Search

検索したいワードを入力してください

カブトニオイガメの特徴と大人になった時の大きさとは?飼育方法も紹介

更新日:2022年10月27日

カブトニオイガメの特徴と大人になった時の大きさや飼育方法をご存じでしょうか?本記事では、カブトニオイガメの特徴や生態から、飼育に必要なもの、飼育方法などを開設しています。カブトニオイガメを飼育したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カブトニオイガメの特徴と大人になった時の大きさとは?飼育方法も紹介
「カブトニオイガメってどんな動物?」
「カブトニオイガメは大人になるとどのくらい大きくなるの?」
このように、カブトニオイガメに興味を持っている方は沢山の疑問や不安があるのではないでしょうか。

本記事ではカブトニオイガメの特徴、販売価格と販売場所、カブトニオイガメの飼育に必要なもの、飼育方法を解説しています。

この記事を読むことで、カブトニオイガメを飼育する上で必要な知識を得られて、初めてカブトニオイガメを飼う方でも安心して生体を迎え入れられるでしょう。また、現在カブトニオイガメを飼育している方の疑問や不安を解決するヒントにもなるでしょう。

カブトニオイガメを飼育したいと考えている方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

カブトニオイガメの特徴

カブトニオイガメの特徴と大人になった時の大きさとは?飼育方法も紹介
カブトニオイガメの大きな特徴は、人間が不快に感じる嫌な匂いを発することです。そして甲羅は、キールと呼ばれる亀の甲羅特有の規則的に配列された隆起部分が発達しています。甲羅の格好良さからカブトニオイガメの愛好家は少なくありません。

嫌な匂いを発する性質を持っていますが、単独で飼育する場合はその匂いを発することはなく、複数で飼育する場合などは匂いを出すことがあります。食事は肉食性寄りの雑食性のため、基本的に何でも食べます。

カブトニオイガメの生態

水深1m程度の深さで水草が生い茂っている、水の流れが緩やかな場所を好みます。また、大人のカブトニオイガメは他のニオイガメ属と比較すると日光浴をする特徴があり、飼育する際にはしばしば日光浴をしている姿を見られるでしょう。

基本的に日中に活発になり、夜間には大人しくなります。オスとメスを比較すると、オスの方がメスより大型化する傾向にあります。カブトニオイガメはニオイガメ属の中では、体が大きく希少が荒い性格をしています。

カブトニオイガメの生息地

カブトニオイガメはアメリカに生息しており、オクラホマ州南東部、アーカンソー州中部、ミシシッピ川からメキシコ湾岸まで広く分布しています。

日本にはニオイガメ属は生息していないため、カブトニオイガメを飼育したい場合は店舗で購入する方法しかありません。

爬虫類、哺乳類、鳥類を通信販売することが禁止されているため、爬虫類専門のペットショップや爬虫類を扱っているエキゾチックアニマル専門のペットショップの店舗で購入しましょう。

出典:第一種動物取扱業者の規制|環境省
参照:https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/trader.html

カブトニオイガメの寿命

カブトニオイガメの寿命は平均で約25年です。他のカメと同じように、カブトニオイガメも長生きします。

上記の寿命はあくまで平均寿命なので、飼育環境や個体差によって寿命は変化します。飼育する際は、カブトニオイガメ飼育に関する基礎的な知識をしっかりリサーチしたり、実際にカブトニオイガメを飼育している方のブログ等を参考に環境を整えることが大切です。

飼育環境を整えることで、カブトニオイガメを長生きさせることに繋がります。しっかり整えられた環境下では、30年程生きる場合もあるようです。

カブトニオイガメの大きさ

大人のカブトニオイガメは甲長が約10~15cm程度の大きさです。カブトニオイガメは、他の水棲のカメと比較すると比較的小型のカメに分類されます。

ベビーのカブトニオイガメは、2~3cm程度でとても可愛らしいサイズ感をしています。成長しても小型なため、都市部のマンションなどで室内飼育する場合でも、小さい水槽があれば飼育できるので飼育しやすいカメと言えるでしょう。

大人になるまでの成長スピードが早いため、ベビーの時期はその時の可愛さを存分に楽しみましょう。

カブトニオイガメの匂い

通常、単独で大人のカブトニオイガメを飼育する場合は、個体が不快な匂いを発することはほぼありません。

不快な匂いを発するのは、外敵に襲われて危険を感じた場合のみです。カブトニオイガメは臭腺と呼ばれる匂いと刺激物を分泌する器官を備えています。臭腺は後ろ足の付け根にあり、防衛反応として不快な匂いを発するのです。

カブトニオイガメの原産国であるアメリカの野生下では、カブトニオイガメを捕食しようとする外敵が多く存在しているため、臭腺を使って身を守っています。

カブトニオイガメの販売価格と販売場所

カブトニオイガメは日本には生息していないため、専門のペットショップで購入する以外に入手する方法がありません。販売価格は1匹5,000~8,000円です。

カメをはじめとする爬虫類等は、動物保護や動物愛護の観点からネット通販での販売が禁止されているため、専門のペットショップの店舗に行って購入する必要があります。

カブトニオイガメを買いたいと思ったら、近くにある爬虫類専門のペットショップやエキゾチックアニマル専門のペットショップを探しましょう。

カブトニオイガメの飼育に必要なもの

カブトニオイガメの飼育を始める際には、準備すべきものがいくつかあります。しっかり事前に準備し、適切な飼育環境を作ってあげましょう。適切な飼育環境は、カブトニオイガメを長生きさせることにも繋がります。
次のページ:水槽

初回公開日:2022年10月12日

記載されている内容は2022年10月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related