Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月30日

狼は人になつくのか?つがいを中心に群れを作る狼の気になる生態

童話の中で乱暴者と扱われたり、神話では恐れと崇拝の対象となったりとさまざまなイメージのある狼ですが、実際の狼はどのような生き物なのか、人とどのようにかかわりがあるのか、人と共存ができるのかなど、狼の種類や生態、人との関係をご紹介いたします。

狼は人になつくのか?つがいを中心に群れを作る狼の気になる生態

狼とは?

狼は丈夫な牙と顎を持ち群れで行動します。

狼とは、ネコ目イヌ科イヌ属に属した肉食の哺乳動物です。犬よりも大きな歯と丈夫な顎をもち、時速30キロメートル前後の速度で7時間以上も走り続けることが可能で、最高速度は時速70キロメートルを20分間も走ることが可能です。

狼は群れで行動し、順位付けを行って群れのリーダーを決めます。群れの数は平均して4から8頭の間で、過去には40頭以上の群れも記録されています。

狼の体重・大きさは?

狼は大きく頑強な体を持ちます。

狼は鋭い牙や頑丈な顎を持つだけでなく、重くて大きく、平均体重が25kgから50kgで、過去の記録では86kgの個体も確認されています。

体長は100cmから160cmで、体高が60cmから90cmになり、大型犬のラブラドールレトリバーの平均体高56cmから62cmと比べてみても、とても大きいです。

人になつくことがあっても、この大きな体でじゃれつかれるのは大変でしょう。

狼の寿命は?

狼は厳しい自然の中で、6年から8年ほど生きます。

厳しい自然で生きる狼の寿命は、人間のパートナーとして飼育下にいる犬と比べ短く、平均して6年から8年とされ、幼年期から成熟期になる確率が低くいです。成熟した個体の中には稀に10年以上生きる個体もいます。

しかし、飼育下に置かれた狼は平均寿命が長くなります。平均して15ほど生き、動物園でひとになつくことができ、飼育された個体には20年生きた記録もあります。

世界中に生息する狼の種類は?

狼は数多くの亜種が存在します。

狼と一口で言っても、その種類は数多く存在し、大きさや体毛の長さなど、さまざまな違いが存在します。

狼は北半球に広く分布し、数多くの亜種に細分化されます。それぞれの分布域に適応した特徴的な6種をご紹介いたします。

ちなみに人に古くからなつくことができた犬も狼の亜種とされています。

狼の種類

  • アラビアオオカミ
  • イタリアオオカミ
  • ツンドラオオカミ
  • ハイイロオオカミ
  • メキシコオオカミ
  • ヨーロッパオオカミ

狼の種類1:アラビアオオカミ

アラビアオオカミは、砂漠に適応した世界で最も小さな狼です。

アラビアオオカミはアラビア半島などに生息する砂漠に適応した狼です。他の狼と比較してとても小さく、狼の種類の中では最小サイズです。

体長は100cm、体重は18kgから20kgほどで、暑い砂漠の熱に適応するため小さな体を手にし、その小さな体は効率的に体内の熱を発散し、砂漠の熱による体温の上昇を防ぐことができます。

狼の種類2:イタリアオオカミ

イタリアオオカミは、イタリアの山岳地帯に生息する狼です。

イタリアオオカミはイタリアにあるアペニン山脈と西部アルプスの山岳地帯を生息地域とした狼です。

シチリア島を含めた、イタリア半島の広範囲で生息していましたが、1970年までは駆除対象となっており、数を減らした狼はシチリア島などからも姿を消しました。

オスの体長は100cmから140cmほどで、平均体重は24kgから40kgです。メスはオスに比べ1割ほど小さいです。

狼の種類3:ツンドラオオカミ

ツンドラオオカミは、大きくふわふわした毛を持つ狼です。

ツンドラオオカミは別名「シベリアオオカミ」とも呼ばれており、ユーラシア北端部にあるツンドラ地域で生息しています。

雪国を生息地としており、毛色も白に近い灰色で長くふわふわした柔らかい毛をもった特徴的な姿をしています。狼の中でも大きな体を持ち、体長は150cmから200cmと、とても大柄です。

