Search

検索したいワードを入力してください

モルモットはどうやって寝る?特徴や性質・睡眠時間も併せて紹介

更新日:2022年08月05日

あなたはモルモットが寝る姿を見たことがありますか。モルモットは、ケージの中で意外な寝姿を見せてくれます。この記事では、モルモットの特徴から睡眠について説明しています。モルモットの飼育に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

モルモットはどうやって寝る?特徴や性質・睡眠時間も併せて紹介
「モルモットってどんな動物なんだろう?」
「日中は家にいないけれど、モルモットを飼っても大丈夫かな?」
「モルモットって、どうやって寝るのかな?」
動物園でも人気のモルモットですが、そんなモルモットについて、このような疑問を持ったことはありませんか。

この記事では、モルモットの性質、苦手なことやついついやってしまう本能的なクセなどを紹介します。さらに、モルモットが寝る時のポイントについても説明します。

この記事を読めば、モルモットについて詳しく知ることができ、より安心してモルモットをお迎えすることができるようになります。

これからモルモットを飼ってみたいという方や、すでに飼っていてもっとモルモットのことが知りたいという方はぜひチェックしてみてください。

モルモットの特徴と性質は?

丸いフォルムとクリッとした目がとてもかわいらしいモルモット。人を嫌がらずおとなしい性格のため、膝に乗せて撫でることができる動物園もいくつかあります。そんなモルモットを、ペットにしてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

モルモットの英名はGuinea Pig(ギニー・ピッグ)、和名はテンジクネズミであり、ネズミの仲間とみられがちですが、実は生物学的には違うと言われています。理由としては、しっぽがないことと、雑食ではなく草食であることが挙げられます。

ここでは、そんなモルモットをペットとして飼う上で知っておきたい性質や特徴についてさらに詳しく紹介します。

性格や習性を知っておくことで、安心してモルモットをペットとして迎えることができるようになります。

モルモットの特徴

モルモットは、大きな頭と短い足が特徴です。大きい頭と胴の境目がわかりづらいため、丸みのある愛らしい形をしています。普段は短い足でヨチヨチと歩きますが、走ると意外に速いことも大きな特徴です。

目が横についているため、視界は広いですが後ろは見えません。耳は立ち耳や垂れ耳など様々なタイプの子がいますが、耳の周りには毛が生えていません。また、しっぽはありません。

体長は20cm〜40cmあり、体重は0.5kg〜1.5kgくらいあります。だいたいハムスターとウサギの間ぐらいのイメージです。

鳴き声が数種類あり、甘えたり寂しがったりしている時はそれぞれ違う鳴き方をします。また、なつくと名前に反応したり、抱っこをおねだりしに来たりすることもあります。

寿命は5〜7歳ほどといわれていますが、10年以上生きるモルモットもいます。飼育環境によりますので、モルモットにとって快適な環境を整えてあげることが大切です。

モルモットの性質

モルモットの原種は、南アメリカ大陸に生息するテンジクネズミを家畜化したものと考えられています。テンジクネズミはおよそ5〜10頭の群れを作って生活する動物で、外敵から身を守るために物陰や穴の中に隠れる習性があります。

モルモットにもその習性は残っており、用心深く臆病な性格をしています。夜行性なので、夕方から夜に食事をします。

逆に言えば、おとなしく穏やかな性格をしていますので、噛み付くことは少なく、大抵はじっとしています。また、感受性豊かで好奇心旺盛な面もあるので、部屋の中をたくさん歩いたりイタズラしたりすることもあるようです。

ペットとしてお迎えしたのち、慣れてくると、飼い主にもたくさんの感情表現をしてくれるようになるでしょう。

環境の変化に敏感

説明したとおり、モルモットは用心深く臆病な性格のため、環境が変わると怖がってしまい、餌や水を口にしなくなります。また人の気配や物音にも敏感に反応します。

そのため、お家で飼育する時はケージの位置や餌を頻繁に変えないよう、注意しましょう。環境の変化によるストレスでモルモットが下痢をしたり、病気になったりしてしまうこともあります。

飼い始めのタイミングは特に重要です。モルモットにとっては大きな環境の変化ですから、ケージや飼い主に慣れないうちに触る、見るという行為だけでもストレスになります。

はじめのうちは飼い主からのアプローチを我慢して、モルモットが飼い主に興味を示しはじめたら徐々に距離を縮めていくことが大切です。

何でもよくかじる

モルモットはげっ歯類の動物です。げっ歯類とは、生涯伸び続ける歯を持つ哺乳類のことです。この歯はかじるための歯であり、常に噛む・かじることで歯をすり減らし、伸びすぎを防ぐというのがげっ歯類の特徴です。

つまり、モルモットのかじる行為は本能的なものです。電源コード、ケーブル、家具、壁紙など様々なものをかじってしまいますので、部屋で遊ばせる時は注意が必要です。特に電源コードは感電する危険があります。

また、噛むという行為もモルモットにとって本能的なものです。歯の伸びすぎを防ぐほか、恐怖からくる防衛本能や餌かどうかを確認するために噛むことがあります。

人間が急に抱いたり、口元に指を近づけたりしてモルモットを驚かせてしまったために噛まれることもありますので、注意しましょう。

穏やかでおとなしい性格

モルモットは穏やかでおとなしい性格です。先に説明した通り、外敵から身を守るために群れで行動していました。群れで暮らしていたためコミュニケーション表現が豊かで、慣れてくると飼い主に甘えてきたり、嬉しさを表すためにジャンプしたりします。

また、モルモットの品種によって多少の性格の違いがあります。ポピュラーな「イングリッシュ」は社交的な性格で人になれやすく、飼いやすいと言われています。つむじの部分の毛が逆立っている「クレステッド」は特に臆病な性格です。

その他、「アビシニアン」「シェルティ」「テッセル」などたくさんの品種がありますが、基本はみんな穏やかでおとなしい性格です。

もちろん個体差もありますので、ペットとしてお迎えする際はその子の性格をじっくり見抜いてあげることが大切です。

モルモットが寝る時間帯は?

次のページ:モルモットの睡眠時間は?

初回公開日:2022年08月05日

記載されている内容は2022年08月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related