Search

検索したいワードを入力してください

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方

初回公開日:2019年07月31日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年07月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

カワウソはとても可愛い動物ですが、体臭が生臭かったり鳴き声がうるさいなどの特徴があるため、ペットとして飼うには難しい部分が多いです。しかし小さい頃から飼っていると人懐っこい性格に成長し、適度に体を洗ってあげることで体臭は軽減します。

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方

まずはカワウソの生態や特徴について知ろう

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは綺麗な瞳に真ん丸な顔が可愛く、小さく器用な手が特徴的な動物です。可愛いルックスで多くの人からを集めており、中でもコツメカワウソがとてもです。

しかし購入を検討している人は、飼育が想像以上に大変だったり鳴き声がうるさいなどのデメリットがあるため、よく検討した上で購入に踏み入りましょう。

カワウソの寿命とは

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは生後1年から1年半で性成熟し、野生の場合は10年から12年まで生きますが、ペットとして買う場合は12年から15年ほどなので野生より長生きします。

稀に20歳まで生きる個体がいますが、平均は12歳までです。またカワウソを長生きさせたい場合は、日常からケアが必要です。

寄生虫や食欲低下には特に注意が必要で、購入してから一年以内に去勢や予防接種を行っておきましょう。専用のペットフードもありますが、生き物を餌として与える場合は寄生虫に注意が必要です。

カワウソの種類は大きく分けて4種類

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソはネコ目イタチ科のカワウソ亜科に属する哺乳類で、色々な種類があります。属性はカワウソ属、ラッコ属、オオカワウソ属、ツメナシカワウソ属の4属で全部で13種類あり、南極と北極以外の国に生息しているのが特徴的です。
コツメカワウソユーラシアカワウソオオカワウソニホンカワウソ
生息地東南アジアヨーロッパから中国まで南米日本
体長60cm1m140cm80cm
体重4kg10kg28kg10kg
体の特徴体毛は黒くお腹は白い手足が短く爪が鋭い下顎から胸部にかけて白い斑点がある全体的に茶色
性格群れで行動する慎重凶暴単独で行動する
鳴き声キューキューピーピーギャーギャーキューキュー
ニオイ独特臭い独特臭い

カワウソの種類1:コツメカワウソ

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
コツメカワウソはカワウソの中で最小で、主に東南アジアの沼地に生息していますが田んぼなどにも住むことがあります。

野生だと15頭ほどの群れで暮らし、国内の施設では複数飼育している場所が多く、施設では群れで一斉に動き回るところを見られるでしょう。

鳴き声はキューキューという感じなので、うるさいという印象はあまりありません。またコツメカワウソは元々小さいので、赤ちゃんの時はとてもか弱いのが特徴的です。

食事は貝類や甲殻類を主に食べますが、稀に昆虫や魚も食べることがあります。

カワウソの種類2:ユーラシアカワウソ

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
ユーラシアカワウソは単独行動を好み、昼より夜間の方が活動的です。実際には一日の大半を寝て過ごしており、成長は他のカワウソより比較的遅いでしょう。

食事は主に魚類を食べますが、稀に小動物や鳥も捕食します。オスはメスをニオイで選ぶ傾向にありますが、メスに出会えてもすぐに交尾をせずじっくりと相手を検討する傾向にあります。

また鳴き声はピーピーという感じでペットとして飼うには少々うるさいと感じてしまうため、ゲージは防音になっている物を選びましょう。

カワウソの種類3:オオカワウソ

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
オオカワウソはカワウソの中ではサイズが最も大きく、凶暴な性格なので飼育をするとなると大変でしょう。体格が大きいので、1日に3~4キロの貝類や魚介類を食べます。

オオカワウソはとても凶暴で、動物園でサルを捕食したり集団でワニや大蛇に襲い掛かることもあります。

オオカワウソは絶滅危惧種に登録されており、ワシントン条約で保護することが決まっているため基本的にペットとして飼うことができません。

鳴き声もギャーギャーという感じでうるさいので、飼育には向いていないでしょう。元々肉食なので飼育が大変です。

カワウソの種類4:ニホンカワウソ

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
ニホンカワウソは日本にしか生息していないカワウソで尻尾は長くて太く、耳が小さいのが特徴的です。イタチ科の中では体格は大きい方でしょう。

ニホンカワウソには首から腹部にかけて白い斑点があり、その斑点を基にミンクとの見分けに判断されます。寿命は約10歳で、カエルや甲殻類、魚介類を食べます。

1日に約1kgの食事を取り、海老やカニは食べかすを残すため、食に関しては贅沢です。夜明けに主に行動し、鳴き声はキューキューという感じなのでうるさい印象はあまりありません。

カワウソをペットで飼うと鳴き声はうるさいのか?