野兎やホッキョクギツネを捕食し、トナカイなども標的にすることもあります。

狼の種類4:ハイイロオオカミ

狼の代表ハイイロオオカミ。

別名「タイリクオオカミ」と言われ、一般的に狼とは、最も広く分布している「ハイイロオオカミ」を指して「狼」と呼ばれることが多いです。

平均的な体の大きさは体胴長100cmから160cmで体高60cmから90cm、体重は25kgから50kgと地域によって大きさは変わります。

優れた聴覚と敏感な鼻、そして強靭な体力を持ち、狩りを行う際は数10kmを追跡することもあります。

狼の種類5:メキシコオオカミ

メキシコオオカミは、メキシコに住む小型の狼です。

メキシコやアメリカ南部のアリゾナ州、テキサス州などの森林地帯を生息地域としていたが、1970年代にはその数を減少させ、現在は絶滅危惧種に指定されています。

メキシコオオカミは、狼の亜種の中でも比較的小さい体を持ち、尾を含めた全長は167cmで、体重は平均23kgから36kmと軽いです。

小さい体ながら、自身より大型のヘラジカを群れで狩ることもあります。

狼の種類6:ヨーロッパオオカミ

ヨーロッパオオカミは、大型の獲物を狩る狼です。

ヨーロッパオオカミはヨーロッパやシベリア、中央アジア、モンゴル、中国の一部地域などを生息地帯とし、ユーラシア大陸に広く分布しています。

地域によって体のサイズが変わり、体長76cm以上、体重が約69kgから80kgほどになります。体毛は灰色、白色や黒色、浅黄色、柿色など混合した毛色をしています。

ヘラジカやアカシカなどのシカを狩る狼やバイソンや馬などさまざまな獲物を狙います。

狼の特性

人になつくのか?意外と知らない狼の生態を紹介します。

狼は野生のイメージが強く、人間になつくことや、飼育下にある狼というのは想像しづらいのではないでしょうか。

古くから人になつく犬との違いは何か、犬と同じく人間になつくのか、パートナーとして生活できるのか、生態や性質を見ていきましょう。

狼の生態や特性

  • 生息地
  • 雄と雌の区別
  • 性格
  • 食事
  • 繁殖

狼の特性1:生息地

狼は高い環境適応能力により、広く分布しています。

狼は北アメリカやヨーロッパ、アジア、メキシコなど北半球に広く分布しており、グリーンランド、アラスカ地方などの北極圏にも分布しています。

森林や草原だけでなく、体長や体毛などを変えて砂漠地帯やツンドラ地帯、荒地といった環境にも適応しており、中には山岳地帯に生息している種も存在しています。

環境適応能力の高さゆえに広い生息域を持っています。

狼の特性2:雄と雌の区別

狼のオスとメスの違いとは何でしょう。

狼は群れで行動しますが、一夫一妻型で、複数のペアが集まって群れを形成し、その中で最上位のオスとメスのペアを中心とした階級社会的な群れを形成します。

狼のオスとメスの大きな違いのひとつが、体のサイズです。狼の種類にもよりますが、オスに比べてメスは1割から2割ほど小さいです。

狼の特性3:性格

警戒心が強く諦めやすい、面倒見のいい性格です。

野生の狼はとても警戒心が強く、簡単に人間を襲ったり、なつくことは滅多にありません。また、狩りの際には持久力の高さの割には途中で追いかけるのを辞めることが多く、諦めやすい性格です。

