Search

検索したいワードを入力してください

鶏の飼育方法とは?鶏の飼い方を知る前の必要な準備も紹介!

更新日:2020年09月28日

ニワトリをペットとして飼う場合には、大声で鳴く習性があったり行動範囲すべてがトイレになるという注意点があります。ニワトリを飼育する方法としては自治体へ届け出をする、天敵が侵入しない小屋を用意する、産卵用巣箱を設けるなどする必要があります。

鶏の飼育方法とは?鶏の飼い方を知る前の必要な準備も紹介!

鶏を飼育する前に知っておくべき基本情報

鶏は非常に身近な存在で、少し前までは学校の飼育小屋で飼育されていたなと記憶している方も多いことでしょう。

鶏はペットとして飼育することもでき、飼育する前に知っておくといい基本情報をまとめてみました。

鶏の歴史

鶏は現在では採卵や食肉用とされる場合がほとんどですが、家畜化された当初は食用ではなく時を告げる役割を担っていました。

鶏の祖先はタイなど東南アジアに生息していた赤色野鶏の亜種であるといわれており、鳥類を家畜化した家禽の中でも最も古い歴史を持ち、世界各地で飼育されています。

弥生時代に日本に伝来しました。

鶏の特徴

鶏の最大の特徴は、頭にある鶏冠(とさか)とあごにある赤い装飾器官である肉髯(にくぜん)そして耳にある耳たぶである耳朶(じだ)です。

鶏には地上生活に適した4本の指があり、オスにはけづめがありメスにはありません。翼は体に対して小さめであるため飛べないわけではありませんが上手には飛ぶことができません。

鶏の種類

鶏の代表的な種類として、白色プリマスロック・名古屋コーチン・アローカナ・烏骨鶏・軍鶏・比内地鶏・ロードアイランドレッドなどがいます。

白色レグホンやチャボはペットショップでも見るメジャーな種類です。

食肉用の鶏でブロイラーをよく耳にしますが、これは通常よりも短期間で育つよう改良された総称をさしています。

おもな鶏の種類

  • 白色レグホン
  • チャボ
  • 白色プリマスロックチャボ
  • 名古屋コーチン
  • アローカナ
  • 烏骨鶏(うこっけい)
  • 軍鶏(しゃも)
  • 比内地鶏(ひないじどり)
  • ロードアイランドレッド

ニワトリを飼育する上での注意点

ニワトリは家畜として古くから飼われてきたのでペットとして飼うこともできます。都会でも田舎でもニワトリはペットとして飼うことができます。

ここではニワトリをペットとして飼う時の注意点をご紹介していきます。

ニワトリを飼育する上での注意点

  • 大声で鳴く習性がある
  • 行動範囲すべてがトイレになる

大声で鳴く習性がある

ニワトリは古来より時を告げる鶏としての役割を担ってきましたので、大声で鳴く習性があります。鶏を飼うことへの理解が得られていない場合には近所迷惑となってしまう場合があります。

雄鶏も雌鶏も鳴きますがとりわけ雄鶏の鳴き声は大きくしかも響きますので、飼育小屋や飼育スペースを防音設備にするなど対策が必要です。

行動範囲すべてがトイレになる

ニワトリは猫などのようにトイレを覚えてくれることは基本的にありませんので、行動できる範囲すべてがトイレになってしまいます。

室内で飼育する場合にはゲージで飼ったり、飼育スペースを人間が居住しているスペースとを分ける対策が必要です。

屋外で平飼いする場合にも臭いなどが出てきますのでこまめな掃除が必要です。

ニワトリを飼育する方法

ニワトリは大人になると最大で体高70㎝、体重2kgになるので高さが1mから1.5mで広さが十分にあるゲージを用意して飼育しましょう。

ニワトリを飼うことができる面積のあるゲージは専門店で入手できます。

ニワトリを飼育する方法

  • 自治体へ届け出を提出する
  • 天敵に侵入されない小屋を用意する
  • 産卵用に巣箱を設ける
  • 砂場を設ける
  • 餌は1日数回変える
  • 水は毎日変える
  • 週に数回掃除する

