Search

検索したいワードを入力してください

ニホントカゲの飼育方法とは?注意点とグッズを詳しくご紹介

更新日:2020年08月08日

爬虫類をペットとして飼育している方が増えている中、この記事ではトカゲの中でも代表的なニホントカゲを紹介しています。ニホントカゲの特徴や飼育方法、飼育グッズも紹介しています。爬虫類が好きな方や、トカゲをペットにしてみたい方は、ぜひご覧ください。

ニホントカゲの飼育方法とは?注意点とグッズを詳しくご紹介

ニホントカゲの特徴

ニホントカゲは、トカゲ亜目トカゲ科トカゲ属に分類されるトカゲの一種です。ここではニホントカゲの特徴について紹介しています。

見た目が鮮やかで顔もかわいいニホントカゲは、ペットとして飼う場合にもです。しかし、飼育する上で気を付けなければいけない点もあります。特徴をしっかり理解した上で飼うようにしましょう。

ニホントカゲの特徴1:大きさ・重さ

ニホントカゲの全長は15~25cmで、重さは5g~18gほどです。平均15cmほどですが、個体によって大きさに差があるのが特徴です。

尻尾の先までが長いので一般的なトカゲよりも大きく見えることがあります。体形は太さがあり尻尾に向かって細くなっています。指先も細長くなっており先端のかぎ爪が発達しています。このかぎ爪で平坦なコンクリートや木登りをしています。

ニホントカゲの特徴2:寿命

ニホントカゲの寿命は平均5年ほどと言われています。ペットとして飼う場合少し短いです。また、飼育環境などで10年ほど生きるニホントカゲもいます。

長生きしてもらうためには飼育方法に気をつけ、ケージなどの環境を清潔に保つことが大切です。ニホントカゲは冬眠することが必須なので、冬眠がうまくできないと死に至る場合があります。飼育方法によって寿命は変わるので、理解した上で飼育しましょう。

ニホントカゲの特徴3:生息地

ニホントカゲは北海道から沖縄まで日本全国に生息しています。ニホントカゲはさまざまな種類があり生息地によって特徴が変わります。一般的なニホントカゲは平地から高地まで幅広い場所に生息しているので、道で見かけることもあります。

ニホントカゲは昼間によく動くので、日当たりの良いコンクリートや河地に居ることが多いです。冬になると穴を掘って冬眠するため、見かけることは少なくなります。

ニホントカゲの特徴4:値段

ニホントカゲは生態数が減っており、野生のニホントカゲを見つけることは難しくなっています。そのため、爬虫類専門のペットショップやインターネットで取り扱っていることが多いので、一度見てみると良いでしょう。

ニホントカゲの価格は相場や生態で変わりますが、おおよそ1,500~2,000円で手に入れることができます。爬虫類の中でも比較的お手頃な価格なので、手軽に飼育することができます。

ニホントカゲの特徴5:ニホンカナヘビとの違い

似ている生き物としてニホンカナヘビが挙げられます。見た目が似ているニホントカゲとニホンカナヘビですがいくつか違う点があります。

見極めるポイントは、体に光沢があるかどうかがです。ニホントカゲは体が青っぽい光沢があるのが特徴です。また、尾の長さに違いがあります。ニホントカゲは尾が短いのに対し、ニホンカナヘビは3分の2を尾が占めています。さらに体に括れがあるかどうかも違いの一つです。

ニホントカゲを飼育する際の注意点

ここからは、ニホントカゲを飼育する際の注意点を紹介します。まだまだ爬虫類をペットにしている人は少ないので情報も少ないです。そんな中、誤った飼育をしてしまうと病気になってしまったりと問題が起きるケースがあります。

ニホントカゲの生態を理解し、注意すべき点を確認してください。具体的な注意点は、一匹ずつ飼うことやペットとして飼育する際も冬眠をさせてあげる点が挙げられます。それぞれ説明していきます。

ニホントカゲを飼育する際の注意点

  • 脱走しやすい
  • 多頭飼いはしてはいけない
  • 冬眠させる準備はしっかりと
  • 店であまり売られていない

ニホントカゲを飼育する際の注意点1:脱走しやすい

ニホントカゲはすばしっこく体も小さいため隙があればすぐに脱走してしまいます。外で自由に動き回りたい中、ケージ内では窮屈に感じてしまいます。脱走を防ぐために、ケージは脱走防止用の蓋付きのものを選ぶことをします。

