Search

検索したいワードを入力してください

ギネスに載っている世界一小さい犬とは?小型犬の種類と特徴も紹介

更新日:2022年06月01日

ギネスにも載っている世界一小さい犬や超小型犬に興味を持っている人はいませんか。この記事では超小型犬と呼ばれる犬種とその特徴、さらに飼育する際の注意点について紹介しています。これから超小型犬の飼育をしてみようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

ギネスに載っている世界一小さい犬とは?小型犬の種類と特徴も紹介
「ギネス記録に載っている世界一小さい犬ってどんなものなの?」
「超小型犬にはどんな種類と特徴があるの?」
超小型犬の飼育に興味を持っている人の中には、このような疑問や興味を抱いている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、ギネスに載っている世界一小さい犬を紹介するとともに、「超小型犬」と呼ばれるタイプの種類や特徴、飼育するメリットや注意点についても解説しています。

この記事を読むことで、超小型犬と呼ばれる犬種の特徴や、飼育していて良かったと思えること、さらには注意が必要な点も把握できます。その知識をもとに、自分に合った超小型犬を飼育することができるでしょう。

超小型犬の飼育を検討している人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

ギネスに載っている世界一小さい犬とは?

犬に関するギネス記録はいくつかありますが、本記事では、その中の1つ「世界一小さい犬」について見て行きましょう。

この記録には、鼻先から尻尾の先までを測定した「体長部門」と、足元から肩の高さまでを測定した「体高部門」の2つがあり、それぞれギネスに公認された犬がいます。

ここからは、ギネスに載っている世界一小さい犬をそれぞれの部門から紹介します。

チワワの「ヘブン・セント・ブランディ」

体長部門で世界一小さい犬としてギネスに載っているのが、チワワの「ヘブン・セント・ブランディ」です。

2003年の12月31日に生まれたメスのチワワで、2005年の測定結果で、体長およそ15.2㎝、体重が900gということでギネスに認定されました。

華奢な骨格のために肺が小さく、吠えられないなどの欠点はあるものの、その可愛らしい見た目で、多くの人をファンにしたと言われています。

出典:ヘブンセントブランディとは?|子犬のへや
参照:https://www.koinuno-heya.com/famous/heavensentbrandy.html

チワワの「ミラクル・ミリー」

チワワの「ミラクル・ミリー」は、2013年2月に体高部門でギネス認定された世界一小さい犬です。

こちらはプエルトリコ在住のチワワで、測定された記録は体高が9.65cm、体重は450gという結果でした。

生まれた直後はスプーンに乗るほどの小ささだったという逸話もあり、その小ささから現地ではセレブのような存在として扱われています。

出典:「体高部門」|チワワファンクラブ! チワワの魅力のすべてが分かる
参照:https://chihuahua-fanclub.com/2019/04/28/post-376/

超小型犬8種の特徴

前述の通り、世界一小さい犬としてギネス記録を持っている2匹はチワワです。そのため、チワワが超小型犬というのは、共通認識になっていると言えるでしょう。

しかしながら、世界にはチワワのほかにも超小型犬と呼ばれる種が複数あり、一時期はブームを巻き起こすほどの人気を誇っていました。

現在でも超小型犬は人気を集めているのですが、実際にどのような種類が超小型犬に分類されているのか、その特徴などについてよく知らないという人もいるでしょう。

ここからは、そんな超小型犬と呼ばれる犬種とその特徴を紹介します。
  • アーフェンピンシャー
  • ポメラニアン
  • ヨークシャー・テリア
  • チワワ
  • プラシュスキー・クリサジーク
  • パピヨン
  • ロシアントイテリア
  • ブリュッセル・グリフォン

1:アーフェンピンシャー

アーフェンピンシャーはドイツ原産の超小型犬で、元々はねずみ捕り用の犬として重宝されてきた歴史を持ちます。体高はおよそ22~30cm、体重が2.9~6kg程度です。黒い毛並みと猿に似た顔から、「モンキードッグ」と呼ばれることもあります。

そんなアーフェンピンシャーは、好奇心旺盛で活発な性格をしており、遊びやいたずらが大好きです。

頑固な一面があるものの、利口でほかの犬とも仲良くできるという側面もあり、比較的飼育しやすい犬種でしょう。

2:ポメラニアン

フワフワとした体毛とコロコロした体形が人気のポメラニアンは、ドイツ原産の超小型犬です。体高は20cm前後、体重も2~3kg程度となっています。

スピッツ一族という、そり犬の血筋のため、運動欲求が高く、活発で遊び好きな性格をしています。

飼い主に対する忠誠心も高いので初心者向けではありますが、警戒心や注意力が高いことから吠えやすい傾向があるので、躾が肝心と言えるでしょう。

3:ヨークシャー・テリア

イギリス原産の超小型犬であるヨークシャー・テリアは、元々ねずみ捕り用として重宝されていましたが、現在は愛玩犬の代表的な存在として、世界中から人気を集めています。

絹糸のようなきれいな被毛と丸々とした瞳が特徴で、体高は22.5~23.5cm、体重2.5~3.5kg程度の個体が多いです。

「テリア気質」と呼ばれる頑固さや、攻撃性が出ることはあまりなく、用心深く聡明で活発な性格をしています。

また、トリミングが必須とされているため、様々なヘアスタイルが楽しめるところも魅力の1つでしょう。

4:チワワ

世界一小さい犬ランキングで世界最小とされているチワワは、メキシコ原産の超小型犬です。体高は15~25cm、体重は1.8~2.7kg程度で、世界一小さい犬種と言われています。

小さな体に大きな目、アップルヘッドと呼ばれるリンゴ形の頭が大きな特徴で、体毛の長さによってスムースチワワ(スムースコート)・ロングチワワ(ロングコート)に分けられます。

性格は活発で勇敢、負けん気が強い部分がある反面、甘えん坊で自己主張が強い一面もあり、小型犬らしく神経質で臆病なところもあるので、しっかりとした躾が必要です。
次のページ:飼育しているのが超小型犬で良かったと思える4つのこと

初回公開日:2022年06月01日

記載されている内容は2022年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related