Search

検索したいワードを入力してください

【シーン別】うさぎの抱っこの仕方・練習方法・コツ|寝る

更新日:2020年03月10日

今回ご紹介するのは、癒し系ペットとして人気のあるうさぎの抱っこについて着目して、基本の抱っこの仕方や、抱っこのコツや練習方法などをお伝えしてまいります。うさぎの抱っこをマスターしたいという方やうさぎを抱っこしてみたいという方におすすめの記事内容となっています。

【シーン別】うさぎの抱っこの仕方・練習方法・コツ|寝る

抱っこの仕方の例

うさぎ自身がどう抱っこしたら安心するのかはそれぞれですが、うさぎの抱っこの仕方の例としてご紹介します。

まずはうさぎの体の下に手を入れて、もう片方の手をお尻に当ててうさぎを持ち上げます。もちろん、抱っこに慣れていなければ暴れてしまうでしょう。暴れたときに背中をそらしてしまわないように気を付けましょう。場合によっては背骨を傷めてしまう可能性があります。もし暴れてしまった場合は、お尻を持って体を丸めるようにさせてあげましょう。

コミュニケーションに慣れさせる

うさぎを抱っこするためには、飼い主とうさぎとのコミュニケーションが大事になってくるでしょう。

ではコミュニケーションの取り方とは、うさぎにエサを与えるとき、飼い主の膝の上で手から与えるということをしてみると良いでしょう。しかしこの場合、まだ赤ちゃんうさぎのときからでないと、膝に乗ってくれない可能性があります。

そして飼い主の膝に慣れてきたとき、その後におやつを与えるといううさぎにとってご褒美となるものを与えると、うさぎもおやつを貰えるという気持ちになりますし、結果的にうさぎとのコミュニケーションが取れ、うさぎ自身がふれあいに慣れていくでしょう。

うさぎを落ち着かせるには?

うさぎは目に見えるほどではないですが、興奮状態になることはたくさんあります。そんな興奮状態であることを確かめる方法とは、うさぎの鼻息をチェックしましょう。うさぎの鼻に耳を近づけると「ふんがふんが」と鼻息が聞こえてきますが、そのようなときは、指で軽く鼻筋を撫でてあげましょう、きっと興奮状態が落ち着くはずです。

その後に、うさぎが落ち着いたなと感じたら手を離しましょう。うさぎが抱っこへの恐怖心を抱かないためにも、落ち着かせるということが重要です。慣れてくれば耳の辺りを撫でてあげるだけでも落ち着いてきますし、コミュニケーションにもなるでしょう。

うさぎの抱っこのコツご紹介

抱っこのときに、うさぎが暴れて嫌がってしまって、なかなか抱っこできないという方もいるのではないでしょうか。かといって無理やりするのは余計に恐怖心が出て抱っこ嫌いになってしまいますし、うさぎにとってもストレスとなってしまいます。

そんなうさぎの抱っこですが、ちょっとしたコツがあり、そのコツをマスターすることで抱っこが上手にできる場合があります。そこで続いては、うさぎの抱っこのコツをご紹介してまいります。

うさぎを仰向けに寝かす

うさぎは本来ならあまり仰向けにするのは好ましいとは言えませんが、仰向けにできないということではありません。うさぎの健康チェックのためにも、仰向けの体勢に慣れさせるのも大切です。そのときに、負担をなくしての仰向け抱っこなのが好ましいです。

そして、うさぎの背骨はカーブしています。無理やりにでも仰向けにしてしまうと骨に負担がかかり怪我してしまう恐れがあります。仰向け抱っこをするときは、まずは体のバランスを崩れないようにしなくてはなりません。うさぎのお尻のほうをしっかり支え、首も支えてゆっくり仰向けの体勢になるように倒してあげるのが良いでしょう。

仰向け抱っこでの注意点

仰向けにする際には骨に注意しなくてはいけません。もし嫌がってしまって暴れてしまう場合は無理に仰向けにしないようにしましょう。さらに、仰向けにすると睡眠状態に入ったり、気絶してしまうこともあるので、健康チェックなどが済んだら速やかに元の体勢に戻してあげましょう。

また、背中の皮をつかんで仰向けにするのも絶対にダメです。暴れる原因にもなり、結果怪我をしてしまう恐れがあります。そして何より、仰向け自体は頻繁にやらないことです。背骨への負担がかかり、内臓が圧迫する可能性がありますので気を付けましょう。仰向けにするのは健康チェックの時や爪切りのときだけなど、ほどほどにしましょう。

うさぎの視界を隠してみる

うさぎの視界を隠すのは、うさぎを落ち着かせるために効果的な方法になります。うさぎを抱っこするときに、どうしても暴れてしまったり嫌がったりなどのようなときは、タオルなどで視界を隠しましょう。抱っこのときだけではなく、うさぎの爪切りのときでも効果的な方法です。

抱っこの場所を変えてみる

前にもお伝えしましたが、うさぎはとにかく縄張り意識が強い生き物です。自分のものを取られそうになったり、テリトリーに入ってしまったら容赦なく攻撃してくるでしょう。

そんなとき、いつも行かない部屋まで連れて行ってうさぎの縄張りではない場所での抱っこへの挑戦をしてみてはいかがでしょうか。それでも嫌がって暴れてしまう可能性は高いですが、少なくとも縄張りではないので縄張り意識からくる攻撃はしてこないでしょう。

この際にも、さきほどお伝えしたように視界を暗くしてみたり、うさぎの興奮を落ち着かせてみたりなどをしてから行うと抱っこしやすくなるでしょう。

それぞれのうさぎに合った抱っこをする

次のページ:うさぎが抱っこで寝る方法とは?

初回公開日:2018年02月15日

記載されている内容は2018年02月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related