Search

検索したいワードを入力してください

触りたくなるもふもふ犬10選|もふもふな毛の特徴などを紹介

更新日:2020年09月17日

もふもふ可愛い犬に癒されたい、そう思ったことはありませんか?今回の記事では、思わず触ってみたくなるほどふわふわ、もこもこした毛をもつ犬を大特集しています。もふもふ犬に興味がある方、どんな犬がいるのか、ぜひご覧になってみてください。

触りたくなるもふもふ犬10選|もふもふな毛の特徴などを紹介

もふもふ犬とは?

もふもふ犬とは、比較的に毛が長めでふわふわもこもこしていて、触り心地の良い犬のことを言います。今回の記事では、どんなもふもふ犬がいるのか紹介します。

もふもふ犬は見ているだけで癒される可愛さがあるのですが、毛が長かったりもこもこふわふわしているということは、少しお手入れが大変だということでもあります。

毎日ブラッシングが必要だったり、定期的にトリミングに連れて行く必要があるもふもふ犬は少なくなく、わりと世話に手間がかかります。

触りたくなるもふもふ犬1:サモエド

思わず触りたくなるほどふわふわもこもこのもふもふ犬、1番目は極寒の国ロシアが原産国の「サモエド」です。

サモエドは真っ白いもふもふ犬で、ロシアは寒い国なので、もふもふ犬の由来である毛は寒さを防ぐためでしょう。
サモエド飼育にかかる費用・手間
初期費用(ペットの値段・ケージ費用等)40万円~50万円
継続費用3万円~5万円
サモエドの寿命12歳~13歳
世話にかかる手間毎日ブラッシング・月1回シャンプー

サモエドの特徴

サモエドの特徴はなんといっても、毛の長い大型犬、白いもふもふの犬であることでしょう。

耳がピンと立った立ち耳をしており、原産国が寒い国なので暑さには弱いです。

サモエドはかなり希少な犬種であり、子犬を飼おうとしてもそもそもペットショップに入荷されていないことがあります。価格も高めで、30万円~40万円くらいかかることもあります。

サモエドの性格

サモエドはとても頭が良いもふもふ犬で独立心も旺盛ですが、その一方で飼い主や他の犬ともフレンドリーに接することができる、優しい犬です。

大型の犬は比較的に性格がおとなしめの犬が多いですが、サモエドもその例にもれず、おだやかな性格をしており飼い主に従順な傾向があります。

牧羊犬として過ごしてきた歴史があるため、運動することが大好きです。

触りたくなるもふもふ犬2:ゴールデンレトリバー

続いてご紹介するのは、日本でもわりとお馴染みでよく見かけることのあるもふもふ犬、「ゴールデンレトリバー」です。

日本では小型犬のが高いですが、ゴールデンレトリバーは大型犬の中ではの高い犬種です。
ゴールデンレトリバーの飼育
初期費用30万円前後
継続費用1.5万円~2万円
ゴールデンレトリバーの寿命10歳~12歳
世話にかかる手間細目なブラッシング(換毛期は毎日)

ゴールデンレトリバーの特徴

もふもふ犬「ゴールデンレトリバー」の特徴は、ある程度の防水性も兼ね備えたふわふわもこもこした金や茶色に近い毛色にあります。

もともとゴールデンレトリバーは、狩猟犬として活躍してきた犬でした。そのため飼うにあたってはかなりの運動量を必要とすることを理解しておく必要があります。

もふもふ犬なので毛が長く、毛並みを保つためにも細目なブラッシングは欠かせません。

ゴールデンレトリバーの性格

「ゴールデンレトリバー」はとても頭が良く、人間に対しても従順な傾向があるため警察犬や盲導犬など、人間をサポートする役目でもよく活躍している犬です。

大型のもふもふ犬らしく性格は陽気でおだやかで優しく、人と一緒に何かをするというのが大好きだという性格をしています。

他の犬よりも水が大好きな傾向があるので、飽きずに水遊びをしていることがあります。

触りたくなるもふもふ犬3:シェットランドシープドッグ

触りたくなるもふもふ犬、3番目は「シェルティ」と呼ばれることもある「シェットランドシープドッグ」は、スコットランドはシェットランド諸島原産の犬です。

シェットランド諸島では牧羊犬として働いていました。
シェットランドシープドッグの飼育
初期費用15万円~30万円
継続費用1.5万円~2万円
シェルティの寿命12歳~13歳
世話にかかる手間毎日のブラッシング・トリミング

シェットランドシープドッグの特徴

もふもふ犬種の中でも大きさが小型~中型犬の「シェットランドシープドッグ」の特徴は、少し立ち上がっている耳とスッと通った鼻筋でしょう。

最近ではショータイプとして小型犬くらいのサイズの、シェットランドシープドッグが増えています。もともとが牧羊犬なので、運動が大好きで必要としている運動量も多いもふもふ犬です。

