Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供

初回公開日:2018年01月08日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2018年01月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

チンパンジーの手足は細く見えるので、あまり筋肉があるようには見えません。しかし、あの高い身体能力は筋肉があるからこそ、できる動きでもあります。特にチンパンジーは非常に強い握力を持っています。では、チンパンジーの握力とはどのくらいあるのでしょうか?

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供

チンパンジーの握力

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
動物園などで見ることができるチンパンジーは大人からも子供まで、が高いです。可愛らしい仕草や、賢い行動、高い身体能力などがの理由です。

チンパンジーの手足は細く見えるので、あまり筋肉があるようには見えません。しかし、あの高い身体能力は筋肉があるからこそ、できる動きでもあります。特にチンパンジーは非常に強い握力を持っています。

では、チンパンジーの握力とはどのくらいあるのでしょうか?また、その握力はどのように使われるのでしょうか?

チンパンジーの特徴

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
チンパンジーは類人猿の一種でアフリカに広く生息しています。知能が高く、簡単な道具を使うこともできます。テレビなどで賢いチンパンジーが出ていたりするので、大人しいイメージを持っている人もいますが、野生のチンパンジーは非常に凶暴です。

狂暴な野生のチンパンジー

野生のチンパンジーはテレビでの大人しい印象と違い、とても狂暴です。ときにチンパンジーは共食いや、子食いをします。集団生活をするチンパンジーは、同じ集団内のオスとメスで交尾をすることが多いです。

オスが集団内で多くのメスと交尾をすると、他のオスなどから狙われて殺されてしまうこともあります。

子殺し

上記で述べたように、チンパンジーは子殺しを行うことがあります。その理由はハッキリとはしていません。ただ、子殺しに遭うチンパンジーは生まれたてから3歳までの間が多いです。

子供のチンパンジーはオスが殺すこともあれば、メスが殺すこともあります。メスが子殺しをするときは、必ず自分の集団内の子供が犠牲になります。

オスが子殺しを行う場合は、別集団と自分の集団内の子供のチンパンジーの両方を狙います。ただし、自分の集団内の子供のチンパンジーを殺すときにはオスの小猿を狙います。

別集団の小猿を襲うときは、自分たちの縄張りに入ってきた別集団を追い払う際に、逃げ遅れた小猿が攻撃対象とされてしまうためです。このとき犠牲になった小猿を共食いすることもあります。

チンパンジーの暮らし

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
上記で述べた通り、チンパンジーは集団で生活をします。その集団ではオスやメス、年代などいろいろなチンパンジーが集まります。ただし、チンパンジーの集団生活には少し特徴があります。

単位集団

チンパンジーの集団生活には特徴があります。チンパンジーの集団はたいてい5匹前後の単位で行動します。この単位集団がいくつもあり、単位集団同士でくっついたり、離れたり、また、そのメンバーが入れ替わったりなどします。

オスは自分が生まれた単位集団に止まることが多いですが、メスは大きくなると別の単位集団に移ることがよくあります。単位集団ごとに行動するので、集団全体が集まっている状態を見ることは滅多にありません。

チンパンジーの習慣

人間社会では法律やマナーなどの生活におけるルールがあります。チンパンジーの集団生活の中にもそのような小さなルールがあります。

人間が他人に挨拶するように、チンパンジーも挨拶をします。また、動物では珍しく取った食べ物を別のチンパンジーに分け与える食物分配を行ったりもします。さらに、喧嘩が始まったと思ったら、仲直りをするという人間っぽい部分があったりもします。ただし、すべてのチンパンジーがこれらの行動を取るわけでもありません。

かけおち

上記で述べたようにチンパンジーは人間っぽい部分もあります。その行動の1つがかけおちです。野生動物の世界では強い者が子孫を残すことができます。なので、弱いチンパンジーはなかなか子孫を残すことができません。そのような弱いチンパンジーはメスを連れ出します。

まず、オスは草陰に隠れてじっとしています。すると、発情中のメスが周囲に気がつかれないように、寄り添っていきます。そして、そのまま2匹で集団から離れていきます。1日で帰ってくることもあれば、1週間ほど帰ってこないこともあります。

チンパンジーの体格と握力の平均

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
先に述べた通り、チンパンジーは非常に強い握力を持っています。チンパンジーの握力は200kg〜300kgあると言われています。怒っているメスのチンパンジーの握力を計ったところ、572kgを記録したことがあります。

大人のチンパンジーの大きさは身長は85cmくらいで体重は40kg〜60kgほどになります。なので、体格の割に非常に握力は強いです。

チンパンジーの身体能力

チンパンジーの凄さは握力だけではありません。全身の筋肉が発達していて、全体的な身体能力も優れています。そのジャンプ力は1度に4mも飛ぶことがあります。

また、握力以外にアゴの力と犬歯も発達していて、敵に対して噛み付くことがあります。天敵であるヒョウもチンパンジーに噛みつかれて、逆に撃退されてしまうこともあります。

チンパンジーの握力が強い理由

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
チンパンジーがこれだけの高い身体能力や、握力、発達した筋肉を持つ理由は、その生活にあります。チンパンジーは猿なので、当然ながら木に登ったりすることもあります。木の枝などにぶら下がったり、木から木へ飛び移ったり、木の上を素早く移動したりするためには、非常に強く筋肉と、身体能力が必要です。

