Search

検索したいワードを入力してください

ヨークシャーテリアの平均体重や推移は?年齢別に平均体重を解説

皆さんこんにちは、今回は「ヨークシャーテリアの平均体重や推移は?年齢別に平均体重を解説」と題して、「ヨークシャーテリアの平均体重や推移」をはじめ、その際に注意すべき年齢別での平均体重や、ヨークシャーテリアの一般的な性格などについてご紹介します。

ヨークシャーテリアの平均体重や推移は?年齢別に平均体重を解説

ヨークシャーテリアとは?

ヨークシャーテリアは伊パンにコーギーと呼ばれることもある親しみやすい犬種で、その原産地はイギリスのヨークシャーであり、古くからペットとして飼われてきた狩猟犬の一種とされています。

このヨークシャーテリアの近縁種にチワワやマンチェスターテリア、またマルチーズやポメラニアンなどの小型犬がおり、彼らとの共存・共生においても比較的けん制し合うことなく、穏便に生活環境を守れる性質も備えています。

このような親しみやすく、また性格も温厚な犬種でもあるため、現代ではかなり多くの家庭で飼われているの犬種として知られます。

ヨークシャーテリアの特徴

ヨークシャーテリアは基本的に高額を出さないと買えない犬種として知られ、その背景をもって高貴な犬種の1つとして知られてきました。寿命は一般に13歳から16歳前後とされており、環境や飼い方によってはさらに長寿を保つこともできるでしょう。

生まれは先述のようにイギリスのヨークシャー地方とされており、ヨーロッパ原産の犬種としてはたいていにくるほどの犬種として認められます。このようなを獲得し、さらに飼いやすい犬種でもあるため、多くの女性客にも注目されています。
基本情報出身地寿命価格帯
ヨークシャーテリアイギリスのヨークシャー地方13歳から16歳10~25万円程度(種類によって変わる)

ヨークシャーテリアの性格

ヨークシャーテリアの性格

  1. とても活発でエネルギッシュ
  2. 遊ぶことが大好きで人懐っこい
  3. 番犬としても優良
  4. 主人に非常に忠実な一面を合わせ持つ
  5. 狩猟本能を兼ね備えている
  6. 甘やかすとどこまでも甘えてしまう(わがままになりやすい)
ヨークシャーテリアは非常に高貴な犬としてヨーロッパ・イギリスでを博していますが、その一方で、甘やかしてしまうとどこまでも甘えてしまい、どんな場面でもわがままになってしまう・飼い主の言う事をほとんど聞かなくなってしまう側面を見せています。

この性格の甘え症から少し飼いにくいとされることもあり、飼い方においては十分なしつけをしておくことをはじめ、主人と犬との関係をしっかり付けておくことが大事とされています。

多くのヨークシャーテリアの種類、また近縁種は遊び好きで有名であり、特に飼い主と一緒に散歩したり、レジャーを楽しむことを好みます。

ヨークシャーテリアの平均体重とは?

ヨークシャーテリアは基本的に小型犬なので、成長後も2kgから4kg前後の体重を平均体重にする場合がほとんどです。小型犬でありつつ運動をよくするため、筋肉のほうが発達する形で体脂肪はあまり付かない傾向に見られます。

小柄な犬にありがちな平均体重の推移をそのまま参考にする形で、たとえばチワワの平均体重も2kgから4kg前後になるのと同じく、小型犬の中でも特に軽量サイズの体重表を基準にしておくと良いでしょう。

そのため、ずっと抱っこしていても腕が疲れにくく、また移動時でも簡単なキャリーケースがあれば十分です。
ヨークシャーテリア 成長期平均体重
生後1ヶ月200g
生後2ヶ月400g
生後3ヶ月700g
生後6ヶ月1.4kg
生後7ヶ月1.5kg
生後8ヶ月1.5kg
生後9ヶ月1.5kg
生後10ヶ月1.6kg
生後11ヶ月1.6kg
生後12ヶ月2kg

ヨークシャーテリアの平均体重1:生後1ヶ月

ヨークシャーテリアの生後1ヶ月の平均体重は、だいたい200g前後が基準となります。中には個別で200g以上になり、400gと大型のサイズになる場合もありますが、その場合はやや肥満の疑いが持たれることもあるため、なるべく早期に病院に相談しましょう。

小型犬はたいてい生後1か月から3か月辺りでは、大きく見積もってもその体重が1.5kgを超えることはないため、その犬種の基準となる体重表をいつでも携帯しておき、随時の観察によって体調(体重)管理をしておくことが勧められます。

ヨークシャーテリアの平均体重2:生後3ヶ月

生後3ヶ月の場合でも、1kgを超えることは滅多にありません。ヨークシャーテリアは特に小型犬として有名であり、また過食をする傾向も少なく、さらに運動を活発にする犬種になるため、チワワの小型サイズの平均体重と同じく、その変動はほぼ見られません。