飼い主になついていても脱走してしまうことがあるので、ケージや家の窓は開けっ放しにせず閉めておくことを意識しましょう。

ニホントカゲを飼育する際の注意点2:多頭飼いはしてはいけない

ニホントカゲは縄張り意識が高く、単独飼育しかできません。自分のテリトリーに侵入してきた相手は追いかけまわし、殺してしまうこともあります。ニホントカゲを飼育する際は1ケージに1匹を徹底してください。

ケージ内で動き回ることも多いので、多頭飼いしてしまうと敵だとみなしてしまいます。また、餌の取り合いや縄張り争いになるので多頭飼いはしないようにしましょう。

ニホントカゲを飼育する際の注意点3:冬眠させる準備はしっかりと

野生のニホントカゲは冬眠するので、ペットとして飼う場合も冬場は冬眠できる環境を整える必要があります。冬眠させる場合は屋外飼育が基本です。ベランダなどの屋外で飼育すると日光浴もでき、自然に近い形で飼育することができます。

冬眠は気温が15度以下になる11月から3月に土中や石の隙間で行います。ニホントカゲが冬眠できるよう、潜れる深さの土や石を準備しておく必要があります。

ニホントカゲを飼育する際の注意点4:店であまり売られていない

ニホントカゲを飼育する際ペットショップに行くことが一般的ですが、ニホントカゲ自体の数が減っているので探すのが難しくなっています。

そのため、店舗よりもネットで調べたほうが種類は豊富です。ニホントカゲの個体数が減っている中、ショップだけでなくインターネットも使いさまざまな方法で探すことがです。

ニホントカゲの種類

ここでは、爬虫類好きの方のために日本に生息するニホントカゲの種類を紹介します。ニホントカゲは、日本国内だけでも生息地によってそれぞれ特徴があります。

代表的なニホントカゲから、ある一定の地に生息しているニホントカゲなどを紹介しています。はじめは一種類と言われていたニホントカゲですが、さまざまな特徴から細分化されました。

ニホントカゲ

ニホントカゲは日本に生息しているトカゲの代表です。ニホントカゲの一番の特徴はウロコに光沢があり体の側面に黒い縦縞が入っており、尾もメタリックブルーで鮮やかできれいな点です。

メスは成長していくにつれてメタリックブルーは薄くなる程度ですが、オスは暗褐色となり地味な色へと変化します。体は太さがあり尾が細く長いです。
分布特徴
日本全土青や黄色のグラデーションウロコに光沢がある

オカダトカゲ

オカダトカゲは、伊豆半島一帯と伊豆諸島という限られた地域に分布しているトカゲです。

全身が褐色か暗褐色で胴が太く尾が長いのが特徴です。また、大きな特徴として住んでいる場所によって体色が変わり、環境に合わせて最適な保護色になるよう地域によって色が変わります。

オカダトカゲは肉食で、小型の昆虫やクモを食べます。
分布特徴
伊豆半島から伊豆諸島暗色か暗褐色環境に合わせて体の色が変わる

ヒガシニホントカゲ

ヒガシニホントカゲは、低地から高地の草原や森林に生息しています。ニホントカゲの一種で名前のとおり本州の近畿から東側の地域と北海道、ロシアの極東地域にも生息しています。

変温動物なので肌寒い日は陽を求めて石の上などで日向ぼっこをしています。ヒガシニホントカゲは初夏に繁殖期を迎え、一度に数個の卵を産みます。孵化するまで雌が卵を守るという爬虫類では珍しい生態です。
分布特徴
東日本淡褐色で体側面に黒い筋草原や森林に生息

ニホントカゲの飼育準備

ニホントカゲを飼育する前に準備しておきたいものがあります。ニホントカゲをペットとして飼育するのであれば、お家や住みやすい環境を整えてあげる必要があります。

ニホントカゲは動き回るので大きいケージや床材もしっかり準備する必要があります。ここでは、必要なグッズの詳細やそれぞれの費用などを紹介しています。
必要なグッズ費用
飼育ケージ3000~15000円
床材1000~2000円
日光浴用の石や流木1000~2000円
水飲み場500~1000円
紫外線ライト1000~3000円

飼育ケージ

ニホントカゲの飼育ケージは、爬虫類用のものがです。その他手軽なものだと、プラスチックケースや水槽をケージとして使用することができます。

ニホントカゲは素早く範囲も広いため、できるだけ大きいものを用意すると良いでしょう。あまりに小さいとストレスを感じてしまうこともあるので、注意が必要です。また、脱走防止に蓋つきのケージを選びましょう。