シェットランドシープドッグの性格

もと牧羊犬のもふもふ犬なので、性格は飼い主には従順で物覚えがよく、おだやかで優しいというとても飼いやすい性格を持っています。

飼い主にはとてもよく懐いてくれるのですが、知らない人には人見知りをして警戒心を抱きやすいです。「愛犬には自分だけに懐いてもらいたい」、飼い主さんにはピッタリのもふもふ犬です。

触りたくなるもふもふ犬4:チャウチャウ

「チャウチャウ」は中国原産のもふもふ犬であり、こちらの画像を見ても分かるようにかなりもこもこした毛を持った犬で、姿が少しライオンに似ています。

もふもふ犬、ゆるふわ犬として日本でも結構があります。
チャウチャウの飼育
初期費用40万円~45万円
継続費用2万円~2.5万円
チャウチャウの寿命10歳~12歳
世話にかかる手間毎日のブラッシング

チャウチャウの特徴

「チャウチャウ」の特徴はなんといっても、時にライオンにも見えるほどふさふさした毛を持つもふもふ犬である、ということです。

見づらい特徴としては、青黒い舌を持っています。この色の下を持つ犬は少なく、とても珍しいです。

チャウチャウは繁殖が難しいと言われているためか、子犬の価格がかなり高めのもふもふ犬となっています。

チャウチャウの性格

もふもふ犬であるチャウチャウの性格ですが、これまでに紹介してきた犬たちとはまったく違い、マイペースで頑固であるという少し飼いにくい性格になっています。

この性格のためか、チャウチャウは家庭で飼うには向いていない、と言われることもあります。非常に警戒心が強く、家族として迎えてもなかなか打ち解けることは難しいでしょう。

触りたくなるもふもふ犬5:ポメラニアン

触りたくなるもふもふ犬5番目に紹介するのは、日本でもの高い小型のもふもふ犬、「ポメラニアン」です

ポメラニアンは実は、1番目のもふもふ犬として紹介した「サモエド」の子孫の1種であると考えられています。
ポメラニアンの飼育
初期費用20万円~35万円
継続費用1.5万円~
ポメラニアンの寿命12歳~16歳
世話にかかる手間毎日のブラッシング・トリミング

ポメラニアンの特徴

「ポメラニアン」の特徴は、小型犬の中でも小さめの頭と、丸くて大きな瞳でしょう。その愛らしい外見から、日本でもの高い犬種となっています。

現在では小型犬となっているのですが、もともとは中型犬ほどの大きさがありました。そのためか、時々、小型犬とは言えない大きさまで育ってしまう子もいますのでご注意ください。

ポメラニアンの性格

もふもふ犬であるポメラニアンの性格は陽気で愛嬌があり、遊ぶことが大好きで飼い主にも他の犬にもフレンドリーです。

ただ、臆病で神経質、警戒心が強いという一面も持っています。しつけの仕方によっては、よく吠えてしまう犬に育ってしまう可能性があります。

小さな頃からしっかりとポメラニアンの性格を理解して、しつけましょう。

触りたくなるもふもふ犬6:シーズー

白い毛でちょっとおじいちゃんのようにも見える中国原産のもふもふ犬、「シーズー」です。

毛は長めなので、頭の部分などに可愛くリボンを結んでいるシーズーを見たことがある人も、多いのではないでしょうか?
シーズーの飼育
初期費用25万円~45万円
継続費用1万円~1.5万円
シーズーの寿命14歳~15歳
世話にかかる手間毎日念入りなブラッシングが必要

シーズーの特徴

もふもふ犬「シーズー」の特徴といえば、白めで少し長めの被毛をもつ小型犬、ということでしょう。日本でも飼いやすい小型犬として、昔からがある犬種です。

ペットショップなどでの販売価格にはペットタイプとショータイプがあることに注意してください。ペットタイプは安めですが、ショータイプはかなり高いことがあります。

シーズーの性格

シーズーは陽気な性格で明るく温厚なため、ご家庭で飼うにも向いているもふもふ犬です。警戒心が強い一面もあるので、番犬として飼われることもあります。

昔は、シーズーは中国の皇帝に飼われていました。小型犬ながら運動が大好きなので、運動量はそれなりに多めです。長いダブルコートの毛を持っているため、暑さには弱いです。

触りたくなるもふもふ犬7:ビジョンフリーゼ

こちらは白いふわふわ毛がのもふもふ犬、フランスが原産の「ビション・フリーゼ」です。

とにかく白くてふわふわもこもこしていて、体重も5kg~6kgとかなりの小型犬です。日本ではあまり見かけることがありません。
ビション・フリーゼの飼育
初期費用25万円~35万円
継続費用2万円~2.5万円
ビジョン・フリーゼの寿命12歳~13歳
世話にかかる手間2日に1回ブラッシング・トリミング

ビジョンフリーゼの特徴

「ビジョン・フリーゼ」の特徴はダブルコートの被毛で、上の毛がゆるくカールしているのでとてもふわふわもこもこしているように見えます。

ビジョン・フリーゼは基本的に被毛が「ホワイト」でないとビジョン・フリーゼとは呼ばれないため、他のカラーになることはあまりありません。日本での飼育頭数も、少な目な犬種です。