稀にこの時期になると、自分で空腹時にミルクをよく飲んだり、また個別の性格によって運動を嫌う犬種もいるため、その場合はそれ以上の体重になってしまうことも見られます。この場合も、あまりに太ってしまった際には早めに動物病院に相談しておきましょう。

ヨークシャーテリアの平均体重3:生後6ヶ月

次に生後半年頃のヨークシャーテリアの平均体重ですが、この頃になると必ずと言ってよいほど1kgを超えており、その平均体重は「1.4kg」前後が妥当となるでしょう。またこの頃になると個別性が表れやすくなるため、場合によっては体重に変化も見られます。

そのため、生後半年前後に差し掛かった場合、体重が変化したからといってそれほど慌てる必要はありません。とりあえずその後数週間ほどは様子を見ておき、運動を活発にすること・夜間にきちんと眠れているかどうかを確認することに留意しましょう。

ヨークシャーテリアの平均体重4:生後10ヶ月

ヨークシャーテリアが生後10ヶ月を迎える頃になると、その平均体重はだいたい「1.6kg」前後となり、2kgに近くなってきます。この体重でも成体から見れば半分程度の体重になるため、まだ成長期に差し掛かればもっと体重は増加することを想定しておきましょう。

それでも2kg未満というのがこの時期の平均体重なので、抱いている時・移動する時にはやはり楽にそれぞれをこなすことができるでしょう。この点から見ても非常に飼いやすい犬種なので、多くの人にがあります。

ヨークシャーテリアの平均体重5:成犬時

次にヨークシャーテリアの成犬時の平均体重ですが、この時期になると個別でその平均体重はばらつきが見られてきます。小柄な場合で2kg前後となり、大柄な場合では4kg近くまで成長することがあるでしょう。

これは家庭に迎え入れてからの生活環境・飼い方によって大きく変化することになるので、運動と食事、そして睡眠をバランスよく取り入れておき、肥満体形にならないよう注意しておく必要が出てきます。さまざまな情報から快適な環境設計を工夫しましょう。

ヨークシャーテリアの平均体重6:老犬時

次に老犬時ですが、この場合も個別によって平均体重が変わります。一般的には2kgから3kg前後が妥当なところになりますが、場合によっては4kg前後をそのまま保ってしまうヨークシャーテリアもいます。

この場合も運動量と睡眠の量と、毎日の食事のバランスが大きく影響することになり、本来の習性をしっかり保って運動を適度に取り入れ、さらに食事のタイミングを朝・昼・夜の3度をもって適切な分量を食べていれば、それほど肥満にはならないでしょう。

成犬時のシャーテリアの大きさや体重を予想する方法

成犬時のヨークシャーテリアの場合でも、やはり理想的な体重を維持していくためには「運動と食事」のバランスの取れた生活を送らせることが最適になります。これは多くの犬種にとっても同じことですが、そのように適切な環境の継続維持により健康が保たれます。

そしてそのヨークシャーテリア自身の両親の体形や、また体内組織を構成している骨格・臓器の大きさなどを事前に確認しておき、肥満体形になりやすい犬種であるかどうかをチェックすることも大事になるでしょう。

両親の体格をみる

どの犬種にしても、その両親の体格を見ることによって、その子犬の体格・体形もだいたい見当が付くことになります。この特徴は主に小型犬・大型犬の種別を問わず、肥満になる犬種は個別性をもって肥満になっていくため、個々の体格チェックが必要になります。

しかしたいていのヨークシャーテリアはその体高が18センチ~23センチ程度になり、それに付随する形で体重も2~3kgが(成犬時の)平均体重として認められるため、大幅な肥満体形が見られることはほとんどありません。

骨格をみる

ヨークシャーテリアのような小型犬を飼う場合でも、その犬種が病原体を持っていないか・きちんとした骨格をしているかということは、事前の確認において非常に大事になってきます。これは主にペットショップですぐに確認できるため、まずは気軽に相談しましょう。

さらにペットショップで購入してから何か月後に肥満体形になってきた場合、平均体重から大きく外れるようになった場合は、動物病院で骨格診断をしてもらい、中途障害などがないかをしっかり確認することもできます。

ヨークシャーテリアの平均体重を把握して体重管理しよう

ヨークシャーテリアの平均体重や推移は?年齢別に平均体重を解説
※画像はイメージです
いかがでしたか、今回は「ヨークシャーテリアの平均体重や推移は?年齢別に平均体重を解説」と題して、「ヨークシャーテリアの平均体重や推移」をはじめ、その際に注意すべき年齢別での平均体重や、ヨークシャーテリアの一般的な性格などについてご紹介しました。

ヨークシャーテリアはイギリス生まれの小型犬で、その平均体重は成長しても3kg前後であるなど、飼う場合には非常に楽な環境が与えられる種となります。チワワやマルチーズなどとの共存にも柔軟なので、ペットとしては最適な一種として認められるでしょう。

Related