床材

ニホントカゲに必須のグッズです。床材は、隠れ場所や体温調整に必要になります。

床材は野生のニホントカゲを捕獲した場合には捕獲した場所の土でも良いですが、雑菌が繁殖する場合があるので衛生面でしません。爬虫類用の土や、園芸用の土を用意しましょう。

また、腐葉土を敷いて穴を掘る習性を促すようにすると、さらに自然に近い形で飼育することができます。

日光浴用の石や流木

野生のニホントカゲはアスファルトや石の上で日光浴をします。ペットとして飼育する場合も日光浴ができる場所を用意しておきましょう。

日光浴を行うことで体温調整や体調の管理ができます。用意するものは、石や流木など比較的手に入れやすいもので良いです。石の上に乗って日光浴をするので、乗っても落ちないくらいのサイズがです。

水のみ場

水飲み場は、水分補給が多いニホントカゲには必要なグッズです。

爬虫類用の水飲み容器があるので、ケージ内に設置しておくと良いでしょう。そのまま飲めるように浅く、ある程度の大きさがあると良いです。ケージ内に置く際は、床材が中に入ってしまわないように注意しましょう。飲水量が多いのでこまめに変えてあげるよう意識してください。

紫外線ライト

ニホントカゲを室内飼育する場合、紫外線ライトが必要です。紫外線ライトがあることで、室内でもニホントカゲが日光浴をすることができます。

室内でも日当たりの良い場所で日光浴ができれば良いですが、窓越しだと紫外線もいまいちで天候によって左右されます。そのため、紫外線ライトを用い日光浴をさせてあげましょう。

その場合はケージの全体ではなく半分くらいが当たるように設置し、石などを置いて調整すると良いです。

ニホントカゲの飼育方法

ここでは、ニホントカゲの飼育方法を紹介します。ニホントカゲを飼育する際は気をつけなければいけない点がいくつかあります。

ニホントカゲは日光浴をしたり、土に潜ったりする習性があります。習性を理解した上で飼育するようにしましょう。習性に合わせた飼育をしないとストレスを感じ最悪死に至るケースもあります。生活環境を習性に合わせ清潔にするようにしましょう。

ニホントカゲの飼育方法

  • ケージの環境を整える
  • 日光浴をさせる
  • 隠れ家を用意
  • 生き餌を与える
  • 温度管理はこまめに
  • 落ち葉の交換を定期的に

ニホントカゲの飼育方法1:ケージの環境を整える

ケージの環境を整えてあげましょう。ケージは直射日光の当たらない場所に置いてください。ニホントカゲは気温に敏感なので、直射日光の当たる場所だと寒暖差が大きくなってしまいます。

そしてケージの中は床材を置き、日光浴をさせるために石や流木も置いてあげましょう。水分補給が必要なニホントカゲのために、水飲み場を設置することでケージは完成します。

ニホントカゲの飼育方法2:日光浴をさせる

日光浴用の石や流木を使い、日光浴をさせましょう。ニホントカゲは紫外線から体に必要なビタミンや栄養を作るため、紫外線が不足すると病気にかかることがあります。

爬虫類は日光浴をし、体を温めてから活動を開始すると言われています。長生きしてもらうためにも、しっかり日光浴をさせてください。

ニホントカゲの飼育方法3:隠れ家を用意

野生のニホントカゲは石垣や落ち葉、木の付け根など隠れ家のような場所を住処にしています。野生の場合は自分で餌を探す必要があるため、ゆっくり食べられるよう隠れたところに住処をつくります。

ニホントカゲは、臆病な性格でもあるため目立たないところを好みます。そのため、ペットとして飼う際も石組みや流木を置いて隠れ家のような場所を用意してあげましょう。

ニホントカゲの飼育方法4:生き餌を与える

ニホントカゲは生き餌を食べます。餌の種類はコオロギやミールワーム、モリチャバネゴキブリやミミズなど虫です。ニホントカゲは基本的に虫しか食べないので、その虫自体に栄養があることが大切です。

飼育環境に慣れないうちは生きた虫の脚を取り除いてケージに入れ、慣れてきたらピンセットで直接与えることもできます。個体によって好き嫌いが分かれるので、生き餌もいくつか用意しておくと良いでしょう。

ニホントカゲの飼育方法5:温度管理はこまめに

ニホントカゲは温度や気温に敏感なので、温度管理はこまめに確認する必要があります。寒い場合はパネルヒーターやエアコンを用い、気温が下がり過ぎないようにしましょう。気温は25度前後が最適と言われています。

