Search

検索したいワードを入力してください

キンクマハムスターの寿命は?長生きさせる方法も紹介

更新日:2020年09月28日

ペットしての高いハムスターの中でも可愛いい姿で話題を集めているのが「キンクマハムスター」です。キンクマハムスターは通常のハムスターと寿命は異なるのでしょうか。今回はキンクマハムスターの寿命と長生きさせる方法についてご紹介します。

キンクマハムスターの寿命は?長生きさせる方法も紹介

キンクマハムスターとは

ハムスターの中でも、アプリコット色の毛並みでかわいい顔のハムスターといえば「キンクマハムスター」です。

キンクマハムスターは、ハムスターの改良種で野生には存在しない品種のハムスターです。

かつては、毛並みがもう少しブラウンがかったキンクマハムスターが多い傾向にありましたが、現在は明るいアプリコットのような毛並みのハムスターが一般的です。

キンクマハムスターは、体のサイズも小さいため、ゲージ内で飼育できるのもを集めている要因の1つです。

キンクマハムスターの特徴

キンクマハムスターの最大の特徴は、アプリコット色の美しい毛並みです。

通常のハムスターはブラウンとホワイトが混ざったような毛並みですが、まるでリスのような美しい毛並みを持っているのが「キンクマハムスター」です。

またキンクマハムスターの身長は約20㎝ほどで、通常のハムスターよりもやや大きいのも特徴です。

キンクマハムスターは人になつきやすく、室内の温度設定などを必ず一定にしておけば比較的飼育しやすいです。

キンクマハムスターの飼い方

キンクマハムスターの飼い方は、通常のハムスターと同じくゲージで飼育するのが基本です。

キンクマハムスターは他の品種と合わせると喧嘩をする場合があるため、他の品種や動物などと組み合わせず、必ず単独で飼育するようにしましょう。

またキンクマハムスターに限らず、ハムスターは気温が10℃以下にならないよう常に温度管理をしておく必要があります。

通常ハムスターは10℃以下になると冬眠状態となり、サイズの小さなハムスターは死に至ることもあります。ゲージと合わせて専用のヒーターなども購入しておくといいでしょう。

キンクマハムスターの平均寿命は?

せっかくペットを飼うのであれば、できる限り長生きして欲しいと願う人も多い傾向にあります。ハムスターの平均寿命は2年~3年と言われており、これまでの最長寿命は4年です。

キンクマハムスターは通常のハムスターを品種改良した動物ですが、平均寿命はどの程度あるのでしょうか。次はキンクマハムスターの平均寿命についてくわしくご紹介いたしましょう。

平均寿命は2〜3年

ハムスターの寿命は平均2~3年と言われています。ハムスターの改良種となる「キンクマハムスター」も、通常のハムスターと同じく2~3年の寿命と言われています。

しかし、通常のハムスターよりもキンクマハムスターは体が大きいため、3年以上生きるキンクマハムスターも多い傾向にあります。ハムスターの最長寿命は4年となるため、長くても4年までということを理解しておきましょう。

ハムスターの年齢を人間に換算すると?

犬や猫などの動物の年齢は人間と異なるように、ハムスターの年齢も人間の年齢に換算することができます。

ハムスターの寿命はとても短いことから、生後半年で人間の年齢でいう「25歳」に達します。

その後は、生後1歳で「30歳」、2歳で「60歳」と換算されるのが一般的です。

ハムスターは人間と比較すると心拍数が高いことから、人間の寿命の30倍の早さで年齢を重ねると言われています。

他の種類のハムスターとの比較

通常のハムスターの寿命も2年~3年ですが、体の大きさによっても寿命が異なります。ハムスターの中でも体の大きなサイズのハムスターと言われているのが「クロハラハムスター」です。

「クロハラハムスター」の全長は20㎝~30㎝程度で、寿命は8年前後と言われています。また体の小さいハムスターの品種は2年ほどで寿命を迎える場合も多い傾向にあります。

ハムスターの老化現象

次のページ:キンクマハムスターを長生きさせる方法

初回公開日:2019年07月30日

記載されている内容は2019年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related