カワウソはよくペットショップから飼いやすいと勧められやすいですが、鳴き声はうるさいし水浴びも一苦労で、手足が傷だらけになることがあるため注意が必要です。

甘噛みをしますが、驚かせたり興奮している時は大けがを負うほど噛みついてくることもあります。ここからはカワウソの鳴き声について詳しく見ていきましょう。

「キューキュー」と甲高い声で鳴く

コツメカワウソはキューキューと鳴き、時にはうるさいと感じてしまいますが主に何かを訴えていることが多いです。飼っている人は慣れることで、何を訴えているかわかってくるでしょう。

カワウソは本来、人懐こいっため、慣れてくるとよく懐いてくれます。ある程度成長してから飼ったらあまり懐きませんが、赤ちゃんの頃から育てれば基本的に懐いてくれます。

気難しいカワウソも、愛情を注いでじっくり育てることで、飼い主から離れなくなるくらいの甘えん坊に成長するでしょう。

カワウソの鳴き声の動画を紹介

カワウソは色々な状況ごとで、発する鳴き声が22種類もあります。さらに幼少期のカワウソが発する鳴き声は11種類です。

どんな時に鳴くかですが、口ごもっているような鳴き声は方向転換させる時で、「ハウッ」と叫んでいる時は脅威が迫っている時です。

特にご飯を欲しがっている時は、飼い主の方を見つめて「キューキュー」という鳴き声を発します。

カワウソの鳴き声がうるさいときの対処法4つ

カワウソは寂しい時や甘えたいときに鳴き声を発しますが、鳴き声が甲高く大きいのでうるさいと感じてしまう人はきっと多いでしょう。

どうしてもうるさいと感じてしまう人にはペットとして飼うには向いていませんし、近所迷惑のことも考えなければいけません。

ここからは、カワウソの鳴き声がうるさい時の対処法について詳しく見ていきましょう。

カワウソの鳴き声がうるさいときの対処法1:防音ケージを購入する

カワウソの鳴き声がうるさい場合は、防音ケージの購入をします。付属のケージカバーは頑丈で、洗濯できる物もあるため使い心地が良い物が多いです。

カバーは色褪せることがなく耐久性に優れており、数年は持つと言われています。基本的に一年中使えるため、雨天時にカバーを使用することで防水にもなるでしょう。

晴れの日もカバーで断熱することができ、カワウソがリラックスできるという利点があります。加えて防音効果も期待できるため、うるさいと感じることが少なくなるでしょう。

カワウソの鳴き声がうるさいときの対処法2:防音カーテンを付ける

カワウソの鳴き声がうるさい時は、防音カーテンを付けると効果があります。特殊コーティングが施されているため、防音性だけでなく遮光性や断熱性にも優れているのが特徴的です。

断熱性に優れている物が多いため、省エネの効果もあり結露対策や暖房費の節約にもなりとてもお得です。保温保冷効果が高い物が多いので、冷暖房の効きが良くなります。

遮光性に優れていることで、日差しをシャットアウトするので快適な空間に仕立ててくれるでしょう。音が外に漏れにくいので、鳴き声がうるさいと感じにくくなります。

カワウソの鳴き声がうるさいときの対処法3:防音壁を設置する

カワウソの鳴き声がうるさい時は、防音壁紙を使用しましょう。耐久性に優れているので長く使うことができ、保湿性や断熱性にも優れているので傷みにくいのが特徴的です。

遮音性に優れているので、カワウソの鳴き声がうるさい時は抑えることができるでしょう。シート状になっているため、カッターやハサミで好きな大きさに切って使えます。

使用できる場所はトイレや風呂、ダイニング、和室、リビング、子供部屋なども色々な場所に使うことができ、賃貸などにも使用できます。

カワウソの鳴き声がうるさいときの対処法4:防音マットを床に敷く

カワウソの鳴き声がうるさい時は、防音マットを床に敷くことで防音に効果があります。アパートやマンションにも使うことができ、振動や足音を抑えてくれるのが特徴的です。

断熱性や保湿性に優れており、一年中使えるため省エネの効果もあります。またハサミやカッターで自由にカットできる物が多いため、部屋の形に合わせてぴったり敷き詰められます。

飲み物や食べ物をこぼして汚した場合も、水洗いすれば綺麗になります。少し汚れたくらいなら、濡れ雑巾で拭くだけで綺麗になり、鳴き声がうるさい時にとても活躍するでしょう。

