Search

検索したいワードを入力してください

チベタンテリアの特徴と性格とは?チベタンテリアの飼い方もご紹介

更新日:2020年08月08日

チベタンテリアとは、歴史、チベタンテリアの特徴、チベタンテリアの性格、飼い主に忠実、愛情深く愛嬌がある、警戒心が強い、人や周囲に敏感、チベタンテリアの飼い方、ポジティブにしつけをする、ブラッシング、暑い時期はカットするのもよい、チベタンテリアの特徴を知ろう!

チベタンテリアの特徴と性格とは?チベタンテリアの飼い方もご紹介

チベタンテリアとは?

チベタンテリアは名前に「テリア」とありますが、じつはテリア犬種ではありません。

チベットが原産国であるチベタンテリアは「幸福を呼ぶ犬」と呼ばれ、牧羊犬として活躍していた犬種です。見た目はテリアに似ていますが、犬種はテリアではありません。

チベタンテリアはどのような特徴を持った犬なのか、寿命や性格、飼い方についてご紹介します。

歴史

チベタンテリアは紀元前から存在が伝えられている犬種です。

チベタンテリアの生い立ちには2つの説が伝えられていて、遊牧民が牧羊犬として飼育していたものを寺院に贈与した説と寺院で飼育していた犬を遊牧民に与えた説がありますが、後者の説が有力とされています。

家畜であるヤクや羊を移動させる牧羊犬として飼育されていたことと全身の長い被毛が特徴であることから、夏に刈り取った被毛をヤクの被毛と混ぜ合わせて衣服を作るために使っていました。

チベタンテリアの特徴

チベタンテリアの特徴は、全身を覆い隠してしまうほどの長い被毛です。

性格は一言で言うと犬らしい性格をしていて飼いやすい犬種です。そのほかの「被毛・毛色」、「寿命」、「体高・体重」についてはどのような特徴があるのでしょうか。

ここではチベタンテリアの特徴について解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。

被毛・毛色

チベタンテリアの被毛・毛色にはどのような特徴があるのでしょうか。

チベタンテリアの被毛は直毛かもしくは少しウエーブがかかったコートと柔らかいアンダーコートからなるダブルコートで、原産国であるチベットに先祖が暮らしていたことからその厳しい寒さに対応するために今の姿に進化したのでしょう。

毛色はブラック、ホワイト、ゴールデン、グレー、クリーム、スモーク、パーティカラー、トライカラーといったようにたくさんの種類があります。

寿命

チベタンテリアの平均寿命は12~15歳です。

親犬からの遺伝による病気になりやすく、リスクが高いものや発症すると命の危険につながるもの、そして歩くことが困難になる症状があらわれる場合などがあります。

いずれにしてもいつもと様子が違うようであればすぐにかかりつけの動物病院へ連れていきましょう。

また、繁殖するための親犬を遺伝子検査することで遺伝による病気の発症リスクを抑えることができるので、可能であれば飼う前にチェックしましょう。

体高・体重

チベタンテリアの体高・体重にはどのような特徴があるのでしょうか。

チベタンテリアの体高は36~41cm、体重は8~14kgほどで小型犬に分類され、オスに比べてメスのほうがやや小さい特徴があります。

寒さの厳しいチベット原産の犬種らしい特徴として、足の指が大きく平らで丸い形をしていることが言えます。そのような構造になっていると、道が荒れていたり雪深い道だったりしても「かんじき」のような歩きやすさがあります。

チベタンテリアの性格は?

チベタンテリアの性格には「飼い主に忠実」、「愛情深く愛嬌がある」、「警戒心が強い」、「人や周囲に敏感」といった特徴があります。

見た目はテリアに似ているチベタンテリアですが、猟犬だった勇敢なテリアと牧羊犬だったチベタンテリアとでは性格に違いはあるのでしょうか。

ここではそれらの性格について解説していきますのでぜひ参考にしてみてください。
次のページ:チベタンテリアの飼い方

初回公開日:2020年03月11日

記載されている内容は2020年03月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related