Search

検索したいワードを入力してください

琉金の値段はいくら?琉金を飼育に必要な物と飼育方法ご紹介

更新日:2020年08月08日

琉金は種類や柄がたくさんあり、種類が豊富なので選び甲斐がある金魚です。値段は一万円を超える物があれば、数百円で販売されている物があるため、金魚初心者でも気軽に購入することができます。体が丈夫なので、飼い方によっては長生きさせることができます。

琉金の値段はいくら?琉金を飼育に必要な物と飼育方法ご紹介

琉金とは?

金魚と聞いたら、琉金を思い浮かべる人はきっと多いでしょう。琉金はとても有名で、多くの人に親しまれている金魚です。

琉金は沖縄県が琉球と呼ばれていた頃に、中国から沖縄を経由して国内に入ってきて名付けられました。値段は高い物から安い物まで、色々な種類があります。

琉金は長いヒレをひらひらさせて泳ぐのが特徴的で、金魚の中では古くから親しまれてきた個体です。

和金の改良種

琉金は和金の改良種で、琉金は大きく丸々とした体型が特徴的で、長い尾びれが目立っています。和金と比べると、ヒレが全体的に長く発達し、中でも尾びれが最も成長します。

成長過程で尾びれが綺麗に成長しているかどうかが、琉金を飼育する上での醍醐味で楽しみとしている人は多いです。

寿命は15年前後なのでとても長生きし、ペットショップでは200~500円程度の値段で販売されています。

大きさ

琉金は平均で10cm程に成長します。最大の個体だと20cm程まで成長し、大きさで値段が変動します。琉金だけでなく、金魚は餌の量で大きさを変えられるのが特徴的です。

大きな琉金に成長してほしい場合は、餌をたくさん与えてあげると大きな個体に成長します。大きなヒレに小顔という姿が印象的で、最もポピュラーな金魚だと言われています。

一昔前までは種類が少なかったですが、現代はバリエーションが多いです。

寿命

琉金の寿命は、平均で5年程だと言われています。餌を与えすぎず、水質をしっかり管理できていれば10年以上生きられるのが特徴的です。

寿命が近付くと泳ぎ方が弱々しく、ウロコのツヤやヒレの張りがなくなってくるという症状が表れます。

病気やケガの発見が遅くなると大変なことになるため、少しでも異変を感じた場合は早めに治療を行うようにしましょう。

優雅な尾びれ

琉金は長く優雅な尾びれと、三角形のような形をしているのが特徴的です。琉金は最もポピュラーな金魚で、色々な絵本や商品などによく書かれています。

中国から琉球(昔の沖縄の名前)を経由して国内に来たので、琉金と呼ばれていると言われています。

祭りの屋台にある金魚すくいなどに用いられる金魚ではありませんが、ペットショップで安価な値段で売られていることが多い個体です。

様々な種類の琉金

琉金と一言で表しても、体形や色味、尾の形で種類が豊富です。色彩で区別するには、メラニン色素がないアルビノ琉金や、紅白の柄がはっきりと表れている更紗琉金などがあります。

体形や尾の形で区別する場合は、長い尾びれが美しい玉サバや、反り返った尾ビレが特徴的な土佐金などがあるのが特徴的です。

今後も愛好家が品種改良を行い、さらに種類が増えることが期待されます。

琉金の値段

琉金は大きな尾びれと、丸みを帯びた三角形の体形が特徴的な金魚です。尾びれが長いロングテールの琉金は、安価で2,000円程の値段で購入できます。

ショートテールと呼ばれる尾びれが短い琉金の方がで、8,000円以上の値段が付く場合がほとんどです。

丸々とした体型が特徴的で、泳ぎが得意ではないため、餌を与えすぎて大きくさせ過ぎ何用に注意が必要です。

安いものは500円から5000円

琉金は安価な個体で、500~5000円程の値段で購入することができます。金魚は英語で「gold fish」と呼ばれており、世間では最も有名な金魚です。

紅白の色合いがとても鮮やかで、尾びれをひらひらさせて泳ぐ姿や、どの角度から見ても美しく見えるのが特徴的です。

琉金は色々な種類があり、どの種類も魅力的に見えます。琉金を購入する場合は、お気に入りの色合いを見つけましょう。

琉金は高いほどきれい

琉金は柄が色鮮やかであるほど、値段が高く付くでしょう。琉金という品種は、和金という品種から改良されて生まれた個体です。

尾びれは長く伸びており、丸々とした体型が特徴的です。三角形の個体が多いですが、ほぼ円形の個体も多いです。

体が丸くなるのは腸が長いためで、植物性の餌を与えることでさらに丸型にすることができます。個体ごとで、尾びれの形が違うのが特徴的です。

琉金の種類

琉金は丸型金魚の代表格で、体中のヒレの中で、尾びれが最も発達しています。和金が突然変異した種類で、琉金の種類で赤、白、黒の三色が並んでいる物はキャリコと呼ばれています。