また、面倒見も良く子育ての際はペアだけでなく、群れの仲間全体で手伝います。人になつくことができた狼は犬のように愛情表現を行います。

狼の特性4:食事

自身を超える大きさの獲物を狙うこともあります。

狼は肉食で、野兎などの小動物だけでなく、シカや山羊などの大型動物、さらにはバイソンなど、自身の大きさをはるかに上回る動物も標的とします。

獲物が少ない場合には、人間の生活圏まで下りてきて、家畜や人間の出したごみを荒らすこともあり、過去には害獣として駆除対処になった背景もあります。

狩りの成功率自体はそれほど高くなく、それを補うために大量の肉を摂取します。

狼の特性5:繁殖

群れ全体で子育てを行います。
狼の繁殖は、年1回の交尾期に群れの中でも最上位のペアのみが行い、稀に他の個体も繁殖することもあります。


妊娠期間は60日から63日ほどで、平均4頭から6頭の子供を出産し、子育ての際には、巣穴を作りそこで行います。

父親や群れの仲間も子育てを手伝います。子供は12日から14日ほどで目を開き、それから20日から24日ほどで動き回り、8週ほどで巣穴を離れるようになります。

狼は人になつくのか?

人間は狼の信頼関係は気付けるのか。

狼はなつくのか、犬と近い遺伝子をもった生き物であり、犬が人間になつくことを考えると、なつく可能性を考えるでしょう。

幼体から育てた狼は人間と信頼関係を結ぶことができるため、なつくことができ、飼育員へ犬のような愛情表現を行った狼もいます。

しかし、群れの中で社会性を築いた野生の狼は警戒心が強く、人間への接触を避けるため、なつくことはとても難しいです。

狼は人間に懐き共存してしてきた

古来より、狼と人間の共存の歴史がありました。

童話などの物語で凶暴な悪者として書かれている狼ですが、野生の成獣は警戒心が強いため人に近づかず、滅多に襲うこともありません。

狼は地域によって信仰の対象にされており、ネイティブアメリカンは狼を恐れと崇拝の対象とし、日本では山の神の使いとして畏敬の対象で見られ、「大神」の神話もあるほどです。

人になつく狼の記録もあり、古来より人間と狼は近い存在でした。

狼と犬の違い

実は狼と犬には多くの違いがあります。

犬の祖先には諸説あり、人間になつくことができ、共存した狼が犬の先祖である説が有力で、他には共通の祖先から分岐したという説もあります。

外見が同じに見える狼と犬には実は多くの違いがあり、わかりやすい違いに体の大きさが違います。種類によって変わりますが、基本的に犬よりも狼の体が大きく、ラブラドールレトリバーは体長56㎝から62㎝に対し、狼は100㎝から160㎝です。

狼をペットとして飼えるのか?

日本での狼の飼育はさまざまな理由からほぼ不可能です。

人になつくことができた狼を飼うことを想像していた方には悲しいですが、日本での飼育はほぼ不可能です。

日本で狼をペットとして飼うことは極めて難しく、特定動物指定であることとワシントン条約により、ペット飼育と入手のハードルがあるためです。

そもそも入手することが困難

日本での狼の入手は極めて困難です。

人になつく狼が欲しい、ペットとして飼育したいという方もいるでしょうが、実は日本での狼の入手自体困難です。

日本に存在した狼は絶滅したと言われており、海外からの取り寄せについても、狼はペット販売目的での輸入や輸出を禁止されており、個人が購入することは不可能に近いでしょう。

飼育は禁止されていないが難しい

特定動物の法改正が可決されました。

狼は特定動物指定をされており、飼育には許可が必要で、許可がもらえたら飼育可能です。

ですが、2019年に愛玩目的での特定動物の飼育が禁止される改正案が可決されたため、狼のペット飼育自体不可能となります。

狼が人になつくのは難しい

野生の狼がなつくのは難しいです。

幼年期から育て、信頼関係を築かない限り狼が人間になつくことは難しいです。野生の狼は強い警戒心と臆病さで、駆除対象とされながらも絶滅を免れた歴史もあり、人になつくことや近づくことは稀です。

しかし人になつくことができた狼は深い愛情と忠実性をもち、人になつく犬と変わらぬ信頼関係を結べるでしょう。

Related