Search

検索したいワードを入力してください

フクロウの生態とは?フクロウの飼い方と飼う際の注意点をご紹介

更新日:2020年08月08日

フクロウは基本は大人しいですが、飼育する際には注意が必要な動物です。鳴き声がうるさいため、飼育する場合は防音性がある住居に住むようにしましょう。またロストする恐れもあり、迷子になったら近隣に迷惑をかける恐れがあるため、足輪を付けて散歩に出かける必要があります。

フクロウの生態とは?フクロウの飼い方と飼う際の注意点をご紹介

フクロウの生態と特徴

フクロウは、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に属する鳥類です。猛禽類という肉食の鳥類で、ほとんどが夜に活動している生態をしています。

日本ではフクロウ、エゾフクロウ、キュウシュウフクロウ、モミヤマフクロウの4種類が生息しています。またフクロウは幸運を呼ぶ縁起物なので、フクロウのグッズがとてもです。

現代はフクロウと直接触れ合えるフクロウカフェがです。

フクロウの生態と特徴1:生息地

日本からスカンジナビア半島にかけて、ユーラシア大陸北部に生態が確認されています。亜寒帯から温帯にかけて、農耕地や針葉樹林、湿地、混交林などに生息しているのが特徴的です。

日本にも4種類のフクロウの亜種の生態が確認されており、北海道から九州まで広く生息しています。フクロウは2月~4月頃が繁殖シーズンです。

木の根元や大木の樹洞、民家の軒下、屋根裏などの色々な場所に巣を作るでしょう。

フクロウの生態と特徴2:目

人間の目は球状ですが、フクロウの目は筒状になっています。理由は、フクロウは生態系において主に夜に活動するために、微かな光を感じ取るためです。

フクロウの目は基本的に人間の目と同じパーツで、網膜の性能が大きく発達しています。網膜の密度が人間の8倍なので、光を感じ取る面積が大きいのが特徴的です。

フクロウの目は筒状で人間のように目だけを動かすことができないため、首を自在に動かして獲物を目で追いかけます。

フクロウの生態と特徴3:鳴き声

フクロウは夜中になると、「ホーホー」と鳴きます。フクロウの鳴き声は2km先まで届くと言われており、気分屋種類で鳴き方が変わるのが特徴的です。

生態的に夜行性で夜中に鳴くことがほとんどなので、飼育するには注意しましょう。中には「ピーピー」と鳴いたり、全く鳴かない種類のフクロウもいます。

ちなみに北の地方に住むシロフクロウは、定番のフクロウと異なり海鳥のような鳴き声で鳴くのが特徴的です。

フクロウの生態と特徴4:体重

フクロウの平均体長は約50cm、体重は500g~1kg程に成長します。 フクロウは種類が多く、大きさや柄がさまざまです。

フクロウの体重の測り方は独特で、バンダナなどの薄い布を体にぐるぐる巻いて体重計の上にそっと乗せるというやり方です。

生態系によりますが、体重が500g未満の個体もおり、とても可愛いのが特徴的です。値段は20~40万円ほどで売っており、繁殖期になると攻撃的になります。

フクロウの生態と特徴5:寿命

フクロウの寿命は、小型種で10~15年、中型種で20~30年、大型種で40年前後です。生態系が崩れてしまうことで、短くなったり長くなることがあるでしょう。

フクロウの寿命が長い理由は、鳥類が基本的にエネルギーの使い方が上手なためです。取り込んでいるエネルギーを無駄なく使えるため、長く生きることができます。

「鶴は千年、亀は万年」とも言うので、鳥類自体が長生きな種類と考えても良いでしょう。

フクロウの種類

独特の立ち振る舞いと大きな瞳がを集めているフクロウは、猛禽類なので生態的に昆虫や小動物を捕食する動物です。

肩にしか乗せられない大型の個体や、掌に納まる小型の個体まで色々な種類があります。大きくて綺麗な瞳と肌触りが良い毛並みが特徴で、大きな目に気を惹かれる人が多いです。

目を閉じれば笑ったような表情になるのものポイントです。ここからはフクロウの種類について詳しく見ていきましょう。

フクロウの種類

  1. シロフクロウ
  2. ミミズク
  3. メンフクロウ

シロフクロウ

洋画「ハリー・ポッター」シリーズで、主人公の相棒であるフクロウが「シロフクロウ」という種類です。ハリー・ポッターの影響で、シロフクロウは現在とてもです。

シロフクロウは大型種に分類され、大きさは全長50~65cm、翼を広げると140~160cm程になります。体重は1.6~2kg程なので、腕に載せるとなかなかの重みを感じられます。

鳴き声は「ホーホー」で、生態的には主に昼に活動します。
次のページ:フクロウの性格

初回公開日:2019年08月09日

記載されている内容は2019年08月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related