Search

検索したいワードを入力してください

オキナインコのカラーバリエーションは?生態や飼い方についても解説

更新日:2022年11月24日

オキナインコのカラーバリエーションをご存知でしょうか。この記事では、オキナインコの生態やオキナインコの入手方法、オキナインコの飼育に必要なものなどを詳しく紹介していきます。オキナインコについてご興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

オキナインコのカラーバリエーションは?生態や飼い方についても解説
「オキナインコってかわいい、どんなカラーのオキナインコがいるのかな」
「オキナインコの飼育は簡単?家で普通にペットとして飼えるの?」
たくさんのカラーバリエーションがあり、人懐っこく人気のあるオキナインコ。

これから飼育してみたい、お家にお迎えしてみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、オキナインコのカラーバリエーションについて、またオキナインコの生態や飼育方法について説明しています。

この記事を読むことで、オキナインコのカラーバリエーションについて詳しくなることができるでしょう。

これからオキナインコをお家にお迎えする予定の方、またオキナインコを飼ってみたいと考えている方にとても役に立つ情報を網羅しております。生態を知り理解することで、一層オキナインコとの生活が楽しくなるため、ぜひチェックしてみてください。

オキナインコの生態



ここからはオキナインコの生態について詳しくご紹介します。

性格や鳴き声、寿命はどのくらいなのか、他のインコとどう違うのかなどを知ると飼育がもっと楽しくなります。

性格

オキナインコは陽気でおしゃべり好きな、インコの中でも飼いやすい鳥です。

縄張り意識が強いですが、そこを理解した上でしつけを行いましょう。

また、防音対策をしなければならないほど声が大きいので、そこは知っておきましょう。

原産国

原産国は南アメリカです。アメリカでは10の州で外来種認定されています。

他にも、イスラエルやベルギー、ポルトガル、イタリア、ボリビア、スペイン、アルゼンチンなどに、野生のオキナインコが繁殖しています。

オス・メスの見分け方

繁殖期になるとオスは求愛のダンスをするようになり、メスは縄張り意識がとても強くなります。産卵をするとメスであることが確定します。

オキナインコは見た目でオス・メスを見分けることができません。

鳴き声

オキナインコは防音対策がいるほどの大きい鳴き声を発します。ギャギャー、グワーッというような声で、耳に響くような鳴き声です。

近所から苦情が来るレベルですので、防音対策はしっかりしましょう。

寿命

オキナインコの寿命は大体15年程度といわれています。しかし大切に、最適な環境で飼育することで30年生きたという報告もあります。

30年程飼育が可能であるか、家族等と話し合いましょう。

他のインコとの違い

オキナインコは他のインコと違って自ら巣をつくるという習性があります。

野生のオキナインコは小枝を使って高い枝の上に巣を作ります。

縄張り意識が強いのはこの習性が関係していると言われています。

おしゃべりはするのか?

オキナインコはとても賢く、おしゃべりもとても上手です。

飼い主の言葉を理解して、おしゃべりをしているのではないかと言われるほどです。
次のページ:オキナインコのカラーバリエーションは?

初回公開日:2022年11月16日

記載されている内容は2022年11月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related