Search

検索したいワードを入力してください

コブラスネークヘッドの飼育方法とは?特徴やそのほかの種類についても紹介

更新日:2022年09月08日

コブラスネークヘッドがどのような熱帯魚かご存じでしょうか。本記事では、コブラヘッドスネークの生態から飼育方法まで幅広く紹介しています。コブラヘッドスネークに興味がある、飼育を検討している方は是非チェックしてみてください。

コブラスネークヘッドの飼育方法とは?特徴やそのほかの種類についても紹介
「コブラスネークヘッドってどんな魚?」
「コブラスネークヘッドを飼育するには何が必要なの?」
「コブラスネークヘッドは混泳してもいいの?」
など、コブラスネークというヘビの名前がついた魚であるコブラスネークヘッドに興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

中には、飼育してみたいけれど飼育方法がわからないため、行動に移せないと諦めている方もいるでしょう。

この記事では、コブラスネークヘッドの生態から、飼育に必要なアイテムや飼育の方法などを解説します。

本記事を読むことで、コブラスネークヘッドの種類や、飼育の準備、混泳の可否など、飼育する際の準備をスムーズに進めることができるでしょう。

コブラヘッドスネークに興味がある、コブラヘッドスネークを飼育してみたいといった方は、是非チェックしてみてください。

スネークヘッドってどんな魚?

スネークヘッドとは、ヘビのような頭を持つ魚です。珍しい名前の魚と思うかもしれませんが、日本に生息している魚でもあります。

スネークヘッドは、雷魚という名前で知られている淡水魚で、スネークと名前に付く通り、ヘビのような見た目の肉食性の魚です。

見た目とは反して、人に懐きやすいという意外な一面も見られる魅力的な魚です。

大きさ

大きさは、種類によって異なり、大型種だと100cmほど、小型種では20cmほどになります。野生で育つ個体の方が、飼育環境下で育つ個体よりも大きくなるという特徴はありますが、育て方次第では水槽内でも大きく成長する個体も存在するようです。

寿命

寿命も種類によって異なり、平均としては5年〜7年ほどとなり大型種になると10年ほど生きる個体も存在します。

こちらも、飼育環境下で繁殖された個体よりも、野生で採取された個体の方が長生きすると言われています。

特徴

スネークヘッドには、他の魚とは少し違った特徴があります。ヘビのような見た目とは反した、可愛らしい特徴もあるので、スネークヘッドに興味をお持ちの方は是非チェックしてみてください。

溺れる

スネークヘッドには、エラ呼吸だけでなく空気呼吸ができ、水面に顔を出して空気呼吸ができないと窒息して溺れてしまうといった特徴があります。

他の魚と異なる点として、水中に酸素が少ない状態でも空気呼吸ができるため、エアレーションなどに気を使わずとも飼育できるという点があります。

懐きやすい

スネークヘッドは人間に対して攻撃を仕掛けることはほぼなく、餌を手から渡すことも可能になります。しかし気性が荒い個体が多いので、餌をあげられるようになるためには信頼関係が重要になります。

信頼関係ができた際には、手に餌を持ち近づけるとジャンプして餌を食べに来るようにすることも可能です。

コブラスネークヘッドの特徴は?


コブラスネークヘッドはマルリウスとも呼ばれる魚で、幼魚の際は青みが強いですが、成長と共に色が変化します。コブラスネークヘッドの分布地域はスリランカやインドなどになります。

その他スネークヘッドの種類


スネークヘッドには、さまざまな種類が存在しています。飼育に適した種類のスネークヘッドなどもいるため、様々な観点からスネークヘッドを紹介します。スネークヘッドに興味がある方はコブラヘッドスネーク以外の種類もチェックしてみてください。
次のページ:コブラスネークヘッドの飼育方法

初回公開日:2022年07月12日

記載されている内容は2022年07月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related