Search

検索したいワードを入力してください

夜行性が原因?ハムスターが寝てばかりな理由3つ|睡眠アイテム5選

初回公開日:2019年08月02日

更新日:2020年09月25日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

飼いやすく愛嬌のあるペットとして有名なハムスターですが、寝てばかりだという理由から不安に思う方も多いのではないでしょうか。その理由や関連のある習性などを、接する上での注意点とともに紹介しました。ハムスターと上手く共存したい方は、ぜひ読んでみてください。

夜行性が原因?ハムスターが寝てばかりな理由3つ|睡眠アイテム5選

ハムスターの習性とは?

夜行性が原因?ハムスターが寝てばかりな理由3つ|睡眠アイテム5選
※画像はイメージです
ハムスターが寝てばかりで、もしかすると元気がないのではないかと心配の方もいるのではないでしょうか。

実はその理由はハムスターの習性にある場合が多いです。今回はハムスターが寝てばかりの理由を大きく3つに分けてまとめてみました。

人間とハムスターの睡眠サイクルの違い

実は人間とハムスターは睡眠時間も方法には大きな違いがあります。人間は日が暮れると眠り、7~8時間ほど眠り続けます。

しかしハムスターは15分ほどの短時間睡眠を50~60回繰り返し、1日平均で合計14時間ほど眠っていると言われています。

1日に14時間となると、1日の半分以上を寝ているということになります。つまり、寝てばかりだと感じるのは当然のことということです。

短時間の睡眠サイクルをとる動物

少し寝ては少し起きて、それをまた何度も繰り返すというような短時間の睡眠サイクルをとるのはハムスターだけでなく、実は多くの動物に見られる習性です。

野生下で過ごす動物たち、特に草食動物は常に周りに警戒する必要があります。長く深い眠りに入ってしまうと天敵に食べられるリスクが格段に高くなってしまいます。

よって、寝てばかりでいるというのは野生の名残りということです。

短時間の睡眠サイクルをとる動物たち

  • ウサギ
  • インコ、オウム
  • ウシ
  • キリン

ハムスターは寝てばかり?その理由3つ

ハムスターが寝てばかりの理由は大きく3つに分けられます。そのほとんどがハムスターの習性や生態に起因しているので、ハムスターを育てる上で知っておくと役に立ちます。

ハムスターは寝てばかり?その理由1:夜行性

ハムスターが寝てばかりいる原因の1つ、そして代表的なハムスターの特徴の1つとして夜行性が挙げられます。

昼間は特に寝てばかりの状態になりますが、活動時間である夜間になると途端に活発になります。

野生のハムスターが暮らす環境は日中、地上に天敵が多いことや寒暖差が激しいことから順応したのではないでしょうか。

人間が当たり前に夜の間は寝て、朝に起きて昼間に活動しているのと同じように、ハムスターにとっては昼に何度も繰り返し寝てばかりなことも夜に活動することも当たり前のことだと理解してあげましょう。

ハムスターは寝てばかり?その理由2:体力の温存が必要

ハムスターは夜になるとエネルギーを最大限に消費しながら活動するので、十分な睡眠をとって体力の温存をすることが重要になってきます。

実際にジャンガリアンハムスターは昼間、ハウスの中で体温を下げて眠る「日内休暇」という方法で体力を温存します。

これらのことを考えると、ハムスターが寝てばかりというのにも納得がいくはずです。

ハムスターは寝てばかり?その理由3:年をとった

ハムスターが寝てばかりの理由の1つとしてハムスター自身の老化も考えられます。私たちから見て、ハムスターの寿命は決して長いとは言えません。

しかし人間と同じで、老化が進むと寝ている時間が増えることから寝てばかりだという印象になってしまっている場合があります。

長生きのためにも餌や環境などハムスターの年齢に配慮したお世話を心掛けてあげることが大切です。

睡眠を邪魔しないためのハムスターの飼育ポイント

ハムスターは寝てばかりですが、睡眠時間が多ければ多いほど寿命も長くなりやすいという風に考えられてもいます。

できるだけ質の良い快適な睡眠をとらせてあげるためにハムスターの原産地の温度や湿度に注目して温度管理してあげるときっと効果が現れるでしょう。

特にゴールデンハムスターなどは気温が10度以下に下がると冬眠に入ると言われているので、気を付けてあげましょう。

昼間は避ける

できるだけハムスター独自が持つ生活サイクルを尊重して、ハムスターに接するときやお世話をするときは昼間を避けてあげましょう。

それができなくても、せめて決まった時間にお世話をするように心がけましょう。

ハムスターの生活サイクルを乱し過ぎててしまうと健康面にも良くないですし、ハムスターに過度の負担やストレスを与えてしまうとなつかない、手乗りになってくれない可能性もあります。

日が沈んだ後に散歩

日が沈むと、ハムスターが昼間貯めたエネルギーを発散するときです。ハムスターが寝てばかりで一緒に遊ぶことができず退屈していた飼い主さんはたっぷり癒されるチャンスです。

