Search

検索したいワードを入力してください

ペット禁止のアパートでハムスターは飼える?飼う時の注意点6つ

更新日:2020年09月24日

ペットを飼いたい人は増えていますが、ペットを禁止しているアパートは多いです。ペット禁止のアパートでもハムスターを飼うことはできるのか、飼う時にはどのような点に注意したらよいのか、アパートで飼うペットについて紹介します。

ペット禁止のアパートでハムスターは飼える?飼う時の注意点6つ

ペット不可のアパートが多い理由4つ

日本のアパートなどではペット不可となっており、ペットを飼うことのできないアパートが多いのですがそれには4つの理由があります。

一般的には、ペットを飼うことによりさまざまなトラブルが発生する可能性があり、トラブルを避けるためにペット不可となっていることが多いです。

ペット不可のアパートが多い理由1:物件の修繕費用を抑える

ペット不可のアパートが多い理由の1つとして、ペットが物件の壁や床をキズつけることがあり、それらの修繕費用を抑えるために禁止としているという理由があります。

借主が出て行ったあとに、物件が思ったよりも傷ついており修繕費用がかかることがある他、傷がつくことで物件の価値自体が落ちることも少なくありません。

ペットを飼っていなければ起こりにくい問題なので、ペット不可となってしまう理由の1つになります。

ペット不可のアパートが多い理由2:近隣住民とのトラブル防止

ペットあるあるですが、鳴き声が近隣住民とのトラブルの原因となることがあり、そもそもペットを禁止することでトラブルを未然に防ぐという理由です。

ペットとして飼育率の高い犬や猫はとくに、犬が鳴きやまない・猫が鳴いてうるさいなどの問題で、近所の犬がうるさいと通報されてトラブルになることがあります。

近所から苦情を申し立てられないよう、あらかじめペット不可としておくことで、なるべくトラブルを減らしたいというアパートの貸主の事情があるでしょう。

ペット不可のアパートが多い理由3:臭いのトラブル防止

ペットによるトラブルでは犬の鳴き声がうるさいなどの他に、ペットを飼っているアパートの部屋からの悪臭がトラブルの原因になるという理由もあります。

ハムスターとうさぎのような小動物でも、うさぎは臭い・ハムスターも飼育方法によっては臭いなどのトラブルが起こることがあります。

こういった場合、飼い主は臭いに慣れてしまい気づかない場合が多いです。アパートは臭くなっているのに、飼い主だけが臭いを感じなくなっていますが、こちらも苦情の原因になります。

ペット不可のアパートが多い理由4:過敏性反応の入居者対策

近年ではペットが持つ毛などに過剰な反応が出てしまう人が増えているため、その対策のためにアパート全体をペット不可にしているという物件も増加傾向にあります。

とくにペット飼育率の割合の高い犬や猫が原因で、体調不良を起こす人がいます。こういった体質の方に配慮して禁止している場合であったら、その物件でペットを飼うのは難しいでしょう。

ペット不可のアパートでハムスターは飼えるのか?

ペット不可となっているアパートは多いのですが、ハムスターなどの小動物でも飼えないのか、あるいはなんらかの交渉をすれば飼える場合もあるのか、見ていきましょう。

小動物とは、ハムスターやうさぎ・コウモリなどの比較的に体が小さめのペットのことです。

ペット不可のアパートで動物を飼いたいときにすべき行動

ペット不可のアパートで動物を飼いたい場合には、不動産会社やアパートの貸主に直接飼ってもよいかどうか聞く、という行動をとる必要があるでしょう。

ペット不可でも、全てを禁止している場合ではないことがあります。飼えるペットあるあるとして、鑑賞用モルモットや熱帯魚などがあります。

ただ小型でも、子犬や子猫は違います。子犬の鳴き声や子猫が泣き止まないなどの問題や、大きくなれば小型とは言えないため禁止になっていることがほとんどです。

県営住宅強制退去や社宅退去とならないよう、許可をとっておきましょう。

ペット可のアパートもある

ペット不可のアパートが多いとはいえ、中にはペット可を売りにしている大和ハウスや大和リビングの物件などもあります。

ペットを飼う夢をもっている人は、最初からペット可の物件に住んでおくとよいでしょう。

ペットの飼えるアパートであっても、猫が鳴きやまないなどペットの鳴き方によってはトラブルとなることがあります。猫さかり対処法をするなど、鳴き声対策は必須でしょう。

アパートでハムスターを飼うときの注意点6つ

次のページ:アパートで飼えるペットの種類とは?

初回公開日:2019年08月02日

記載されている内容は2019年08月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related