ニホントカゲは冬眠をする習性があるので、冬眠ができる準備もしてあげましょう。徐々に温度を上げたり下げてりして気温差がでないように気を付けましょう。

ニホントカゲの飼育方法6:落ち葉の交換を定期的に

床材として落ち葉を使う場合もあります。その場合、フンや雑菌が溜まりやすいので定期的に落ち葉の交換をしましょう。月に1回は、すべての落ち葉を取り替えることをします。

落ち葉に糞尿が溜まると、菌の繁殖に繋がり病気になることがあります。清潔なケージや住む環境を整えてあげましょう。

ニホントカゲの飼育にグッズ6選

ここからは、ニホントカゲの飼育にグッズを紹介します。具体的な商品名を載せているので、興味がある方はぜひ一度ご覧ください。

ニホントカゲを飼育する際のグッズはさまざまありますが、使いやすさやデザイン性は重要です。ニホントカゲのサイズに合わせて準備することで、飼育がしやすくなります。日々のお手入れのことも考え用意しましょう。

ニホントカゲの飼育にグッズ1:ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 6030

ジェックス エキゾテラ グラステラリウム 6030は、爬虫類の飼育に最適なガラス製のケージです。サイズも大きいので、ニホントカゲもストレスなく動き回ることができます。

日常の掃除やエサやりがしやすいように前面開閉式ドアが設置されています。脱走防止のドアロックノブがついているので、逃げ出すことを防ぐこともできます。機能性もデザイン性も抜群なケージのため、ニホントカゲの飼育にはです。

ニホントカゲの飼育にグッズ2:【九州(国産)の森の恵】純正100% 腐葉土 25L

ニホントカゲの床材として腐葉土がです。冬になると穴を掘って冬眠するので土の床材が良いです。穴を掘る習性があるため、ある程度の深さになるよう腐葉土を敷きつめるのが良いでしょう。

紹介している腐葉土は、葉の形もそのまま残っているので自然の土に近いです。床材も清潔さを保つために、定期的に取り換えるようにしましょう。

ニホントカゲの飼育にグッズ3:ジェックス ソーラーグローUV 125W PT2192

爬虫類に必要な太陽ソーラーです。ニホントカゲは、日光浴をすることで必要な栄養素などを生成します。

太陽ソーラーを設置してあげることでカルシウム吸収と体温維持をすることができます。また、ケージに掛けて使うことができるので、ニホントカゲの休む場所にピンポイントに設置することができます。

ニホントカゲの飼育にグッズ4:(生餌)クロコオロギ(フタホシコオロギ) ML 40グラム(約60匹) 爬虫類 両生類

ニホントカゲは生き餌を食べます。コオロギはペットショップや爬虫類専門店、ネットなど比較的容易に手に入れることができます。生きた虫を食べるニホントカゲですが、自分の頭より大きな虫は食べません。

生き餌を選ぶ際は、サイズも調べて買うと良いでしょう。また、個体により好き嫌いがあるのでいくつか虫の種類を用意しておくと良いです。

ニホントカゲの飼育にグッズ5:爬虫類水槽天然流木の装飾自然林支店テラリウムウッドアクアリウムオーナメント

ニホントカゲの隠れ家や日光浴用として流木を用意すると良いです。自然の木の形をしており、木に登ったり上に乗っても丁度良いサイズなので、いくつかケージの中に入れておくと良いです。

ニホントカゲは運動量が多いので、流木を置いてあげることで登ることができます。また、長持ちする点も魅力の一つです。カビや菌の発生を防いでくれるので、清潔さを保つことができます。

ニホントカゲの飼育にグッズ6:デジタル温度湿度計 爬虫類用 ペット飼育

ニホントカゲは温度に敏感で寒暖差を嫌います。そのため温度計を設置し、一定の温度を保つようにしましょう。

ここで紹介しているデジタル温度湿度計は湿度と気温を測ることができるので、ニホントカゲが生活しやすい環境を整備することができます。

サイズも小さくシンプルなので、ケージなどのデザイン性を崩すこともなく使い勝手が良いです。飼育する際にも邪魔にならないので、一つ用意しておくと良いでしょう。

ニホントカゲはペットに生き物

ニホントカゲは鮮やかな見た目とかわいい顔からの高い爬虫類です。昨今ペットとして飼育する方も増えており、密かなを誇っています。飼育方法は特殊な部分もありますが、慣れてしまえば問題ありません。

ニホントカゲは爬虫類を今まで飼ったことない方にもな生き物で、人間にもなついてくれるとてもかわいい生き物です。

初回公開日:2019年08月27日

記載されている内容は2019年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related