自治体へ届け出を提出する

ニワトリは99羽以下の飼育で自治体へ調査票を提出する必要があります。一般家庭でも飼育者の情報や飼育数を毎年2月1日に届け出しなくてはなりません。

なぜ調査票が必要なのかと言いますと、異常事態が起きた場合にどこでどれぐらいの数飼育されているかを把握していることで被害を最小限にすることができるからです。

天敵に侵入されない小屋を用意する

特に外でニワトリを飼う場合には天敵に侵入されないような、頑丈な飼育小屋を用意しておく必要があります。

ニワトリはイタチや猫などの天敵に襲われてしまう可能性があります。またヒナがいる場合には、カラスがヒナをくわえて連れて行ってしまう可能性もあります。

敵に侵入されるのを防ぐために金属製の網が必要でしょう。

産卵用に巣箱を設ける

雌鶏を飼う場合には産卵用の巣箱を用意して、安心して卵を産めるような環境を作ってあげましょう。

ニワトリは雌鶏だけが卵を産みます。雄鶏を一緒に飼わなければ有精卵にはならず、雌鶏だけなら無精卵を産み続けます。

雌が卵を産むのは産卵を開始して1年半程度といわれており、1日に1個程度産むと言われております。

砂場を設ける

ニワトリを飼育する場合には、砂浴びがいつでもできるように砂場を設けるようにしましょう。

ニワトリは天気のいい日に清潔で乾いた砂の中に寝転んだりひくっりかえったりして砂浴びや砂遊びをします。

砂浴びをする理由としては、体についた寄生虫を落とすためや羽を落とすためといわれており衛生管理を自分で行っています。

餌は1日数回変える

餌は最低でも朝夕2回与え、残った餌は腐敗して食べると体調が悪くなってしまうので新しいものに交換するようにします。

ニワトリの餌はホームセンターなどで売っている配合飼料でかまいません。1羽のニワトリが1日に食べるえさの量は産卵している雌鶏で110g前後必要で1回30分で食べきれる量を与えるようにします。

水は毎日変える

ニワトリには餌と一緒に水を与える必要がありますが、水は最低でも1日1回交換するようにします。

水は放置すると腐敗することもありますし、フンや土などのゴミが入ってしまうこともあります。汚い水を飲めば体調を崩してしまうことがありますのできれいな水に交換しましょう。

水を入れる容器も清潔に保つようにします。

週に数回掃除する

鳥小屋は週に数回掃除する必要があります。

ニワトリを飼育する上での注意点で述べましたが行動範囲すべてがトイレになり、フンを放置すれば発酵し臭いが出て近所迷惑にもなります。ニワトリが動くと羽根も落ちますしので週に数回掃除する必要があります。

籾殻やおが屑を敷いている場合は定期的に入れ替えが必要でしょう。

鶏の飼育にグッズ3選

鶏を飼育するためにはゲージや餌など揃えておきたい必要なグッズがたくさんあります。

これから鶏を飼おうかなと考えている人のために、たくさんあるグッズの中から鶏の飼育になグッズを3つご紹介します。

鶏の飼育にグッズ1:ナチュラルペットフーズ エクセル 成鶏

鶏の飼育にな餌に「ナチュラルペットフーズエクセル成鶏」があります。

これはトウモロコシやマイロ、貝殻、大豆油かすなど鶏の成長に必要な栄養素がバランス良く配合された配合飼料です。

自然の穀物を使って作られた飼料ですので安心して与えることができます。虫がつくことがあるので冷蔵庫などで保管しましょう。

鶏の飼育にグッズ2:ニューマッシュ17

鶏の飼育にな餌にニューマッシュ17もあります。

ニューマッシュ17は成鶏飼育用の配合飼料です。20kg2000円程度と低価格の割に、食いつきが良い飼料ですのでです。

とうもろこし、マイロ、大豆油かす、菜種油かす、魚粉、炭酸カルシウムなど自然の穀物類を使用しているため安心して与えられます。

鶏の飼育にグッズ3:バックヤードチャームオープンエアハッチ

バックヤードチャームオープンエアハッチは屋外で使用するための小屋と遊び場が一体になったゲージです。

ニワトリが遊ぶスペースを囲うのは一苦労ですが、このゲージであれば小屋と遊び場が天井まで覆われているため、天敵の侵入を防ぐこともでき安心です。

小屋は後ろにネットボックスがあるので卵も簡単に取り出せます。

ニワトリを飼育しよう

ニワトリは古くから時を告げる役割から採卵・食肉用として人間に近い存在として暮らしてきました。

ニワトリはペットとして自治体への届け出を行うことや天敵を侵入させない小屋を用意するなどすれば田舎暮らしでなくても飼育することができます。

ただニワトリは時を告げる鳥であったことから大声で鳴く習性があったり、トイレを覚えず行動範囲すべてがトイレになるなど注意も必要です。

注意点を理解してニワトリを飼いましょう。

初回公開日:2019年08月20日

記載されている内容は2019年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related