Search

検索したいワードを入力してください

長毛のシャム猫ってどんな猫?シャムミックスの特徴を紹介!

更新日:2020年09月22日

猫を飼いたいという人は増えていますが、基本的に猫は室内で飼うため、その性格はとても重要になります。シャム猫は常にの高い種類ですが、そのミックスとしての長毛の場合はとても飼いやすいという性格もあるので、猫を飼う場合には知っておくべき種類になっています。

長毛のシャム猫ってどんな猫?シャムミックスの特徴を紹介!

バリニーズとは?

バリニーズとは、シャム猫のうち突然変異で長毛の品種として固定したもです。

猫が種類を増やすには他の種類と交配するか、突然変異した個体を継続してその種類を確立させるしかありません。

バリニーズはどのような経緯で誕生したのか説明していきます。

シャム猫の長毛タイプ

バリニーズはシャム猫の種類には間違いないのですが、大きな違いとして長毛種であるということがあります。これはシャム猫が短毛種なのが基本であるからです。

シャム猫は温かい地域が原産であり、猫の場合は生息地の気温によって体毛の長さが形成されるため、当初は長毛種のバリニーズはシャム猫とは認められませんでした。

バリニーズの祖先は突然変異で誕生していて、最初はシャム猫とは区別されていましたが、長毛以外はシャム猫の特徴を持っていたため、系統の一種として確立されていきます。

シャムミックスとは?

シャム猫と他の種類の猫を交配して誕生した猫をシャムミックスと言いますが、シャム猫はとてもの高い猫なので、ミックスであっても好む人は多くいます。

シャムミックスではシャム猫の外見的特徴が現れることがあり、特に顔が黒くなる場合が多いでしょう。また性格も受け継ぐことが多いので、これがの高い理由になっています。

またシャム猫は短毛種でスリムな体形になりますが、長毛でふくよかな体形の猫を好む人もいるので、ミックスによって自分の好みの猫を誕生することも可能です。

バリニーズの特徴

バリニーズは近年になって血統が確立された種類であり、その名前を知らない人も少なくありません。それでもがあるのは、その特徴が受け入れられているからです。

バリニーズはシャム猫の特徴が存在していますが、それ以外にも多くの特徴を持っています。このバリニーズは、どのような特徴を持った猫なのでしょうか?

バリニーズの特徴1:ポイントのある毛色

バリニーズの最大の特徴はその毛色であり、特に顕著なのは顔が黒くなっているものが多いということです。これはシャム猫にもよく見られていて、仲間であることがすぐにわかります。

この顔の色については薄かったり黒くないものもいますが、八割れや顔の半分だけ色があるのではなく、全体的に色が付いているのが一般的になっています。

その反対に体の部分は白と薄茶色の淡い色になる傾向が強く、これもシャム猫の特徴と同じであり、全体的にグラデーションのような色合いになることが多いでしょう。

バリニーズの特徴2:アーモンド形のブルーの目

バリニーズの身体的特徴は長毛や毛色の他に、アーモンドのような形をした美しいブルーの目も注目されています。これはシャム猫にもよく見られる特徴の一つです。

猫は眼球にメラニン色素を豊富に含んでいて、このメラニン色素が日光に反応して色を形成するのですが、猫は他の動物では見られないほど多彩になっています。

また遺伝も大きく関係していることがわかっています。バリニーズにブルーの目が多いのはシャム猫がブルーの瞳をしていて、その色を継承していると言えるでしょう。

バリニーズの特徴3:シングルコートの被毛

猫は夏場には体毛が短くなり、冬場になると伸びて長毛になるタイプがいます。これはダブルコートの被毛を持っているからで、季節に合わせて使い分けています。

猫が短い毛と長い毛を持っていることをダブルコートと言いますが、これは季節によって体毛が生え変わる動物に見られる特徴であり、猫の他には犬がその代表例です。

バリニーズは長毛なのにシングルコートの被毛であるため、夏場であっても体毛が短くならないので、体調管理がとても大変になってしまうでしょう。

バリニーズの性格

次のページ:バリニーズを買える場所と価格

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related