Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月08日

モルモットにトイレを覚えさせるしつけ方法とは?飼い方のコツ

モルモットを飼うにあたって一番気になるのは、なんといってもトイレの問題だと思います。ケージでそこら中におしっこをされてしまうと掃除をするこちらとしては溜まったものではありませんよね。この記事ではモルモットにトイレを覚えさせるしつけの方法についてまとめました。

モルモットにトイレを覚えさせるしつけ方法とは?飼い方のコツ

モルモットはトイレを覚えないのか?

モルモットにトイレを覚えさせるしつけ方法とは?飼い方のコツ
ペットとして飼いやすいと言われているモルモットですが、これからモルモットを飼おうと考えている方が一番気になるのは「トイレ」をしっかり覚えられるのかという事でしょう。

トイレがしっかり覚えられないとケージから出した時に部屋の中でおしっこをしてしまいにおいが気になることもあります。

以下では、モルモットのしつけの方法や手順について詳しくまとめました。

モルモットにトイレを覚えさせるためにはしつけが必要

全てのペットに共通することですが、トイレの場所を覚えさせるためには適切なしつけが必要になります。

とはいえ、モルモットを初めて飼うという人にはトイレだけに限らずどのようにしつければよいのかよく分からないでしょう。

そんな方々のために、モルモットを飼うにあたって必要なしつけを難易度別に表にまとめましたので、そちらを参照してください。
しつけの種類必要度難易度汎用性
トイレを覚えさせる必要性【中】難しい低い
噛まないようにする必要性【大】難しい高い
なつかせる必要性【大】簡単高い

モルモットにおすすめのトイレのしつけ方

モルモットはしつけが難しく、基本的にはトイレを覚えることのできない動物だと言われています。

トイレを覚えられないと糞尿の始末も面倒ですが、上手にしつけをすることによって中にはトイレの場所を覚えられる個体も少数ですが存在します。

ここからは、モルモットのトイレのしつけ方と、しつけに必要なものを合わせて解説していきます。

モルモットがトイレを覚えやすいしつけの教え方

モルモットにトイレを覚えさせるには、非常に細かい部分に気を配り根気よくしつけをしなければならないため、実際にモルモットを飼っている方の中にはすでに諦めてしまっている人もいます。

しかし、下記のリストに記載した手順を踏めば、高い確率でモルモットにトイレを覚えさせることができますので参考にして見て下さい。

モルモットにトイレを覚えさせるしつけの手順

  • 1:ケージの中にトイレを置く
  • 2:別の場所でトイレをしてしまった場合にはトイレの場所に排泄物のにおいをつける
  • 3:モルモットが糞尿をよくする場所にトイレを移動させる

臆病な動物なのでトイレを覚えなくても怒ってはいけない

モルモットは非常に憶病な動物のため、トイレを覚えられず別の場所におしっこをしてしまっても怒ってはいけません。

大きな声で怒鳴ったり、手を出してしまうとストレスがかかってしまう可能性もありますし、怒鳴ったからといってそれでトイレの場所を覚えられるわけでもありませんので、諦めず根気よく教えこむようにしましょう。

ゲージの隅っこや角にトイレをしがち

モルモットは特にゲージの隅や角を好んでトイレをすることが多いです。

そのため、トイレを設置する場所もモルモットの様子をよく見て、ゲージの隅っこや角のほうに置くようにすると覚えやすくて良いでしょう。

また、もちろん別の場所でトイレをしてしまったからといって、過度に怒鳴ったり、お仕置きしたりするのは厳禁です。

モルモットのトイレのしつけに必要なものとは

モルモットにトイレを覚えさせるためには、もちろんトイレを用意することは前提条件ですが、多くのペットショップには「モルモット専用のトイレ」というものは売られていません(ちなみにケージも別のものを利用することになります)。

下のリストでは、モルモットのトイレのしつけに必要なものを紹介していますので参考にして下さい。

モルモットにトイレを覚えさせるために必要なもの

  • ケージ(ウサギ用のものが代用できます)
  • トイレ用の砂(これもウサギ用のものを使うと良いでしょう)
  • 小屋(モルモットはストレスを感じやすいため、隠れられる小屋を用意しましょう)
  • ケージに敷く用の床材(広葉樹の木くずなど※新聞紙は食べてしまうので厳禁)

モルモットのトイレに必要な臭い対策

ご飯をよく食べるモルモットは糞尿の量も多く、においもきつくなってしまいます。

特に、オスの個体は発情期にはお尻の部分から特有のにおいのする分泌物を発しますので、ケージ内を清潔にしていても匂いが残ることもあります。

基本的な対応策としては、こまめに糞尿を掃除することですがどうしても気になってしまう場合はペットショップで売っている消臭シートを床に敷くというのも有効的でしょう。

モルモットがトイレを失敗した場合の対処法3つ

モルモットをしつけていて、トイレに失敗してしまったときに怒鳴ったりお仕置きをしたりするのは厳禁であると先ほども書きましたが、では、この場合にはどのように対応するのが一番正しい対処なのでしょうか。

ここからは、おうちで飼っているモルモットが、トイレに失敗してしまった時の対処法について詳しく書いていきます。

モルモットがトイレを失敗した場合の対処法1:こまめに掃除をする

モルモットが用意した場所以外のケージ内でトイレをしてしまった場合、こまめに掃除をしないと単純に「におい」も気になりますし、ケージ内が不潔になってしまうとモルモットが病気にかかってしまう可能性も高いです。

そのため、トイレ以外の場所で糞尿をしてしまった場合にはこまめに掃除をするようにし、常にケージ内を清潔に保ちましょう。

モルモットがトイレを失敗した場合の対処法2:牧草をたくさん敷く

トイレに失敗してしまった場合、ケージ内の床を汚すことになります。その床に敷くために使う床材にも向き不向きがあります。

小学校でウサギなどを飼った経験のある方はケージ内の床として新聞紙を敷いてしまいがちですが、モルモットは新聞紙を食べてしまう可能性があるほか、針葉樹の床材だと病気になってしまう可能性もあります。

そのため、床材には広葉樹の木くずを固めたものを使用するようにしましょう。

モルモットがトイレを失敗した場合の対処法3:エサの近くにペットシーツを敷く

モルモットは特に部屋の隅や角を好んでトイレをしますが、これは必ずしもそうとは言えません。

トイレをした拍子に餌を汚してしまい、それをそのまま食べたモルモットが病気になってしまう可能性もあるため、餌に糞尿がかからないようペットシーツを周りに敷いておきましょう。

また、毎回決まった場所でトイレをする個体の場合は、トイレの場所を覚えられる可能性が高いです。

モルモットのトイレのしつけを成功させるコツ

モルモットにトイレを覚えさせる「コツ」ですが、これはここまで書いたことが活きてきます。

まずは、モルモットがケージ内のどこでトイレをするかをよく観察してそれが隅や角などの決まった場所であればそこに設置すること。

そして、それでもトイレを覚えられない場合は床材をトイレの場所に置き、においをつけておくという事です。

モルモットに正しいしつけをしてトイレを覚えてもらおう

さて、この記事ではモルモットのしつけの方法やトイレの覚えさせ方について書いてきましたが、もともとモルモットはあまり頭が良い動物ではありませんので、どうしてもトイレが覚えられないこともあります。

しかし、そのような場合にも叱ったりせずケージ内を常に清潔にしておき、根気よくしつけを続けることでそのうちに急に覚えられるという可能性もありますので諦めずに、継続して行うようにしましょう。
.
.

Related