すこともあります。
人間と同じようにレバーなどは加熱して与えた方が安全です。
海の魚は塩分が高いため、長期的に与えるのは控えましょう。

生餌を与えるときにはイシガメが食べやすいサイズに刻んで与えます。
また生餌は水を汚しやすいので、食べ残しは速やかに取り除きましょう。

イシガメにおすすめの餌

イシガメの餌は人工飼料をメインに、乾燥飼料や生き餌などいろいろなものをバランスよく与えるのがいいということがわかりました。
ここからはイシガメの餌としておすすめの商品を紹介します。

飼育初心者の方はショップで販売されているたくさんの商品からどんなものを選べばいいのかわからないですよね。

それぞれ独自のこだわりや特徴をもち、イシガメに必要な栄養バランスのことを考えられた商品を選んでいるので、是非餌選びの参考にしてみてください。
次のページ:【テトラ】レプトミン

初回公開日:2022年08月19日

記載されている内容は2022年08月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related