日が沈んだ後、特に時間を決めて散歩をさせるとなついている場合は散歩の時間を覚えておねだりをしてくれるようになったりもします。

運動不足やストレスになるといけないので、どうしても散歩できないときは回し車などのおもちゃを入れてあげましょう。

20時以降は巣床の整備時間に

ハムスターが本格的に活動し始めた時間帯に飼育スペースの掃除や餌の追加、水の入れ替えなど巣床の整備を行いましょう。

また、ハムスターの活動の仕方は太陽を基準にしていると考えられているので夏は遅め、冬は早めにするなど季節によって時間をずらしてあげるのもです。

睡眠中の掃除はNG

普段よくなついているハムスターであっても突然起こされると驚いたり寝ぼけたりなどして噛むこともあるので、大きなストレスになってしまう可能性も考えてできるだけ睡眠中の掃除は避けるべきです。

もしどうしても起こさなければならない場面に直面した時は、床材を使って優しく起こしてあげると良いでしょう。

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム5選

ハムスターの睡眠に役立つグッズは多く販売されています。それだけハムスターにとって睡眠は大事なことということです。

より多くのエネルギーを蓄えることができるようにアイテムを使い工夫して、あとはハムスターの性格に合わせるなどして試行錯誤しながら快適な寝床を作ってあげると良いでしょう。

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム1:魔法の天然石ひんやりマット

ハムスターに夏も快適な睡眠をとってもらうために、ハムスターの部屋にこちらの天然石のマットを設置してみましょう。

体を直接冷やすことができるのでハムスターにとって心地良いこと間違いなしです。

また、少し暖かくなってきてエアコンなしで十分な時期、ハムスター自身がどう感じているかわからない場合カゴの隅にでも置いてあると便利なのではないでしょうか。

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム2:ハムスターのふわふわきりかぶベッド

ハムスターは暑さに弱いだけなく、寒さに弱いという特徴も持っています。室温は暖かく保たれていても、ハムスターの飼育スペース内が同じとは限りません。

少しでも暖かく眠ることができるようにこのようなベッドを置いてあげましょう。

気に入ってこの中で眠ってくれるとハムスターが寝てばかりであってもとても可愛らしくて飽きないと思われるので、見ている側にとっても商品です。

二度目の購入になります。
うちのハムちゃんはこのお家が大好きです。
見た目も可愛いく私自身も気に入っています。耐久性は布なので他の布製品と変わらないと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%8... |

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム3:テラコッタトンネル

テラコッタトンネルは上に登ったり中に隠れてみたり、ハムスター自身で1番落ち着く寝場所を探すことができます。

加えてオールシーズン使える材質で爪も研げる、そして簡単に綺麗に洗うことができるという万能な寝床です。

これだけの好条件がそろっていれば、寝てばかりの睡眠のスペシャリストのハムスターでもきっと満足してくれること間違いなしです。

80gの若キンクマがギリギリ入るくらいなので、ジャンガリアンは余裕ですね。
まだ成長期のキンクマなので、気持ちもう少し大きければ、バッチリだったなーと思っています。
内側の表面はムラがありますが、使用上は全く問題ありません。

出典: https://www.amazon.co.jp/SANKO-S62-%E3%83%86%E3%83%A9%E3%... |

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム4:陶器製の睡眠ベッド

陶器製でひんやりとしているベッドはハムスターの夏の睡眠のお供としてです。

シンプルで可愛らしいデザインなのでハムスターの飼育スペースに置くと装飾としても機能します。出入り口も広めなので簡単に水洗いできる点も非常に便利です。

ハムスターの睡眠が快適になる!アイテム5:マルカン ほっとハム暖リバーシブルヒーター

最後に紹介するのはペット用ヒーターです。設置するタイプではなく直接体を温めるタイプなので、ハムスター自身で体温調節できるという特徴を持っています。

一定の温度より高くならないように設定されているので火傷や事故の心配も格段に少なく、安全面からもできます。

我が家のはむちゃんのために購入。これだけで越冬できました。

ヒーターは説明通りリバーシブルになっており、裏表で温度が違う。
もし暑そうにしているのであれば温度が低い方を使うなどして調節ができる。
ヒーター自体の堅牢性は高く、本体はもとよりケーブルもしっかりプラスチックで覆っているので齧って感電等の心配なし。
ケーブルの短さが少しネックであるが、とてもよい商品だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%8... |

ハムスターの睡眠サイクルを理解してお世話しよう!

今回はハムスターが寝てばかりの理由とそれを踏まえてのハムスターとの接し方を紹介しました。新たに寝てばかりの理由、そして習性や飼育方法を知ったという方もいるのではないでしょうか。

寝てばかりで退屈だからと言って起こすようなことは良くないと理解することは大切です。

飼いやすいペットとしてのハムスターですが、飼いやすさが適当に扱っていいということとイコール関係で結ばれないことも理解して上手く共存していきましょう。

Related