チンパンジーの筋肉の秘密

チンパンジーの筋肉は非常に発達しています。チンパンジーと人間は近い生物ですが、人間はチンパンジーのような筋肉はなく、その動きを真似することはできません。その理由は筋肉の作りに秘密があります。

筋繊維の長さ

チンパンジーと人間の筋肉の違いの1つに、筋繊維の長さがあります。チンパンジーの筋繊維は人間の筋繊維よりも長いです。筋繊維が長いことで、筋肉を伸ばしたり、縮めたりしたときに力の差が出ます。

この力の差は人間の倍近くあると言われています。人間の倍近くの筋力を持っているので、できる動作や、純粋な握力などの力が強くなります。

瞬発的な力に優れた筋肉

チンパンジーの筋肉は持久力よりも、瞬発的に強い力を出すための筋肉となっています。そのため、初動の動きが力強くなります。逆に筋肉の持久力を犠牲にされています。しかし、元の身体能力が高いので、筋肉に持久力がないと言っても、それを感じさせられることは少ないです。

チンパンジーの子供の握力

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
チンパンジーは発達した筋肉を持っているので、非常に握力が強いです。その握力の強さは子供であっても同じです。チンパンジーは子供であっても70kg〜80kgの握力があります。小さな体にそれだけの力があるので、子供のチンパンジーであっても、その運動能力は非常に高いです。

チンパンジー以外の動物の握力

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
チンパンジーは200kg〜300kgほどの握力があります。これは非常に強い力です。では、他の動物の握力はどの程度あるのでしょうか?

人間

人の握力の平均は成人男性で50kgほど、成人女性で30kgほどです。なので、子供のチンパンジーの握力にすら負けてしまいます。

力自慢の人がリンゴ握り潰すパフォーマンスをすることがありますが、リンゴを握り潰すには85kgほどの握力が必要です。なので、リンゴが握り潰せて、やっと子供のチンパンジーと同じくらいの握力となります。

ちなみに、握力のギネス記録は192kgです。人類最強の握力の持ち主でやっとチンパンジー平均握力に届くくらいです。

ゴリラ

握力が強そうな動物をイメージすると、ゴリラを思い浮かべる人は多いです。ゴリラはチンパンジーよりも体が大きく、見た目にも筋肉が付いていることがわかります。

そのゴリラの握力はチンパンジーよりも強く、500kgほどと言われています。しかし、これは正確に測定された数値ではなく推測です。中には1トン以上の握力があると考えている人もいます。

ゴリラの性格

野生のチンパンジーは非常に凶暴で危険です。なので、ゴリラも同様に凶暴かと思いきや、実はゴリラの性格は温厚です。

ゴリラは縄張り意識が薄く、必要でない争いを自分から仕掛けることがありません。また、群れの中で助け合うこともあります。その優しさは他の動物に向けられることもあります。

ただし、いくら温厚な性格をしていても動物なので、近くことは危険です。また、交尾の時期は特に危険となります。ゴリラが暴れ出すと、他の動物には成す術はありません、その強さは密林の王者と言われています。

オラウータン

ゴリラと並ぶほど体が大きいのはオラウータンです。ゴリラと違い、オラウータンはのんびりしたイメージがあります。しかし、その握力はチンパンジーと同程度で、200kg〜300kgほどあります。体が大きいオラウータンでは500kgほどの握力があるとも言われています。

しかし、これ正確な測定値ではありません。ですが、オラウータンの体重は80kgほどあります。その大きな体で長時間も木からぶら下がったり、指1本で支えたりします。なので、相当強い力を持っていることは確かです。

足の力は弱い

オラウータンは森の人という意味です。その名前の通り、オラウータンは木の上で生活をすることが多いです。木の上では、基本的に腕を使って移動します。そのため、オラウータンの腕の力は強く、また、その腕も非常に長いです。

しかし、腕をメインに使うので、足の筋肉がそれほど強くはありません。なので、チンパンジーやゴリラに比べると、歩き方はぎこちなく、垂直にジャンプする能力も低いです。

クマ

クマも力が強く、体の大きな動物として有名です。そのクマの握力は150kgほどと言われています。クマで最も大きな種類はホッキョクグマです。その体調は2mほどあり、体重も300kg〜400kgほどあります。大きなものであれば、600kgを越えることもあります。

そのような大きな体を支えるためには強い力が必要になります。

可愛くても動物

【男女別】チンパンジーの握力と強い理由・平均|子供
※画像はイメージです
動物はその見た目や行動が愛くるしいです。しかし、どんなに可愛くても動物であることを忘れてはいけません。犬や猫でも油断すると噛みつかれたり、引っかかれたりします。力の強いチンパンジーなどではもっと注意が必要です。

動物園などでは檻に入っているから安心と油断してはいけません。越えてはいけない柵を乗り越えて檻に近づきすぎて、チンパンジーに捕まってしまうと、その強い握力から逃げることは難しいです。また、チンパンジーによる事故や事件などもあります。

しっかりとルールを守って動物との接し方を知るようにしましょう。

Related