カワウソをペットで飼う時の注意点4つ

カワウソを飼うのはとても難しく、犬や猫より上手く扱えない人がほとんどです。最低でも大きなプールが必要なので、一人暮らしのアパートでは飼うのが難しいでしょう。

泳げるくらいの大きなプールでなければいけなく、子供が遊べるくらいの広さが必要です。ここからは、カワウソを飼うときの注意点を詳しく見ていきましょう。

カワウソをペットで飼う時の注意点1:鳴き声が大きい

カワウソは鳴き声がとても大きいので、うるさいと感じる人はとても多いでしょう。甘えたい時や寂しい時に鳴き声を発しますが、非常に甲高いのが特徴的です。

鳴き声がうるさいので、飼う際には近所迷惑について考えなければいけません。防音カーテンや防音ケージが必要となってくるでしょう。

飼いたいけど飼育が難しい人のために、最近は「カワウソカフェ」というお店も出てきています。カワウソに癒されたい人は、ぜひ一度だけでも足を運んでみましょう。

カワウソをペットで飼う時の注意点2:独特な臭いがする

カワウソは可愛らしいルックスが特徴的ですが、体臭が結構強いです。動物特有のニオイを発し、魚介類を基本的に食べるので口臭は基本的に生臭いニオイがします。

尻尾の付け根に臭腺があるため、普段はニオイを発さなくてもたまに強烈なニオイを放つことがあるので注意が必要です。しかし体を洗うことで、ニオイは軽減されるでしょう。

一方で糞は臭くなく、ジャスミンティーの香りに似ていると言う人が多いです。しかしニオイが気になってしまう人は、ペットとして飼育するのは難しいでしょう。

カワウソをペットで飼う時の注意点3:しつけが難しい

カワウソは鳴き声がうるさいですし、とても活発なのでしつけに困る人が多いのが事実です。活発であることから、毎日運動しなければいけません。

広いプールが用意できていれば散歩は不要ですが、プールがない場合は散歩に連れていくことで十分なストレス発散になります。

カワウソは社会性があって頭が良いので、個体差がありますが人に良く懐くのが特徴的です。手先が器用で高知能なので、芸をすることもあるでしょう。

基本的には、小さい頃から飼っていればよく懐いてくれますが、ある程度成長してからだとあまり懐きません。

カワウソをペットで飼う時の注意点4:噛まれることがある

カワウソは気難しい動物なので、慣れていない人には噛み付く場合があります。カワウソは賢いので飼い主の言うことを理解できますが、なかなか指示どおりに動きません。

まずは人間との上下関係を確立させることが大切で、噛まれることを恐れてばかりいると「噛み付いたら自分のわがままを聞いてくれる」と感じ取られてしまいます。

むしろ気負いせずに堂々としていなければいけません。そうすることで、やってはいけないことを少しずつ覚えていきます。

カワウソの基本的な飼育方法

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは現在輸入が制限されている動物で、ペットショップで見かける物は人工的に繁殖させている物がほとんどです。

野生では年に約2回ほど出産しますが、飼育下では繁殖が難しく、多く流通されているわけではありません。

国内では珍しい動物の専門店で年に数頭が販売されている程度で、流通量が増える見込みがなく値段もそのままの傾向にあります。
カワウソの世話の際に行うこと頻度
風呂最低でも1日2回
遊び方タオルを使ったぶら下がり遊び 大きいプールを用意して水遊び
散歩1日約30分

カワウソを飼うときに準備するもの

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは主に群れで生活しているため、社会性が身に付いており飼い主にすぐ心を開いてくれます。とても賢い動物なので、食事のマナーやトイレの場所をすぐ覚えてくれるでしょう。

飼い始める際に、すぐに躾を覚えてもらおうとしてストレスや恐怖心を与えてはいけません。まずは必要最低限のことを覚えさせ、少しずつ生活に慣れさせる必要があります。

カワウソを飼う際に必要な物

  1. ゲージ
  2. トイレ
  3. おもちゃ
  4. 水浴び用の大きなプール

カワウソの臭いに対する対処法も知っておこう

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは魚介類を主に好んで食べるため、体臭は生臭いです。その対策として、水浴びを長く行わせることで体臭が落ちるようにしたり、手足をこまめに拭くことで和らぎます。

排泄したらすぐに始末し、トイレを常に清潔に保ったり、他にはペット用の消臭スプレーを使用することでニオイが出るのを防ぐことができるでしょう。

カワウソの生態を理解した上でペットに迎え入れよう

カワウソの鳴き声はうるさいのか?カワウソの種類と基本的な飼い方
※画像はイメージです
カワウソは現在とてもの動物ですが、体臭が生臭かったり鳴き声がうるさいなどの特徴があるため、ペットとして飼うには苦労が伴うでしょう。

カワウソを飼うには色々と大変ですが、とてもお利口なので小さい頃から飼っていると人懐っこくなります。

また鳴き声がうるさい場合は、防音のゲージやカーテンで騒音を和らげることができます。

Related