琉金は簡単に手に入れることができ、ホームセンターやペットショップなどの色々な場所で見かけることができるでしょう。安い個体だと、300円程の値段で手に入れられます。

ここからは、琉金の種類を詳しく見ていきましょう。

琉金の種類1:更紗琉金

更紗はインドの木綿に色々な柄を書き入れた物で、更級琉金は赤と白の紅白柄が特徴的な金魚です。中でも頭の上部だけが赤くなっている個体を丹頂と言います。

体形や尾びれの形は関係なく、紅白柄の琉金は「更紗琉金」に分類されます。赤い色と白い色が直線状に入っている個体はとてもで、値段が高くなることが特徴的です。

最もポピュラーな個体は、1匹300~500円程の値段で販売されています。

琉金の種類2:だるま琉金

だるまのように丸い体格の個体は「だるま琉金」という種類で、だるまを正面から見た姿と似ているのが特徴的です。円形に近い輪郭をしています。

尾びれが目立たないほど体の丸みがよく目立ち、重宝される傾向にあります。ペットショップでも見かけることがあまりなく、価格はやや高めに設定されています。

1匹500~5,000円と値段の幅が広いです。

琉金の種類3:キャリコ琉金

キャリコ琉金は赤、白、黒の3色の色彩を持つ琉金でと呼びます。明治時代にアメリカ人の依頼から誕生しました。体とヒレの間に、黒が入った個体が値段が高いです。

名前の由来は、マダラという意味の「calico」から来ています。現在ではメジャーな品種で、当時は輸出向けに生産されていたため、当時の日本人には馴染みがありませんでした。

基本的に安価で購入できますが、体形や柄が綺麗な物は値段が張ります。

琉金の種類4:黒琉金

黒琉金は名前のとおり、体色は黒ですが、2005年頃から少しずつ有名になっていきました。とても珍しい個体で、出目金とは違い暗いグレーのような色をしています。

現代では見かける機会が増えつつあり、暗いグレー一色で琉金とほぼ変わらない体格です。

最近では、金魚すくいやペットショップなどで見かけることが多くなりました。産地や生産者、体型、大きさなどで値段が異なります。

琉金の種類5:白琉金

白琉金は黒琉金より知名度が高く、頭部にオレンジの柄が入っている個体が多いです。白琉金はアルビノと同じで体が弱いので、飼育は琉金の中で世話が大変だと言われています。

本来は琉金は丈夫なので、金魚初心者から手慣れている人にまで幅広く飼育されています。しかし白琉金を世話する中で、水は常に綺麗に保てるようにしておきましょう。

値段は約2000円程度で購入することができます。

琉金の種類6:ショートテール琉金

ショートテール琉金は最近中国でになっており、通常の琉金に比べて短い尾びれが特徴的です。尾びれが短くなったのは、繁殖させているうちに自然に表れてきたと言われています。

体の柄はさまざまで、桜色やキャリコ色など、多くの柄が展開されています。体形は琉金とほぼ一緒で、大きな腹部に短い尾びれですがごく普通に泳げるでしょう。

値段はほとんどの個体が高いですが、安い個体もいます。

琉金を飼育するのに必要な物

琉金は丈夫な金魚なので、初心者でも飼育しやすい金魚です。丸みを帯びている体型からして泳ぎがゆっくりで、水槽で飼う場合は濾過フィルターの水流を弱めに保ってあげましょう。