ビジョンフリーゼの性格

「ビジョン・フリーゼ」の性格はフレンドリーな性格をしており、飼い主だけでなく他の犬ともうまく付き合え、陽気です。

マイペースな性格でもあるので、1匹になったら自分だけでおもちゃで遊んだりして過ごすことができます。ただ周囲に対する気遣いもする犬なので、ストレスをためやすいのが注意ポイントです。

触りたくなるもふもふ犬8:グレートピレニーズ

かなり大型のフランス原産のもふもふ犬、「グレートピレニーズ」を紹介します。

グレートピレニーズは日本やアメリカではそのままで通じますが、ヨーロッパでは「ピレニアン・マウンテン・ドッグ 」と呼ばれてまいす。
グレートピレニーズの飼育
初期費用30万円~50万円
継続費用1.5万円~2万円
グレートピレニーズの寿命10歳~12歳
世話にかかる手間できれば毎日ブラッシング

グレートピレニーズの特徴

「グレートピレニーズ」の特徴は、がっしりした、骨太の体躯でしょう。大型犬の中でもかなり抜け毛が多い犬種なので、ブラッシング必須です。

かなりガッチリした体躯をしている大型犬であるため、番犬として飼われていることもあります。あまり狭いスペースで飼うことには向いていないためか、日本での飼育頭数は多くありません。

グレートピレニーズの性格

たいていの大型犬はおだやかな性格なのですが、グレートピレニーズはもともと護衛犬であったため家族には従順ですが、警戒心は強いです。

見知らぬ他人に対する警戒心がとくに強いので、まさに番犬タイプでしょう。一方で家族には優しく接するため、子どもさんがいる家庭でもわりと安心して飼うことができるでしょう。

触りたくなるもふもふ犬9:日本スピッツ

触りたくなるもふもふ犬、9番目にして日本原産の犬「日本スピッツ」の登場です。

白くてふわふわっとした毛がかわいい、「日本スピッツ」は日本が原産国の中型犬、日本でももちろんのある犬種です。
日本スピッツの飼育
初期費用15万円~25万円
継続費用1.5万円~
日本スピッツの寿命10歳~15歳
世話にかか手間細目なブラッシング(換毛期は毎日)

日本スピッツの特徴

「日本スピッツ」の特徴は、真っ白でふわふわしているもふもふ犬である、ということです。実は白い毛色でないと「日本スピッツ」とは認められないため、カラーはホワイト以外いません。

犬の容姿や被毛が綺麗に生えているかどうかなどが、販売価格に影響してきます。日本原産ではありますが西洋の犬にルーツがあるため、暑さには弱いです。

日本スピッツの性格

かつて日本スピッツが大になったことがありました。そのときにたくさんの日本スピッツが飼われたのですが、しつけなどの問題から無駄吠えの多い犬という印象がありました。

現在の日本スピッツの性格は好奇心旺盛で人なつっこいと言われています。無駄吠えをすることは少なく、他人への警戒心は強いという性格をしています。

触りたくなるもふもふ犬10:ボーダーコリー

触りたくなるもふもふ犬、最後にご紹介するのはイギリス原産のもふもふ犬、「ボーダーコリー」です。

ボーダーコリーは多くの犬の中でも最も賢い犬種である、ということで有名です。日本でも警察犬として活躍しています。
ボーダーコリーの飼育
初期費用30万円~35万円
継続費用1.5万円~
ボーダーコリーの寿命10年~17年
世話にかかる手間毎日のブラッシング

ボーダーコリーの特徴

ボーダーコリーの特徴の1つが、顔の目と目の間から鼻にかけてまである白い線、「ブレイズ」でしょう

ボーダーコリーの中にはブレイズがはっきりしない犬もいるのですが、白くくっきりはっきりしているほど、販売価格が高めになる傾向があります。

抜け毛もわりと多めなので、頻繁に、できれば毎日ブラッシングしてあげるとよいでしょう。

ボーダーコリーの性格

ボーダーコリーは飼い主に従順でとても賢く、運動能力が高くて人に投げてもらったものを取りに行く、など物を追うことが大好きな性格をしています。

注意ポイントとして、犬を飼ったことのない人がいきなりボーダーコリーを飼うのはできません。

ボーダーコリーと上下関係をしっかり築けていないと、言うことを聞かなくなることがあります。

もふもふ犬にさわって癒されよう!

今回の記事ではもこもこしていて愛嬌のあるもふもふ犬について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。もふもふ犬といっても、さまざまな種類の犬がいます。

ただもふもふ犬を飼いたい場合には、そのもふもふ具合を堪能するためにも頻繁なブラッシングが必要になるなど、手間がかかります。ドッグカフェなどの利用も検討してみてください。

もふもふ犬には性格がおだやかで優しい犬が少なくないので、ぜひもふもふ犬をさわってその毛並みに癒されましょう。

Related