混泳させる場合は、俊敏に動き回るコメットや和金などと一緒にするのはあまりできません。

琉金と混泳させる金魚は、ゆっくり泳ぐ種類の物と泳ぐ物が最適です。ここからは、琉金を飼育する際の必需品を詳しく見ていきましょう。

琉金を飼育する際の必需品

  1. 水槽
  2. フィルター
  3. 蛍光灯
  4. 水温計

琉金を飼育するのに必要な物1:水槽

琉金用の水槽は、横から鑑賞できる物がです。琉金を飼育するには、60~90cmのサイズがです。

餌を多く与えて大きく成長させたり、繁殖などの過程を楽しむことができます。小さな水槽では行えないレイアウトも行えるため、飼育を楽しめるでしょう。

60cmの物だと3匹が目安で、90cmの物だと5匹が目安です。水槽だけなら3,000~7,000円で購入できます。

琉金を飼育するのに必要な物2:フィルター

琉金にフィルターは投げ込み式か外掛け式の物で、安い値段で購入することができます。琉金は泳ぎ方が緩やかなので、水流は弱めに設定しておきましょう。

スポンジフィルターが特にで、スポンジを経由して水が泡と一緒に排水口から出ます。

エアーポンプで作り出された泡が出てくるため、酸素を供給する効果が同時に得られるでしょう。ペットショップや通販で、2,000円以内で購入できます。

琉金を飼育するのに必要な物3:蛍光灯

蛍光灯を点けることで水草が健やかに成長し、金魚の発色が良くなります。水槽の中が綺麗に映るので、琉金を飼育する際にはぜひ入れておきましょう。

蛍光灯があることで水槽の中がよく見えるというメリットがありますが、一方で長い間点灯しておくことで苔が生えやすくなってしまうため、点灯時間は9時間までが目安です。

ペットショップや通販で、5,000円の値段で販売されています。

琉金を飼育するのに必要な物4:水温計

琉金を飼育するには水温のチェックは欠かせないため、水温計を用意しておきましょう。水温を計るのに主に使用し、水温は琉金の状態に大きく関わるため常にチェックが必要です。

琉金を飼育するには水道水を使用しますが、水道水には塩素が含まれているため、除外しなければいけません。

塩素を取り除くには、塩素中和剤を使用しましょう。水温計は数百円の値段で購入することができます。

琉金の飼育方法

琉金だけにこだわらず、金魚の水温は急激に変えてはいけません。金魚は普通の熱帯魚よりも日本の環境に適応できるため、種類によっては屋外で冬を越すことができます。

しかし適応できる水温には幅がありますが、それは生き抜くために耐えられる水温で飼育に適した水温です。

琉金は和金などとは違い、水温の変化に弱いため耐えられる温度幅が広くありません。ここからは、琉金の飼育方法を詳しく見ていきましょう。

琉金の飼育方法1:水槽のレイアウト

琉金の水槽内のレイアウトには、流木や水草、アクセサリーが使用することができます。飾りは水槽の奥に設置し、真ん中は遊泳スペースとして確保しましょう。

統一感を重視することが大切で、日本庭園や楽園などのテーマを決めて、配置するのがです。背景が琉金より目立たないようにし、数は少なめに用意しておきましょう。

装飾代は、数千円以内の値段で収まります。

琉金の飼育方法2:最適な温度

琉金に適した水温は、15〜28℃が目安です。冬の寒さには強いため、水温は1℃以上あれば冬を越せる程の耐久力があります。

しかし10℃以下になるとあまり動かなくなるため、冬も鑑賞したい場合はヒーターを用意しましょう。ヒーターに関しては、数千円の値段で販売されています。

日本の四季に適応するので、水温に関しては夏は28℃、春と秋は23℃、冬は15℃を目安にするのが長生きさせるコツです。

琉金の飼育方法3:餌

琉金は好き嫌いが少ないので、どの餌でもしっかりと食べてくれます。しかし100均などの餌は栄養価が低いため、ちゃんとしたメーカーの物がです。

餌を与える頻度は1日2回、数分で食べきれる量を与えるようにしましょう。水質や水温ごとで食べる量が変わり、夏はたくさん食べますが、冬はほとんど食べません。

金魚の食事は、餌を食べ終わるまで観察が必要です。ほとんどが1,000円の値段で購入できます。

優雅に泳ぐ琉金に癒されてみよう

琉球は飼育しやすい金魚で、体色や柄が何パターンもあるため選び甲斐があります。一見いちごのような形で、寸胴体型を好む人間にの種類です。

緩やかに泳ぐ金魚と一緒なら混泳が可能で、綺麗な宝石箱のような水槽を作ることができるでしょう。値段は数百円から一万円越えの物があるため、種類が豊富です。

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related